相羽欣厚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
相羽 欣厚
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県大府市
生年月日 1943年12月8日
没年月日 (1988-01-29) 1988年1月29日(44歳没)
身長
体重
173 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1962年
初出場 1962年
最終出場 1975年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

相羽 欣厚(あいば よしひろ、1943年12月8日 - 1988年1月29日[1])は愛知県大府市出身のプロ野球選手外野手)。

経歴[編集]

中京商業では1961年、3年生の時に春夏連続で甲子園に出場。春の選抜遊撃手として出場、1回戦で小倉工に惜敗[2]夏の選手権中堅手に回る。準々決勝に進むが、この大会に優勝した浪商のエース尾崎行雄らに抑えられ、完封負けを喫する[3]。秋の秋田国体では決勝で報徳学園を下し、優勝を飾った。高校同期に山中巽江藤省三、大森秀男(巨人)、1年下に林俊彦木俣達彦がいた。

1962年読売ジャイアンツへ入団。1年目から一軍に上がるが、レギュラーには届かなかった。外野の控えや代打を中心に起用されたが、1965年には31試合、1967年には30試合に先発出場している。1965年の日本シリーズでは第1戦、第2戦に左翼手、二番打者で先発するが1安打と結果を残せなかった、

1964年6月17日中日ドラゴンズ戦に左翼手として出場していた際、ジム・マーシャルの大飛球をジャンプして取ろうとした直前レフトスタンドのファンが身を乗り出してこのボールを取ってしまった際に左翼外審は「ファンがボールを取らなければ捕球できた」と判断しアウトを宣告したという「幻のホームラン事件」に関わっている[1]。また1965年に4試合四番打者をつとめたことがあり、読売ジャイアンツの第31代四番として記録に残っている[1]

1973年には南海ホークスに移籍。主に左翼手として片平晋作ウィリー・スミスとの併用ながら54試合に先発出場。規定打席には足りなかったが打率.287と自己最高の成績をあげた。1974年オフに村上雅則と共に、和田徹野上俊夫との交換トレードで、阪神タイガースへ移籍。左投手に滅法強かった事から、安田猛松本幸行対策として採用された。1975年限りで引退。

引退後は、阪神に残り1976年から1981年まで二軍打撃コーチ、1982年は二軍チーフコーチ、1983年は一軍外野守備コーチ、1984年は一軍内野守備コーチとして9年、1985年から1986年までは日本ハムファイターズで一軍打撃コーチを2年務めた。

1988年1月29日膵臓癌で他界した。享年44[1]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1962 巨人 16 25 24 1 4 0 1 0 6 0 0 0 0 0 1 0 0 9 0 .167 .200 .250 .450
1963 8 6 5 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 0 3 0 .200 .333 .200 .533
1964 34 72 70 6 15 1 2 0 20 8 2 3 0 0 2 0 0 13 1 .214 .236 .286 .522
1965 73 142 129 13 35 6 1 4 55 17 6 4 3 0 10 0 0 14 4 .271 .324 .426 .750
1966 46 88 84 5 14 5 0 0 19 4 1 2 1 0 3 0 0 16 1 .167 .195 .226 .421
1967 80 138 126 16 31 6 0 2 43 8 3 2 1 0 11 0 0 20 3 .246 .307 .341 .648
1968 10 9 9 1 2 0 0 1 5 2 0 1 0 0 0 0 0 3 0 .222 .222 .556 .778
1969 53 70 62 7 12 1 0 1 16 3 0 0 1 0 7 0 0 12 4 .194 .275 .258 .533
1970 50 70 64 4 14 2 0 2 22 7 1 1 1 0 5 0 0 7 1 .219 .275 .344 .619
1971 49 49 44 4 9 1 0 1 13 8 1 0 0 0 5 0 0 11 2 .205 .286 .295 .581
1972 19 11 11 3 1 1 0 0 2 1 1 0 0 0 0 0 0 3 0 .091 .091 .182 .273
1973 南海 87 248 223 20 64 6 0 4 82 18 0 2 4 3 18 0 0 11 13 .287 .336 .368 .704
1974 48 94 81 5 20 6 1 3 37 9 0 0 0 1 12 0 0 9 5 .247 .340 .457 .797
1975 阪神 27 36 32 0 5 1 0 0 6 2 0 1 0 0 3 0 1 6 1 .156 .250 .188 .438
通算:14年 600 1058 964 85 227 36 5 18 327 87 15 16 11 4 78 0 1 137 35 .235 .292 .339 .751

背番号[編集]

  • 34 (1962年 - 1964年)
  • 25 (1965年 - 1972年)
  • 9 (1973年 - 1974年)
  • 26 (1975年)
  • 73 (1976年 - 1982年)
  • 85 (1983年 - 1984年)
  • 77 (1985年 - 1986年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、3ページ
  2. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  3. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]