高畠導宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。2010年7月
高畠 導宏(高畠 康真)
px
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岡山県岡山市
生年月日 1944年1月18日
没年月日 (2004-07-01) 2004年7月1日(満60歳没)
身長
体重
172 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1967年 ドラフト5位
初出場 1968年4月6日
最終出場 1972年10月16日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

高畠 導宏(たかばたけ みちひろ、1944年1月18日 - 2004年7月1日)は、岡山県岡山市出身(倉敷市生まれ)の元プロ野球選手外野手)・コーチ

1977年以降、プロ野球での登録名は高畠 康真( - やすまさ)。

来歴・人物[編集]

現役時代[編集]

岡山南高校卒業後は丸善石油に入社するが、野球部が休部したため中央大学へ進学。東都大学リーグでは在学中に2度優勝を経験しており、同期に高橋善正日野茂がいる。リーグ通算73試合出場、219打数57安打、打率.260、2本塁打、21打点。1966年の第2次ドラフト会議読売ジャイアンツから5位指名を受けたが、これを拒否して日鉱日立へ入社。1967年都市対抗日立製作所の補強選手として出場し、準決勝で日本楽器と対戦して再試合の末に敗退するが、本塁打、適時二塁打を放つなど活躍。大会の優秀選手に選ばれると、同年のアジア選手権に中心打者として出場。日本の優勝に貢献したほか、年間打率.375をマークして社会人ベストナイン(外野手)にも選出された。同年に南海ホークスからドラフト5位指名を受け、プロ入りを果たす。鶴岡一人監督は「高畠君は左の強打者として期待した一方で、指導者としての能力も買っていた。彼が引退して早く指導者になったのは成功だったと思う」と後年語っている。南海ではノンプロ時代の実績から、左の強打者として野村克也らとのクリーンアップ形成や新人王をも期待されるが、春季キャンプでのスライディング練習の際に左肩を脱臼してしまい、以後のプロ生活に暗い影を落とすこととなる。1968年は開幕戦から六番・右翼手で先発出場を果たし、3打数1安打と上々のスタートを切ったが、キャンプでの怪我の影響で1年目は公式戦26試合出場、ヒット5本に止まった。飯田徳治監督が就任した1969年も打率1割台と低迷する。野村が選手兼任監督に就任すると、代打の切り札として起用されるようになる。2年連続で打率3割以上を記録したが、故障の悪化により1972年に引退。

引退後[編集]

引退後は南海・ダイエー(1973年二軍打撃コーチ, 1974年 - 1977年1991年 - 1994年一軍打撃コーチ)、ロッテ1978年 - 1979年二軍打撃コーチ, 1980年 - 1983年1986年1988年2002年一軍打撃コーチ, 1984年 - 1985年1987年一軍打撃兼外野守備コーチ, 1989年スカウト)、ヤクルト1990年一軍ヘッド兼打撃コーチ)、中日1995年二軍打撃コーチ, 1996年 - 1997年一軍打撃コーチ, 1998年調査役)、オリックス1999年二軍打撃コーチ, 2000年 - 2001年一軍打撃コーチ)でコーチ・フロントを歴任。南海コーチ時代は藤原満に対して、グリッブが太く1キロ以上の重量があるタイ・カッブ式バットを特注で制作し、バットを振るのではなく、ボールにバットをぶつけてゴロやライナーを出やすくし、アベレージヒッターに育て上げた。オールスターで野村が捕手に専念する年(かつ前年にチームがAクラスだった場合)は、野村に代わってパ・リーグのコーチを務めた。1977年、野村監督解任に伴い江夏豊柏原純一と共に球団に反旗を翻す。1978年からは選手専任となった野村と共にロッテへ移籍。野村はわずか1年でロッテを退団するが、高畠はその後も残った。在任中は落合博満に対して、落合の性格を踏まえた上で「グリッブの高さを10cmほど高くしたらどうだ」とアドバイス。右打者だった西村徳文にはスイッチヒッターへの転向を勧め、1年目の秋季キャンプから2ヶ月あまり、川崎球場そばにあったビジネスホテルのシングルルームに泊まり込み、朝・昼・晩つきっきりで指導。水上善雄にはストレート・変化球での打撃の統計をとり、変化球に強いことを実証、認識させた上で、全打席変化球が来るというヤマを張るよう指示。高畠は投手の癖盗みにも長けていた為、ベンチから声を出すことで、次に投げてくる球種を打席に入っている水上に伝えていた。あまりにしつこく、癖がバレてしまう為、西武戦で東尾修がマウンド上からベンチの高畠を睨み付けた。ヤクルトコーチ時代には飯田哲也を育てたが、野村との確執が生じる。大学の後輩となる相手チームの選手、コーチが試合前に高畠に挨拶に来るのを気に入らなかったり、ホームランを打った選手が、ベンチで高畠に感謝の礼を言うと、野村からは「アホ!!、タカに教えてもらってどうするんや!?、自分で打て!!」と怒鳴ったり等、南海時代から非常に僻みっぽくなってしまい性格が変わってしまったという。ダイエーには恩師・鶴岡の誘いで復帰し、吉永幸一郎浜名千広小久保裕紀を育てた。中日コーチ時代に指導した山崎武司は著書の中で「バッティングの面では高畠康真さんに感謝しています。指導は分かりやすく、人の意見を聞き入れない自分に対して懇切丁寧に多くの事を教えてくださいました。長距離ヒッターとして長くやってこられた背景には、やっぱり高畠さんの存在も影響していたと思っています。」と記している[1]。オリックスコーチ時代には田口壮に対して、自身の精巣を揺らすような感じでいれば、リラックスして打席に立てるという一風変わったアドバイスをし、「ちんぶら打法」と命名。ロッテコーチ時代(2期目)にはサブローにも同様のアドバイスしているが、その時は「自分の一物が足に当たるくらい腰を早く回せ」というものだった。1998年に日本大学の通信課程に入学し、教員免許を取得。2003年春より筑紫台高等学校福岡県太宰府市)の教員になり高校野球監督を目指していたが、2004年7月1日、膵臓癌のため東京都新宿区の病院で死去[2]。60歳没。高校球児を率い、監督として甲子園球場グラウンドに立つ夢は叶わなかった。

2008年、高畠をモデルにしたテレビドラマ『フルスイング』がNHKにて放映された。高畠役は高橋克実が演じた。

エピソード[編集]

1973年の南海コーチ就任時、当時は和歌山県田辺市で春季キャンプを行っており、2月でも雪が降る気候であった。そこで農家が使用していないビニールハウスを借りて、ブルペン代わりにしたら、中は温かいので投球練習が出来ると提案。捕手を座らせたら投げられるが、立ち投げは出来ないのではという意見には、「ならば、下を掘るのはどうでしょう?」と提案。結局実現には至らなかった。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1968 南海 26 37 34 2 5 0 0 0 5 0 0 0 0 0 3 0 0 12 1 .147 .216 .147 .363
1969 22 22 21 1 4 0 0 0 4 1 0 0 0 0 1 0 0 5 1 .190 .227 .190 .417
1970 86 173 157 15 49 5 0 4 66 15 1 1 0 2 13 1 1 19 5 .312 .364 .420 .784
1971 57 95 84 6 26 2 0 2 34 12 1 0 1 0 8 0 2 16 1 .310 .383 .405 .788
1972 67 89 81 2 15 2 0 2 23 11 0 0 1 1 4 0 2 22 0 .185 .239 .284 .523
通算:5年 258 416 377 26 99 9 0 8 132 39 2 1 2 3 29 1 5 74 7 .263 .321 .350 .671

記録[編集]

背番号[編集]

  • 29 (1968年 - 1972年)
  • 74 (1973年)
  • 80 (1974年 - 1977年)
  • 85 (1978年 - 1988年)
  • 83 (1990年)
  • 87 (1991年 - 1994年)
  • 92 (1995年)
  • 76 (1996年 - 1997年)
  • 87 (1999年 - 2002年)

登録名[編集]

  • 高畠 導宏 (たかばたけ みちひろ、1968年 - 1976年)
  • 高畠 康真 (たかばたけ やすまさ、1977年 - 2002年)

脚注[編集]

  1. ^ 山崎武司著、さらば、プロ野球 ~ジャイアンの27年、2014年、宝島社、P74-75
  2. ^ “高畠康真氏死去 元プロ野球ロッテコーチ”. 共同通信社. 47NEWS. (2004年7月1日). http://www.47news.jp/CN/200407/CN2004070101004559.html 2013年6月26日閲覧。 

参考文献[編集]

関連項目[編集]