森口益光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
森口 益光
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府
生年月日 (1953-07-20) 1953年7月20日(64歳)
身長
体重
180 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1975年 ドラフト1位
初出場 1977年4月17日
最終出場 1987年9月26日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

森口 益光(もりぐち ますみつ、1953年7月20日 - )は大阪府出身のプロ野球投手。右投右打。

来歴・人物[編集]

大商大付高時代から速球投手として大阪府では有名な存在だった。1971年夏の甲子園府予選では準々決勝で田尾安志を擁する泉尾高に9回逆転負け、甲子園には届かなかった。卒業後は近畿大学へ進学。関西六大学リーグではエースとして2度の優勝に貢献する。1974年全日本大学野球選手権大会では、準決勝で中畑清らのいた駒大に延長13回0-1で敗退した。同年の第3回日米大学野球選手権大会日本代表に、チームメートの神垣雅行とともに選出される。リーグ通算72試合登板、39勝17敗、防御率1.92、406奪三振。記者クラブ賞1回、ベストナイン2回受賞。大学同期に中司得三がいる。

1975年のドラフトで南海ホークスから1位指名を受けて入団。1977年には一軍に定着、1978年には藤田学に次ぐ26試合に先発、9勝をあげる。特に日本ハムに強く「ハムキラー」といわれた。その後も先発として起用されるが、1982年以降は低迷、登板機会も減少する。1984年は抑えに転向、金城基泰と共にダブルストッパーに任じられたが振るわなかった。1986年10月自由契約となり中日ドラゴンズに移籍。ここでも先発要員として起用されたが、往時の力は無く、1988年限りで現役引退。

引退後は大阪市内にあるホテルマン勤務の傍ら東大阪市にある元プロ野球選手による少年野球塾『野球塾チェイスアワードリーム』にコーチとして所属。勤務するホテルは福岡ソフトバンクホークスの選手が近畿遠征する際に宿泊に使用されている。

球種はストレート、カーブ、シュート。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1977 南海 17 7 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 207 47.1 49 4 24 0 0 30 1 0 26 23 4.40 1.54
1978 31 26 12 4 0 9 10 0 -- .474 773 185.2 157 20 73 2 7 103 3 0 75 68 3.29 1.24
1979 32 26 11 3 0 9 14 0 -- .391 790 179.0 188 20 77 0 4 102 1 0 102 83 4.17 1.48
1980 20 19 8 0 1 3 14 0 -- .176 581 130.1 155 19 49 2 3 51 1 0 89 79 5.47 1.57
1981 24 11 2 0 0 1 8 0 -- .111 451 101.2 119 9 37 4 2 42 2 0 57 53 4.68 1.53
1982 21 1 0 0 0 0 2 1 -- .000 239 58.1 51 6 18 2 1 35 1 0 31 27 4.19 1.18
1983 16 3 1 0 0 1 2 0 -- .333 180 41.1 43 6 18 0 3 21 2 0 27 26 5.66 1.48
1984 36 1 0 0 0 3 5 0 -- .375 261 60.0 63 11 25 1 2 33 3 1 47 44 6.60 1.47
1985 3 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 27 5.1 9 1 2 0 1 3 0 0 7 7 11.81 2.06
1986 2 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 17 3.0 7 1 0 0 0 3 0 0 6 2 6.00 2.33
1987 中日 20 6 0 0 0 0 3 0 -- .000 206 49.0 56 10 12 0 2 22 2 0 29 29 5.33 1.39
通算:11年 222 100 34 7 1 27 58 1 -- .318 3732 861.0 897 107 335 11 25 445 16 1 496 441 4.61 1.43
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

背番号[編集]

  • 22 (1976年 - 1986年)
  • 32 (1987年 - 1988年)

関連項目[編集]