河野旭輝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
河野 旭輝
Akiteru Kono 1956 (01) Scan10006.JPG
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 和歌山県和歌山市
生年月日 (1935-01-01) 1935年1月1日
没年月日 (2014-01-25) 2014年1月25日(満79歳没)
身長
体重
174 cm
64 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手外野手
プロ入り 1954年
初出場 1954年3月27日
最終出場 1967年8月24日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

河野 旭輝(こうの あきてる、1935年1月1日 - 2014年1月25日[1])は、和歌山県和歌山市出身の元プロ野球選手内野手外野手)・コーチ監督

来歴・人物[編集]

和歌山工業高校から松下電器に進み、1953年都市対抗にチームとしての初出場を果たす。

1954年阪急ブレーブスへ入団、同年はルーキーながらレギュラー二塁手として起用される。1955年には、帰国したラリー・レインズ(前年の首位打者)の後継として遊撃手に回り、初めて規定打席に到達(15位、打率.283)した。3年目の1956年に85盗塁を記録し、盗塁王に輝く。この記録は1972年に後輩・福本豊に抜かされるまで日本記録であった(現在4番目の記録で福本を除けば1番目である)。1957年も56盗塁で2年連続の盗塁王を獲得。1958年本屋敷錦吾が入団すると定位置を失うが、1959年には中堅手にコンバートされ復活した。1961年岡嶋博治との交換トレードで中日ドラゴンズへ移籍。同年にはチャンスメーカーとして打率.275(ベストテン8位)の好成績を記録し、遊撃手のベストナインを獲得。1962年には、再び自慢の俊足で3回目の盗塁王を獲得。セ・パ両リーグで盗塁王を獲得したのは河野だけである。1964年に牧田政彦との交換トレードで阪急へ復帰。阪神に移籍した本屋敷に代り、2年間はレギュラー遊撃手として活躍するが、1966年山口富士雄に定位置を譲る。1967年西鉄ライオンズへ移籍し、同年に現役を引退。

引退後は西鉄(1968年 - 1969年一軍打撃コーチ)、ヤクルト1972年 -_1973年一軍内野守備コーチ, 1984年一軍内野守備・走塁コーチ)、日本ハム1974年 - 1975年一軍守備・走塁コーチ)、ロッテ1976年 - 1980年一軍内野守備・走塁コーチ)、阪神タイガース(1981年 - 1983年一軍内野守備コーチ, 1985年 - 1986年二軍守備・走塁コーチ, 1987年二軍総括守備・走塁コーチ, 1988年1992年 - 1994年二軍監督, 1989年 - 1991年チーフコーチ)で監督・コーチを歴任。落合博満中日ドラゴンズ監督就任後から選手に対して行うノックも、落合がロッテ時代に河野から受けたことが影響しているといわれている。

2014年1月25日死去[1]

1955年に来日して河野のチームメイトとなり、河野の後に盗塁王を三度記録したロベルト・バルボンは、プレースタイルや日本での生活の手本のほとんどを河野に求めていた。バルボンは後年、「河野さんは、ボクのティーチャーです。恩人です。河野さん親切にしてくれたから、ボク日本におれたと思うわ、ホンマ」と振り返っている。[2]

詳細情報[編集]

毎日オリオンズ戦で三盗を決める河野(1956年7月。三塁手は小森光生

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1954 阪急 118 338 293 41 71 15 4 6 112 20 8 2 16 1 23 -- 5 79 5 .242 .308 .382 .691
1955 124 480 434 54 123 25 7 9 189 60 20 8 12 7 27 1 0 65 2 .283 .325 .435 .761
1956 144 581 508 68 137 15 8 5 183 70 85 29 13 6 48 4 6 70 14 .270 .340 .360 .700
1957 123 534 469 72 112 17 6 6 159 43 56 9 4 2 56 2 3 71 3 .239 .324 .339 .663
1958 51 150 137 14 26 2 0 0 28 5 17 5 0 1 10 0 2 31 1 .190 .255 .204 .459
1959 113 426 383 40 99 15 6 6 144 42 27 18 7 3 30 2 3 88 7 .258 .317 .376 .693
1960 101 256 235 22 52 4 2 5 75 19 11 6 1 2 18 0 0 56 3 .221 .277 .319 .596
1961 中日 124 495 447 57 123 12 5 9 172 40 23 12 13 1 32 1 2 77 6 .275 .326 .385 .711
1962 114 437 393 53 101 15 0 10 146 33 26 8 7 4 29 0 4 65 6 .257 .315 .372 .686
1963 114 434 388 42 114 27 0 14 183 54 9 4 10 2 28 0 6 52 13 .294 .351 .472 .822
1964 阪急 123 492 450 51 107 15 5 7 153 36 3 6 5 2 31 0 4 59 12 .238 .293 .340 .633
1965 130 473 427 51 106 19 0 16 173 47 6 4 7 1 35 0 3 73 12 .248 .310 .405 .715
1966 54 95 83 6 16 0 0 0 16 3 2 1 1 0 11 0 0 9 0 .193 .287 .193 .480
1967 西鉄 58 147 136 8 26 4 0 0 30 8 0 1 2 1 7 0 1 23 4 .191 .236 .221 .457
通算:14年 1491 5338 4783 579 1213 185 43 93 1763 480 293 113 98 33 385 10 39 818 88 .254 .314 .369 .683
  • 各年度の太字はリーグ最高、赤太字はNPB記録

タイトル[編集]

  • 盗塁王:3回 (1956年、1957年、1962年)

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 11 (1954年 - 1960年)
  • 12 (1961年 - 1963年、1965年途中 - 1966年)
  • 5 (1964年 - 1965年途中)
  • 9 (1967年)
  • 50 (1968年 - 1969年)
  • 63 (1972年 - 1973年)
  • 62 (1974年 - 1975年)
  • 83 (1976年 - 1980年)
  • 82 (1981年 - 1983年)
  • 67 (1984年)
  • 77 (1985年 - 1987年)
  • 80 (1988年 - 1994年)

脚注[編集]

  1. ^ a b OB NEWS Vol.62 (PDF)”. 公益社団法人全国野球振興会(日本プロ野球OBクラブ) (2014年7月). 2015年7月5日閲覧。
  2. ^ #助っ人列伝 p.181,183

参考文献[編集]

  • 文藝春秋(編) 『プロ野球意外史 助っ人列伝』 文春文庫ビジュアル版、1987年ISBN 4-16-810806-6

関連項目[編集]