篠原良昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
篠原 良昭
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 鹿児島県
生年月日 (1943-06-30) 1943年6月30日(75歳)
身長
体重
170 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手遊撃手
プロ入り 1962年
初出場 1962年
最終出場 1971年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

篠原 良昭(しのはら よしあき、1943年6月30日 - )は、鹿児島県出身の元プロ野球選手。ポジションは二塁手遊撃手

来歴・人物[編集]

鹿児島商業では2年生の時、1960年春の選抜に三番打者、遊撃手として出場している。1回戦でエース渡辺泰輔を擁する慶應高に大敗[1]。同年夏の甲子園県予選では準決勝で出水商に敗れる。翌年夏も2年生エース浜崎正人の好投で県予選決勝に進出するが、東条文博のいた鹿児島実に敗退、夏の選手権には出られなかった[2]

1962年大毎オリオンズへ入団。俊足好守の内野手と期待され、1964年には一軍に定着する。控え選手の時期が長かったが、1966年に主に遊撃手として82試合に先発出場、石黒和弘とレギュラーを争う。1968年にも前田益穂らと併用され、二塁手、遊撃手として48試合に先発出場している。1970年には内野の再編が進んで出場機会がなくなり、シーズン途中にヤクルトアトムズへ移籍した。しかしここでもあまり活躍の場はなく翌年限りで引退。引退後は鹿児島のヤクルト販売会社に就職した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1962 大毎
東京
ロッテ
33 30 29 5 6 2 0 0 8 0 0 0 0 0 1 0 0 5 0 .207 .233 .276 .509
1963 37 38 36 1 5 1 0 0 6 0 0 1 2 0 0 0 0 7 0 .139 .139 .167 .306
1964 67 191 171 19 44 5 2 1 56 10 2 5 5 1 10 0 4 22 2 .257 .314 .327 .641
1965 87 178 168 14 39 6 0 2 51 9 8 1 1 0 5 0 4 16 5 .232 .271 .304 .575
1966 94 283 268 18 56 11 1 2 75 8 1 1 3 1 10 2 1 29 4 .209 .240 .280 .520
1967 69 149 128 20 30 4 0 2 40 5 1 4 2 1 15 0 2 11 2 .234 .324 .313 .637
1968 104 249 225 30 59 8 2 3 80 16 2 2 3 2 12 0 7 32 6 .262 .320 .356 .675
1969 66 121 112 12 28 4 2 1 39 3 2 4 1 1 5 0 2 12 0 .250 .294 .348 .642
1970 ヤクルト 34 75 66 6 15 3 0 0 18 3 1 1 1 0 6 0 2 18 1 .227 .311 .273 .584
1971 29 27 26 0 2 0 0 0 2 0 0 0 1 0 0 0 0 8 1 .077 .077 .077 .154
通算:10年 620 1341 1229 125 284 44 7 11 375 54 17 19 19 6 64 2 22 160 21 .231 .281 .305 .586
  • 大毎(毎日大映オリオンズ)は、1964年に東京(東京オリオンズ)に、1969年にロッテ(ロッテオリオンズ)に球団名を変更

背番号[編集]

  • 41 (1962年)
  • 4 (1963年 - 1970年途中)
  • 40 (1970年途中 - 1971年)

脚注[編集]

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

関連項目[編集]