飯塚佳寛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
飯塚 佳寛
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 栃木県宇都宮市
生年月日 (1945-01-26) 1945年1月26日(74歳)
身長
体重
172 cm
68 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 内野手
プロ入り 1968年 ドラフト14位
初出場 1969年
最終出場 1980年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • ロッテオリオンズ (1981 - 1986)

飯塚 佳寛(いいづか よしひろ、1945年1月26日 - )は、栃木県宇都宮市[1]出身の元プロ野球選手内野手)。

来歴・人物[編集]

宇都宮学園高校(現:文星芸大附属高校)では1962年夏の甲子園栃木県予選準決勝に進出するが、同年に甲子園で春夏連覇することとなる作新学院に大敗。高校卒業後は、鷺宮製作所に進む。1968年都市対抗電電東京の補強選手として出場、2回戦で河合楽器に延長10回サヨナラ負けを喫するが、適時打を放つなど活躍した[2]。同年、ドラフト会議で東京オリオンズ(翌年より、ロッテオリオンズに改称)からの14位指名を受け、入団。

1年目から控え遊撃手として一軍で起用されるが、1971年平岡一郎と共に、池田重喜淵上澄雄との交換トレードで大洋ホエールズに移った。同年は米田慶三郎松岡功祐と遊撃手の定位置を争う。1972年にはイースタン・リーグで25盗塁を記録して盗塁王になる[1]ものの、一軍での出場機会には恵まれなかった。1972年シーズン終了後に広島東洋カープへ無償トレードで移籍したが、翌年のシーズン開幕直前に横山小次郎との交換トレードで、ロッテに復帰した[1]

当時のロッテは遊撃手が固定しておらず、千田啓介甲斐和雄らと併用される。しかしこの競争を勝ち抜き、翌1974年にはレギュラーに定着、ロッテのリーグ優勝に貢献した[1]。同年の中日ドラゴンズとの日本シリーズでも全6試合に出場、うち3試合には二番打者として起用されるが、10打数1安打と真価を発揮できなかった。1977年には規定打席未到達ながら340打数打率.306という成績も残している[1]1979年には水上善雄に遊撃手のポジションを譲り二塁手に回るが、1980年限りで現役引退。

その後は1981年から1986年までロッテのコーチ、1987年からロッテスカウトを勤める[1]1994年、地元の有望選手である日産自動車北川哲也投手の逆指名での獲得を目指し、ほぼ入団が決定していたが、彼は急遽ヤクルトスワローズを逆指名してしまう。そのことが当時GMを務めていた広岡達朗の逆鱗に触れ、まもなく解雇される。当時のマスコミには広岡流のチーム改革の例として取り上げられた。なお、広岡GM退任後に復帰、里崎智也成瀬善久内竜也らを発掘した。

2005年東北楽天ゴールデンイーグルスが発足すると同球団スカウトとして迎えられるが、2006年シーズン終了後に退団した。現在では、古巣・ロッテにおいて小学生向けの「バッティング塾」の講師を務めている。

エピソード[編集]

大洋時代の1971年6月24日巨人戦の6回表に代走で二塁ランナーに入り、次打者のセンター前ヒットで飯塚は三塁を回り本塁生還。しかしサード長嶋茂雄が「飯塚がサードベースを踏んでいない」とアピールし、これが認められて飯塚はアウトになった(なお翌日の一部新聞紙上では、この長嶋のアピールプレーを「さすが経験者」(長嶋茂雄#新人時代及び幻の本塁打一覧参照)と褒め称えていた。また、この飯塚の珍プレーの一部始終は現在でも日本テレビに記録映像として残っている)。

一方、ロッテ復帰後の1973年大阪スタヂアムにおける対南海戦では、飯塚の打球が南海のサード藤原満の目の前でイレギュラーバウンドし、球が左翼線を転々とする間に飯塚が俊足を飛ばして生還、ランニング本塁打となった。後日藤原が「飛距離は23m位やなかったかな…」と証言しており、非公認ながら飯塚は「日本プロ野球史上最短飛距離本塁打」を記録した打者とされている。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1969 ロッテ 60 97 86 18 23 2 0 0 25 4 12 2 4 0 7 0 0 12 1 .267 .323 .291 .613
1970 64 97 86 24 23 6 0 0 29 2 14 2 5 0 5 0 1 13 4 .267 .315 .337 .652
1971 大洋 83 139 125 6 25 3 0 0 28 6 4 9 6 0 7 1 1 14 0 .200 .248 .224 .472
1972 3 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 .000 .000 .000 .000
1973 ロッテ 101 182 156 23 36 3 2 3 52 12 14 11 8 1 14 1 3 19 1 .231 .305 .333 .638
1974 115 319 277 46 75 7 4 2 96 15 23 4 9 1 29 1 3 27 1 .271 .345 .347 .692
1975 110 295 268 39 68 7 5 0 85 17 26 2 11 1 14 0 1 27 1 .254 .292 .317 .609
1976 125 382 338 48 94 14 4 4 128 31 23 14 13 5 25 0 1 27 4 .278 .325 .379 .704
1977 123 390 340 59 104 14 3 0 124 22 29 10 10 1 37 0 2 33 2 .306 .376 .365 .741
1978 114 341 301 32 67 8 4 2 89 14 15 6 9 0 23 0 8 28 3 .223 .295 .296 .591
1979 104 289 258 38 60 7 0 1 70 12 10 10 7 1 20 1 3 14 1 .233 .294 .271 .566
1980 63 91 78 10 18 0 1 0 20 7 1 0 5 2 6 0 0 6 0 .231 .279 .256 .535
通算:12年 1065 2624 2315 343 593 71 23 12 746 142 171 70 87 12 187 4 23 221 19 .256 .317 .322 .639

記録[編集]

  • 1000試合出場:1979年10月12日(213人目)

背番号[編集]

  • 28 (1969年 - 1970年、1972年)
  • 4 (1971年)
  • 32 (1973年 - 同年途中)
  • 13 (1973年途中 - 1980年)
  • 80 (1981年 - 1986年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、30ページ
  2. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年

外部リンク[編集]