1979年のヤクルトスワローズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1979年のヤクルトスワローズ
成績
セントラル・リーグ6位
48勝69敗13分 勝率.410[1]
本拠地
都市 東京都新宿区
球場
明治神宮野球場
Tokyo - Baseball (3410369438).jpg
球団組織
オーナー 松園尚巳
経営母体 ヤクルト本社
監督 広岡達朗(8月16日まで)
佐藤孝夫(8月17日から代行)
« 1978
1980 »

1979年のヤクルトスワローズ(1979ねんのヤクルトスワローズ)では、1979年シーズンのヤクルトスワローズの動向をまとめる。

この年のヤクルトスワローズは、広岡達朗監督の4年目(途中就任の1976年を含む)のシーズンである。

概要[編集]

前年に初のリーグ優勝と日本一を果たしたヤクルトだったが、オフに中心打者のチャーリー・マニエルを守備走塁に難ありとの理由で放出。そして迎えた79年シーズンは、開幕戦で大洋田代富雄に3打席連続本塁打を浴び大敗すると、そこからズルズルと8連敗を喫し大きく出遅れる。5月に巻き返し、5月26日にはマニエルに代わる新外国人ジョン・スコット阪神とのダブルヘッダーで第1試合に2ラン・満塁、第2試合のソロ・3ランの「サイクル本塁打」の活躍でチームは5割に復帰する。しかしそこから貯金を作れず、6月に再び最下位に転落すると、さらに下旬には再び8連敗を喫し、5位の座が大きく遠のいていった。打撃陣ではマニエルの移籍でマークが厳しくなった大杉勝男と切り込み隊長のデーブ・ヒルトンが大きく成績を落とすなどチーム打率は最下位。一方の投手陣も前年15勝の安田猛が右膝の故障でわずか1勝、マニエルとの交換で近鉄から移籍した神部年男も6勝止まりと振るわず、チーム防御率は4点台後半と、こちらも最下位に低迷した。8月中旬にはセ・リーグの借金を独占するなど低迷から抜け出せないチームは8月14日に森昌彦植村義信両コーチの休養を発表すると、3日後には広岡が辞任を発表。こうしてヤクルトは前年の日本一からわずか1年で8年ぶりの最下位に転落。2年連続で巨人に勝ち越したのが唯一の救いであった。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 スコット
2 角富士夫
3 若松勉
4 大杉勝男
5 ヒルトン
6 杉浦亨
7 大矢明彦
8 水谷新太郎
9 松岡弘
1979年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 中日 -- 広島 -- 広島 -- 広島 --
2位 大洋 0.5 中日 3.0 中日 0.5 広島 2.5 阪神 4.5 阪神 10.0 大洋 6.0
3位 阪神 1.0 大洋 大洋 1.0 大洋 3.5 中日 4.5 大洋 10.5 中日 7.5
4位 中日 1.5 広島 4.5 広島 2.0 阪神 3.5 巨人 5.0 巨人 12.0 阪神 8.0
5位 広島 3.5 ヤクルト 4.5 阪神 4.0 巨人 3.5 大洋 5.5 中日 12.5 巨人 10.5
6位 ヤクルト 5.5 阪神 6.0 ヤクルト 7.5 ヤクルト 11.0 ヤクルト 13.5 ヤクルト 18.0 ヤクルト 19.0
1979年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 広島東洋カープ 67 50 13 .573 -
2位 横浜大洋ホエールズ 59 54 17 .522 6.0
3位 中日ドラゴンズ 59 57 14 .509 7.5
4位 阪神タイガース 61 60 9 .504 8.0
5位 読売ジャイアンツ 58 62 10 .483 10.5
6位 ヤクルトスワローズ 48 69 13 .410 19.0

オールスターゲーム1979[編集]

監督 広岡達朗
ファン投票 若松勉
監督推薦 梶間健一 大矢明彦 杉浦亨

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[2]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
受賞者なし
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
若松勉 外野手 4年連続7度目
ダイヤモンドグラブ賞
選手名 ポジション 回数
スコット 外野手 初受賞

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 片岡大蔵 投手 国士舘大学 入団
2位 大川章 投手 大阪商業大学 入団
3位 熊野輝光 外野手 中央大学 拒否・日本楽器入社
4位 岩下正明 外野手 三菱重工横浜 入団

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 年度別成績 1979年 セントラル・リーグ”. 日本野球機構. 2017年7月11日閲覧。
  2. ^ ベースボールマガジン2002夏季号, ベースボールマガジン社, (2002), p. 147