中居謹蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
中居 謹蔵
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福島県双葉郡富岡町
生年月日 (1961-10-06) 1961年10月6日(57歳)
身長
体重
186 cm
86 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1979年 ドラフト4位
初出場 1983年4月9日
最終出場 1985年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

中居 謹蔵(なかい きんぞう、1961年10月6日 - )は、福島県出身の元プロ野球選手投手)。右投右打。

来歴・人物[編集]

福島・小高工では、1979年春季東北大会県予選準々決勝に進むが、学法石川高に敗退。1979年のドラフト4位でロッテに入団。

1983年、初の一軍昇格。4月23日には、当初仁科時成が先発予定であったが、強行スケジュールでの移動のために首脳陣に先発回避を直訴。登板前日に中居に急遽先発が言い渡され、9回を1失点に抑える好投。初先発で初完投、プロ入り初勝利を挙げる[1]。この勝利で先発陣に組み入れられるが、その後は7連敗。同年8月31日の対阪急戦に先発して好投。山沖之彦と互いに無失点で投げ合い、9回表に落合博満が3ランホームランを放ったが、勝利目前の9回裏に松永浩美に逆転サヨナラ満塁ホームランを浴びて敗戦投手になった。シーズン終盤の10月12日には阪急の山田久志に投げ勝ち、完投で2勝目。翌年以降の活躍が期待されたが、故障もあり実績を残せなかった。1987年限りで26歳で引退[1]

プロ野球引退後は金田留広の紹介で、金田正一が経営していた中目黒にあったサウナ「サウナ34」に就職[1]。サウナ34に客としてきていた青木功と知り合い、ゴルフ界に転向[1]。青木功や渡辺司のキャディーとしてツアーに参加。2011年には久保谷健一のキャディーをつとめている[1]。現在はTBSと契約を結び、ゴルフ中継のオンコースリポーターを務め、また若手選手のキャディーを行なっている。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1983 ロッテ 25 14 3 0 0 2 7 0 -- .222 399 86.2 109 15 37 2 4 45 3 0 69 52 5.40 1.68
1985 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 6 1.0 3 0 1 0 0 0 0 0 2 2 18.00 4.00
通算:2年 26 14 3 0 0 2 7 0 -- .222 405 87.2 112 15 38 2 4 45 3 0 71 54 5.54 1.71

記録[編集]

背番号[編集]

  • 61 (1980年 - 1983年、1987年)
  • 16 (1984年 - 1986年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 夕刊フジ2011年8月3日発行32面より

関連項目[編集]