坂田隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

坂田 隆(さかた たかし、1951年 - )は、日本生理学者農学博士東北大学)。前石巻専修大学学長愛知県名古屋市出身。

来歴[編集]

1951年愛知県名古屋市生まれ。父は写真家の坂田稔、母は長唄囃子演奏家の坂田喜代こと四世二代目伊和家小米(いわや こよね)。1973年東北大学農学部卒業。1978年東北大学大学院農学研究科畜産学専攻博士課程修了。農学博士 博士論文の題は 「成めん羊の第一胃粘膜におよぼす揮発性脂肪酸の影響」[1]。その後、ドイツホーエンハイム大学研究員やドイツ・ハノーファー獣医科大学研究員、ヤクルト本社中央研究所研究員を経て、1989年石巻専修大学理工学部基礎理学科助教授に就任。1997年同工学部基礎理学科教授。2005年同理工学部長。2007年石巻専修大学学長に就任。2016年任期満了に伴い退任することになった。[2]

研究領域[編集]

専門は、比較栄養生理学、食生活学、食品科学、消化器内科学。特に反芻、消化管内細菌短鎖脂肪酸消化管内容物の物性を研究。大腸生理学研究の第一人者。

受賞歴[編集]

  • 日本畜産学会佐々木賞(1980年)
  • Vahouny Medal(2004年)

主著[編集]

  • 『科学の事典 第3版』(共著、岩波書店、1985年)
  • 『はじめてナットク!大腸・内幕物語-知られざる臓器をさぐる』(講談社、1989年)
  • 『砂漠のラクダはなぜ太陽に向くか?-身近な比較動物生理学』(講談社、1991年)
  • 『ショ糖の吸収を遅くするための技術』(共著、建帛社、2003年)

参考文献[編集]

  • 『新訂 現代日本人名録2002』(日外アソシエーツ編集・発行、2001年)
先代:
小林陵二
石巻専修大学学長
第4代: 2007年 ‐
次代:
-

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース
  2. ^ “<石巻専修大>新学長に尾池氏”. 河北新報オンラインニュース (株式会社河北新報社). (2016年2月26日). http://sp.kahoku.co.jp/tohokunews/201602/20160226_13037.html 2016年2月26日閲覧。