田中由郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
田中 由郎
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 鳥取県八頭郡若桜町
生年月日 (1955-09-03) 1955年9月3日(62歳)
身長
体重
183 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1975年 ドラフト1位
初出場 1976年4月10日
最終出場 1981年8月8日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

田中 由郎(たなか よしお、1955年(昭和30年)9月3日 - )は、鳥取県八頭郡若桜町出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

八頭高校では1973年(昭和48年)、夏の甲子園鳥取県予選準々決勝に進出するが、鳥取工に敗退。卒業後は三菱重工三原に入社、1974年(昭和49年)の都市対抗で準々決勝に進出している。

1975年(昭和50年)、ドラフト1位でロッテオリオンズに入団。オリオンズは、元々別の選手を1位指名する予定だったが、最終スカウト会議においてスカウト部長だった濃人渉が田中の1位指名を主張し、田中の1位指名が決まった[1]。田中の1位指名を主導した濃人はこの時、田中が活躍しなかった場合は「腹を切る(辞職する)」と述べるほどの執念を見せたと伝わる[1]

この様に期待されたものの、オープン戦で打ち込まれ[1]、二軍落ちを経験。結局、1976年(昭和51年)は僅か9試合の登板で未勝利に終わった。この成績を受けて、田中の指名を主導した濃人は自身の発言の通り、スカウト部長の職を辞し、オリオンズを退団している[1]。2年目の1977年(昭和52年)は27試合に登板し2勝を挙げた。ドラフト1位指名の選手であったが、1977年シーズン終了後に奥江英幸渡辺秀武両投手との交換トレードで、わずか2年で横浜大洋ホエールズへ移籍。

移籍1年目となった1978年(昭和53年)は13試合の登板に終わったが、移籍2年目の1979年(昭和54年)には、自身初の規定投球回に達し、自己最多のシーズン5勝を記録した。ちなみに、同年にリーグ最多与四球を記録している。翌1980年(昭和55年)は前年よりも成績を落としたものの、前年と同じく5勝を挙げている。1981年(昭和56年)は13試合の登板に終わり、1982年(昭和57年)は公式戦で投げる機会が無かった、この年オフに解雇され、現役を引退した。

プレースタイル・人物[編集]

アンダースローの速球派で、ストレートは打者の手もとでホップすると形容された[1]。変化球はカーブシュート、決め球はシンカーであった。

その一方でスタミナに課題があり、疲労によって上体だけで投げ込むようになり、球速が急激に落ちるという欠点を抱えていた[1]。また、1979年には投球回数141.1回ながら80四球を記録しリーグ最多与四球となるなど、制球にも課題を抱えていた。

また、選手としての素質は高く評価されており、現役を引退する前年に発行された『昭和56年度版プロ野球大百科(勁文社刊)』には、「スカウトはどんな人でも、田中の素質にはほれぼれしてしまいます」という記述があった。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1976 ロッテ 9 3 1 0 0 0 2 1 -- .000 126 29.1 28 4 13 0 2 16 1 0 20 18 5.59 1.40
1977 27 7 0 0 0 2 6 3 -- .250 236 53.2 45 8 26 2 5 45 1 0 29 24 4.00 1.32
1978 大洋 13 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 83 16.2 19 6 13 2 2 12 1 0 16 8 4.24 1.92
1979 45 13 0 0 0 5 6 1 -- .455 621 141.1 125 18 80 5 1 95 1 0 73 66 4.21 1.45
1980 33 16 2 0 0 5 10 0 -- .333 432 96.0 100 12 47 2 5 61 0 0 59 51 4.78 1.53
1981 12 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 84 18.1 23 3 9 2 0 7 0 0 12 12 6.00 1.75
通算:6年 139 39 3 0 0 12 24 5 -- .333 1582 355.1 340 51 188 13 15 236 4 0 209 179 4.54 1.49
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

  • 初登板:1976年4月10日、対阪急ブレーブス前期1回戦(宮城球場)、7回表2死に3番手で救援登板、2/3回1失点
  • 初奪三振:1976年6月20日、対近鉄バファローズ前期9回戦(明治神宮野球場)、7回表に栗橋茂から
  • 初先発:1976年6月27日、対近鉄バファローズ前期11回戦(日生球場)、2回1/3を1失点
  • 初完投:1976年6月28日、対阪急ブレーブス前期13回戦(阪急西宮球場)、8回7失点(自責点6)で敗戦投手
  • 初セーブ:1976年9月30日、対日本ハムファイターズ後期12回戦(宮城球場)、6回表に2番手で救援登板・完了、4回無失点
  • 初勝利:1977年5月18日、対阪急ブレーブス前期8回戦(後楽園球場)、4回表1死に2番手で救援登板、3回無失点
  • 初先発勝利:1979年8月30日、対ヤクルトスワローズ18回戦(明治神宮野球場)、7回0/3を1失点
  • 初完投勝利:1980年6月11日、対ヤクルトスワローズ7回戦(明治神宮野球場)、9回3失点

背番号[編集]

  • 14 (1976年 - 1977年)
  • 35 (1978年 - 1979年)
  • 12 (1980年 - 1982年)

脚注[編集]

関連項目[編集]