江島巧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
江島 巧
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町
生年月日 (1949-11-24) 1949年11月24日(67歳)
身長
体重
175 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1967年 ドラフト2位
初出場 1968年4月19日
最終出場 1983年6月5日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

江島 巧(えじま たくみ、1949年11月24日 - )は、和歌山県東牟婁郡那智勝浦町[1]出身の元プロ野球選手外野手)・コーチ解説者

来歴・人物[編集]

平安高校では甲子園に3回出場、四番打者として活躍し主将も務めた[1]。2年生の時には、1年上のエース門野利治を擁し、右翼手として1966年春の選抜への出場を果たす。しかし準々決勝で土佐の上岡誠二(慶大日本鋼管)に完封を喫した[2]。同年夏の選手権でも準々決勝で荒武康博のいた報徳学園に敗退[3]。翌1967年は1年下の池田信夫がエースとなり、春の選抜では中堅手に回るが、2回戦で原秀樹のいた新居浜商に敗れる[2]。甲子園通算8試合で13安打7打点、超高校級の折り紙つきのスラッガーであった。同年夏は京滋大会決勝で守山高に敗退、甲子園出場を逸する。

同年秋、ドラフト2位指名で中日ドラゴンズに入団[1]。中日では1年目の1968年から一軍に上がり、中堅手として32試合に先発出場。打率は低かったが、プロ1号から3試合連続で本塁打を放つ[4]など活躍。2年目の1969年からレギュラー右翼手の座を任されたが、プロの変化球に対応できず、その後も打率の低迷に苦しむ。

1972年11月には広瀬宰との交換トレードでロッテオリオンズへ移籍。当初は強肩を買われて主に外野の守備固めとして起用された[1]が、打撃も向上し徐々に出場機会が増える。1974年中日ドラゴンズとの日本シリーズでは5試合に出場。最終第6戦では三番打者、左翼手として先発で起用され、1安打を放ち日本一に力を添えた。その後も長く準レギュラーとして活躍したが、1983年限りで引退。

その後はロッテ二軍打撃コーチ(1984年 - 1985年[1]テレビ埼玉ライオンズアワーヒットナイター解説者1986年)を経て、1987年には韓国プロ野球青宝ピントゥスのコーチに就任(任期不明)[1]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1968 中日 71 166 157 13 24 6 0 5 45 9 0 3 2 0 3 0 4 42 2 .153 .189 .287 .476
1969 123 378 361 33 79 15 1 13 135 28 2 2 4 1 5 0 7 76 8 .219 .243 .374 .617
1970 112 297 273 26 63 9 0 9 99 30 2 4 6 1 7 1 10 49 8 .231 .275 .363 .638
1971 102 180 158 14 31 9 0 2 46 16 1 3 6 0 12 1 4 37 8 .196 .270 .291 .561
1972 93 270 245 22 47 12 1 4 73 15 0 1 0 1 21 2 3 37 16 .192 .263 .298 .561
1973 ロッテ 92 51 41 5 8 1 0 0 9 3 6 3 3 0 5 0 2 5 3 .195 .313 .220 .532
1974 88 51 46 9 13 2 0 1 18 6 1 1 3 0 0 0 2 9 0 .283 .313 .391 .704
1975 88 165 152 20 42 6 0 4 60 20 1 3 2 2 6 0 3 12 4 .276 .313 .395 .708
1976 50 95 88 11 21 6 0 4 39 14 3 0 2 2 2 0 1 17 1 .239 .258 .443 .701
1977 57 86 82 4 17 3 0 1 23 8 3 0 2 1 0 0 1 12 3 .207 .214 .280 .495
1978 81 149 139 9 30 6 0 2 42 17 3 1 3 1 6 0 0 14 5 .216 .247 .302 .549
1979 82 152 140 17 41 11 0 6 70 22 1 1 2 2 5 0 3 19 5 .293 .327 .500 .827
1980 43 50 47 8 8 4 0 1 15 4 0 0 0 1 1 0 1 5 5 .170 .200 .319 .519
1981 60 120 114 13 32 7 1 2 47 11 1 0 0 2 3 1 1 14 1 .281 .300 .412 .712
1982 36 70 66 4 17 3 1 2 28 8 0 0 1 0 2 0 1 12 7 .258 .290 .424 .714
1983 9 9 8 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 6 0 .000 .111 .000 .111
通算:16年 1187 2289 2117 208 473 100 4 56 749 211 24 22 36 14 79 5 43 366 76 .223 .264 .354 .618
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

背番号[編集]

  • 37 (1968年 - 1969年)
  • 12 (1970年 - 1971年)
  • 6 (1972年)
  • 3 (1973年)
  • 4 (1973年 - 1978年)
  • 9 (1979年 - 1983年)
  • 82 (1984年 - 1985年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、89ページ
  2. ^ a b 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  3. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  4. ^ 西武森3戦連発!高卒新人46年ぶり快挙 日刊スポーツ 2014年8月17日

外部リンク[編集]