大町定夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大町 定夫
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 山口県光市
生年月日 (1953-04-21) 1953年4月21日(65歳)
身長
体重
183 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1979年 ドラフト外
初出場 1980年5月27日
最終出場 1983年8月17日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

大町 定夫(おおまち さだお、1953年4月21日 - )は、山口県光市出身の元プロ野球選手投手)。1983年登録名大町 定生(読みは同じ)。

現在は、阪神タイガースの球団職員。

来歴・人物[編集]

柳井商業高では1年生の時、1969年秋季中国大会準々決勝に進むが米子東高に敗退。その後は県予選で敗れ甲子園には出場できなかった。

卒業後は、社会人野球新日本製鐵光に進む。1973年プロ野球ドラフト会議太平洋クラブライオンズに6位指名されるが拒否[1]1975年ドラフト会議でもロッテオリオンズに2位指名されたが、これも拒否し社会人野球でプレーを続けた[1]

1978年には、チーム創部17年目で都市対抗野球初出場を果たし、1回戦で先発するが日本通運に惜敗[2]。この時のチームメートに大町をリリーフした山本和男がいる。1979年都市対抗野球では、これも初出場の三菱重工広島の補強選手として出場。1回戦から5連投で3勝を記録、決勝でも先発し熊谷組に9回逆転勝ち、初優勝の原動力となった[2]。最高殊勲選手に与えられる橋戸賞を受賞。同年オフにドラフト外阪神タイガースに入団[1]。社会人2年目から、かけだしたサングラス「偏光グラス」がトレードマークだった。

1年目の1980年から主に中継ぎとして37試合に登板。翌1981年には抑えとして7勝8セーブ、50試合に登板し80イニングで防御率1.91の成績を収めた。1982年には4月末から先発陣の一角として起用されるが結果を残せず、翌1983年には登板機会が減り、同年限りで現役を引退[1]。実働わずか4シーズンであった。

引退後は、スコアラーやマネージャーを歴任し、2000年には営業部の課長に昇進した。

選手としての特徴[編集]

アンダースロー山田久志と同じようなタイプ。抱きかかえるようなフォームまではそっくりとはいかないが、下手からゆったりとしたモーション、タイミングで勝負するところはよく似ている。直球の伸びはそれほどではないがシュートの切れは鋭くコントロールは抜群。他にもスライダー、カーブチェンジアップシンカーも投げた。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1980 阪神 37 2 0 0 0 2 2 4 -- .500 284 71.2 61 10 14 4 3 45 0 0 25 22 2.75 1.05
1981 50 0 0 0 0 7 1 8 -- .875 338 79.2 71 4 28 8 6 41 0 0 20 17 1.91 1.24
1982 35 9 0 0 0 2 3 0 -- .400 311 71.2 76 18 17 2 5 42 0 0 48 41 5.13 1.30
1983 21 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 123 27.1 30 3 10 1 3 16 0 0 17 14 4.61 1.46
通算:4年 143 12 0 0 0 11 7 12 -- .611 1056 250.1 238 35 69 15 17 144 0 0 110 94 3.38 1.23

記録[編集]

  • 初登板:1980年5月27日、対中日ドラゴンズ6回戦(阪神甲子園球場)、7回表に2番手として救援登板、1/3回無失点
  • 初奪三振:1980年5月28日、対中日ドラゴンズ7回戦(阪神甲子園球場)、8回表に堂上照から
  • 初先発:1980年7月16日、対横浜大洋ホエールズ14回戦(横浜スタジアム)、4回2/3を2失点
  • 初勝利:1980年8月6日、対中日ドラゴンズ17回戦(ナゴヤ球場)、4回裏1死に2番手として救援登板、5回1失点
  • 初セーブ:1980年8月21日、対広島東洋カープ17回戦(広島市民球場)、8回裏に2番手として救援登板・完了、2回無失点
  • 初先発勝利:1980年10月15日、対中日ドラゴンズ26回戦(ナゴヤ球場)、7回3失点

背番号[編集]

  • 18 (1980年 - 1983年)

登録名[編集]

  • 大町 定夫 (おおまち さだお、1980年 - 1982年)
  • 大町 定生 (おおまち さだお、1983年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、112ページ
  2. ^ a b 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]