栗本光明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
栗本 光明
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県府中市
生年月日 (1936-03-13) 1936年3月13日
没年月日 (2013-06-02) 2013年6月2日(77歳没)
身長
体重
175 cm
60 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1961年
初出場 1961年
最終出場 1966年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • ロッテオリオンズ (1979 - 1981)

栗本 光明(くりもと みつあき、1936年3月13日 - 2013年6月2日)は、広島県府中市出身[1]の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

福山工業高校では1953年夏の甲子園予選西中国大会に進むが、1回戦で岩国高に敗退。卒業後は倉敷レイヨンに入社しエースとして活躍。1959年選抜京都大会では5月2日の1回戦で日本新薬を相手に5回途中からリリーフ、延長29回まで24回2/3を投げ切るが、スクイズを決められ敗戦投手となった[2]。同年の都市対抗では準々決勝に進むが大昭和製紙に9回裏サヨナラ負けを喫する[3]。また同年秋の産業対抗野球では初優勝を飾る[2]1960年都市対抗は2回戦(初戦)で熊谷組に惜敗[3]

1961年大毎オリオンズに入団。1年目から一軍で起用され、1962年6月3日には小野正一をリリーフして南海ホークスから初勝利。1963年は主に中継ぎとして坂井勝二に次ぐチーム2位の54試合に登板、3勝2敗、防御率2.79の成績を残す。しかし1967年は登板機会が無く、同年限りで引退。その後はゴルフ場の支配人・コーチに転身[4]

かつての同僚である山内一弘に誘われ、1979年にロッテオリオンズの二軍投手コーチに就任[4]1981年まで務めた[5]

2013年6月2日、広島県府中市の自宅にて死亡しているのが発見される。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1961 大毎
東京
3 1 0 0 0 0 0 -- -- ---- 19 4.0 6 0 0 0 1 1 0 0 4 2 4.50
1962 15 1 0 0 0 1 4 -- -- .200 177 41.1 49 4 5 0 1 16 0 0 30 24 5.14
1963 54 4 0 0 0 3 2 -- -- .600 488 125.2 105 11 19 0 0 48 0 0 41 39 2.79
1964 17 1 0 0 0 0 0 -- -- ---- 133 30.2 37 6 4 0 0 13 0 0 15 14 4.06
1966 6 0 0 0 0 0 1 -- -- .000 40 7.2 12 1 3 0 0 5 0 0 8 7 7.88
通算:5年 95 7 0 0 0 4 7 -- -- .364 857 209.1 209 22 31 0 2 83 0 0 98 86 3.70
  • 大毎(毎日大映オリオンズ)は、1964年に東京(東京オリオンズ)に球団名を変更

背番号[編集]

  • 57 (1961年 - 同年途中)
  • 15 (1961年途中 - 1967年)
  • 87 (1979年 - 1981年)[5]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 森岡浩 『プロ野球人名事典2003』 日外アソシエーツ、2003年、204頁。
  2. ^ a b 山崎武『野球博士のおもしろENCYCLOPEDIA パート1』 ベースボール・マガジン社、1988年、73頁。
  3. ^ a b 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年
  4. ^ a b 週刊ベースボール』 ベースボール・マガジン社、1979年1月29日号、36頁。
  5. ^ a b ベースボールマガジン』 ベースボール・マガジン社、2002年夏季号、127頁。

参考文献[編集]

  • 日本野球機構『日本プロ野球記録大百科2004』(ベースボール・マガジン社、2004年)1780頁

関連項目[編集]