レオン・リー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
レオン・リー
Leon Lee
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州ベーカーズフィールド
生年月日 (1952-12-04) 1952年12月4日(65歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手三塁手
プロ入り 1971年
初出場 NPB / 1978年4月1日
最終出場 NPB / 1987年10月17日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

レオン・リーLeon Lee [ˈliːɔn liː], 1952年12月4日 - )は、アメリカ合衆国出身の元プロ野球選手内野手)・監督日本でもロッテオリオンズ横浜大洋ホエールズヤクルトスワローズに在籍(登録名レオン)。また、オリックス・ブルーウェーブの監督も務めた。

同時期に活躍したレロン・リーは実兄。息子はプロ野球選手のデレク・リー

来歴[編集]

現役時代[編集]

グラントユニオン高校を経て、1971年セントルイス・カージナルスと契約。メジャーに上がれず苦悩していたその折、ロッテオリオンズに入団し活躍していた兄のレロン・リーに誘われ、1978年からロッテでプレー。レロンと甲乙付け難い打棒を振るい、中軸を成した。

1982年オフ、斉藤巧との交換トレードで、横浜大洋ホエールズトレード移籍。舞台をセ・リーグへ移しても強打は相変わらずだったが、1985年オフに突如自由契約となる。「チャンスに弱い」という理由だったが、同年の成績は打率.303、本塁打31本、打点110を記録していた。結局、ヤクルトスワローズに移籍し、1987年限りで退団。

実働10年で帰国するまで、終始安定した成績を残した。打撃3部門のいずれかで好成績を残した年には他の選手が突出した成績を残すという不運もあり、タイトルには縁がなかった。通算打率.308は、首位打者を獲得していない選手の中では史上最高である。また、移籍を重ねたものの、その先々で活躍して期待に応えた稀有な選手でもある。1980年にロッテで41本塁打、1983年に大洋で31本塁打、1986年にヤクルトで34本塁打を記録した。日本のプロ野球史上で3球団で30本塁打以上を記録した数少ない選手の一人である。

1980年9月30日、川崎球場の対日本ハム戦で、空振りしたバットが観客席に飛び込み、小学生の口に当たって歯を折損させたことがある[1]

引退後[編集]

引退後はしばらく日米に広がる人脈を生かして野球コンサルタント、1998年にシカゴ・カブスの極東スカウトになる[2]2003年オリックス・ブルーウェーブの打撃コーチとして、16年ぶりに日本球界に復帰。同年4月に監督の石毛宏典が解任されると、後任の監督に就任。それにともなって、前監督の「守備力重視」から「打撃力重視」にチームスタイルを変更したため、チームの打撃陣は好調だった(チーム打率リーグ2位、本塁打同3位。ただし得点は同5位)。しかし、ディフェンス面をあまりに軽視しすぎた結果、守備陣は機能不全に(チーム失策数132)陥り、投手陣も次々とプロ野球ワースト新記録(チーム防御率5.95、年間最多被安打1534、最多失点927、最多自責点819など)を乱発するほどの投壊状態となった。結局、前身の阪急時代を含めて球団史上最低勝率を更新する(ちなみに前年・2002年の勝率.365が球団史上最低だった)最下位となり、同年限りで退団した。当時オリックスに在籍した山崎武司は「僕にとってオリックスでの一番の収穫は彼との出会いといっても過言ではない。そう思えるほどレオンは僕にとって重要な存在でした。日本でプレーしただけあって日本人の気持ちを理解してくれる。何とかこの人のために結果を残したい」、アメリカに帰国後もレオンは山崎を激励し、「野球を諦めかけていた自分がもう一度奮い立つことができた背景にはレオンの親心もあった」と山崎は著書に記している[3]

帰国後、ニューヨーク・メッツ傘下マイナーチームのブルックリンの監督に就任した。

現在は、日米スポーツ交流のコンサルティング会社を経営している実業家である。

人物[編集]

日本語を大変流暢に喋ることができる(兄のレロンは対照的に日本語を喋れなかった)。オリックス監督時代もインタビューは日本語で、チームの不甲斐無さに「情けないよ」を連呼していた。休日には庭園や寺院を散策するなど、日本文化にも理解を示そうとしたという。また自宅にチームメイトを招いて催しをするなど社交的で活発な性格でもあったため、所属先を問わず愛された。当時大流行していたスペースインベーダーを好み、1979年シーズン前にロッテファンの会社社長から「ホームラン20本以上打ったらインベーダーの機械を買ってやる」と約束され、その年35本塁打を記録すると実際に1台30万円以上のゲームの筐体を贈られた[4]

中日ドラゴンズを舞台に外国人選手を主人公として描かれた映画『ミスター・ベースボール』のアドバイザーを務めた。

ハイスクール卒業後の1971年、セントルイス・カージナルス傘下のルーキー級のチームで、のちにプロレスラーとして活躍することになるランディ・サベージ(本名:ランドール・ポッフォ)とチームメートだった。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1978 ロッテ 128 500 471 59 149 26 6 19 244 73 6 2 2 1 20 0 6 74 17 .316 .351 .518 .869
1979 128 530 484 77 147 21 1 35 275 93 4 1 0 3 39 5 4 66 21 .304 .358 .568 .927
1980 128 545 486 85 165 22 0 41 310 116 2 2 1 5 47 3 6 48 19 .340 .401 .638 1.039
1981 107 441 395 50 119 17 0 13 175 62 1 3 1 5 39 3 1 41 14 .301 .361 .443 .804
1982 128 524 481 50 136 22 0 22 224 78 0 3 0 4 37 2 2 65 20 .283 .334 .466 .800
1983 大洋 128 543 472 83 136 27 1 30 255 98 1 3 0 5 64 5 2 68 16 .288 .372 .540 .912
1984 130 550 480 66 154 25 1 21 244 84 6 2 0 5 65 8 0 60 23 .321 .398 .467 .866
1985 128 546 462 65 140 21 0 31 254 110 6 3 0 7 74 10 3 77 11 .303 .397 .550 .947
1986 ヤクルト 130 547 483 73 154 19 0 34 275 97 2 1 0 5 57 14 2 79 17 .319 .389 .569 .959
1987 120 492 453 60 136 14 1 22 218 73 0 0 0 2 37 4 0 60 19 .300 .352 .481 .833
通算:10年 1255 5218 4667 668 1436 214 10 268 2474 884 28 20 4 42 479 54 26 638 177 .308 .372 .530 .902
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別監督成績[編集]

年度 球団 順位 試合 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差 チーム
本塁打
チーム
打率
チーム
防御率
年齢
2003年 オリックス 6位 140 48 88 4 .353 33.5 174 .276 5.95 51歳
通算:1年 120 41 76 3 .350
  • 通算成績は監督就任前の20試合を含めない

表彰[編集]

記録[編集]

  • 1試合10打点(1985年8月10日)
  • 1000試合出場:1985年10月18日(260人目)

背番号[編集]

  • 7 (1978年 - 1982年)
  • 2 (1983年 - 1987年)
  • 77 (2003年)

関連情報[編集]

[編集]

  • 「ベースボール・ブギー」(兄のレロン・リーと共演、リー・ブラザース名義。作者はレオン自身)

作詞[編集]

  • 「MUSIC ON MY MIND」(TAO「FAR EAST」収録)

出典[編集]

  1. ^ 沢柳政義『野球場大事典』大空社、1990年、p.293。小学生のいた場所は報道カメラマン席の後方で、そこにはバックネットが張られていなかった。
  2. ^ プロ野球12球団「監督」ウラ事情、宝島社、2014年、P99
  3. ^ 山崎武司著、さらば、プロ野球 ~ジャイアンの27年、2014年、宝島社、P85-86
  4. ^ 【9月11日】1979年(昭54) レオン、兄と本塁打連発!好調の理由はインベーダー”. スポーツニッポン (2007年9月11日). 2012年9月3日閲覧。[リンク切れ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]