北川裕司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
北川 裕司
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 徳島県海部郡海南町
生年月日 (1953-06-14) 1953年6月14日(68歳)
身長
体重
182 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1975年 ドラフト5位
初出場 1976年6月10日
最終出場 1978年5月23日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

北川 裕司(きたがわ ゆうじ、1953年昭和28年〉6月14日 - )は、徳島県出身の元プロ野球選手。ポジションは内野手

来歴・人物[編集]

海南高校では尾崎健夫大石友好のバッテリーを擁し、甲子園には出場できなかったが強豪校として知られた。1971年(昭和46年)春季徳島大会で優勝するが、代表決定戦で徳島商(選抜代表校)に敗れ、四国大会には進めなかった。他の高校同期にセントラル・リーグ審判の谷博がいた。卒業後は大石とともに神奈川大学へ進学。神奈川五大学野球リーグでは在学中5度優勝。

1975年プロ野球ドラフト会議ロッテオリオンズから5位指名され入団。1年目の1976年から一軍に上がり、6月には遊撃手として2試合に先発出場を果たす。2年目の1977年は22試合に出場、6月には二塁手として3試合に先発。しかし1979年からは出場機会がなく、1980年限りで引退した。

引退後は、打撃投手、球団マネージャー等を経て[1]ロッテ皆吉台カントリー倶楽部支配人を務めている。[2]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1976 ロッテ 7 8 7 1 1 0 0 0 1 2 0 0 0 0 1 0 0 1 1 .143 .250 .143 .393
1977 22 15 13 2 3 1 0 0 4 0 0 0 2 0 0 0 0 2 0 .231 .231 .308 .539
1978 6 6 6 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
通算:3年 35 29 26 4 4 1 0 0 5 2 0 0 2 0 1 0 0 4 1 .154 .185 .192 .377

記録[編集]

背番号[編集]

  • 30 (1976年 - 1980年)
  • 69 (1981年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]