沼澤康一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
沼沢康一郎から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
沼澤 康一郎
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 北海道函館市
生年月日 1930年8月15日
没年月日 (1989-05-18) 1989年5月18日(58歳没)
身長
体重
168 cm
69 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手捕手
プロ入り 1953年
初出場 1953年
最終出場 1959年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

沼澤 康一郎(ぬまさわ こういちろう、1930年8月15日 - 1989年5月18日)は、北海道函館市出身の元プロ野球選手外野手捕手)・コーチ解説者評論家

来歴・人物[編集]

ルー・ゲーリッグに憧れ、野球選手を目指す。旧制函館中学校在籍中の1946年に四番・一塁手として戦後初の夏の甲子園へ出場するが、準々決勝で浪華商に敗退。卒業後は早稲田大学第一法学部に入学し、東京六大学リーグでは在学中に5度の優勝を経験。3年次の1951年より早慶戦に出場し、広岡達朗荒川博らと共に活躍。

大学卒業後、1953年毎日オリオンズへ入団。1年目は外野手、2年目の1954年以降は捕手として活躍。1956年には自己最多の90試合に出場するが、醍醐猛夫谷本稔の加入もあり正捕手の座を奪われる。1959年限りで現役を引退し、1960年には1年間だけ二軍コーチを務めた。その後は1961年から日刊スポーツ新聞社の記者となり、日本テレビ1964年)・TBS1965年 - 1969年)の解説者としても人気を博す。1970年野村克也選手兼任監督に就任した際に、根性野球ではなく頭脳野球を理解できる人材として南海ホークスの一軍打撃コーチに招聘される。1971年には大きな交通事故に遭うも奇跡的に復活し、在任中は島野育夫富田勝藤原満桜井輝秀門田博光を育てた。リーグ優勝に貢献した1973年に退任。1974年ヤクルトスワローズへ一軍打撃コーチ(ヘッド格)として移籍。荒川博監督、広岡達朗コーチ、小森光生コーチとともに「早稲田カルテット」の一角を担う。投手部門でも荒川監督のアドバイザーとして活躍し、14年ぶりのAクラス入りに貢献。1975年からはヘッドコーチ専任となり、「早稲田カルテット」の中和剤的な役割を務めたほか、チームのムード作りに徹した。同年退団。

その後はフリー評論家となり、東京12チャンネル→テレビ東京1976年 - 1989年)・ラジオ関東で解説を務めた。アメリカミラーライトビールCFに出演し全米No.1を取ったり、旧ソビエト連邦の大学生に野球を教えに行ったり、日本テレビの少年チーム「モーニングス」監督など多岐にわたり球界で活躍。その傍らで、野球に関する著述家としても活動。「少年野球教室」「ぼくらの野球教室」など「野球上達シリーズ」を手がけ、多くの野球少年に向けた著作物を刊行。また、「日本プロ野球不滅の名勝負」「栄光のオールスターゲーム」「小さな大打者・若松勉」「激闘の日本シリーズ30年史」などのノンフィクション本も多く刊行。

1989年5月18日のため急逝。58歳没。

次男の沼澤尚ドラマー

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1953 毎日
大毎
38 69 61 5 14 2 0 0 16 3 1 3 1 -- 6 -- 1 3 0 .230 .309 .262 .571
1954 43 61 52 9 15 1 0 1 19 4 3 0 0 0 9 -- 0 3 5 .288 .393 .365 .759
1955 69 112 98 9 20 1 0 1 24 14 0 2 1 1 12 0 0 18 2 .204 .291 .245 .536
1956 90 217 197 16 35 1 1 1 41 13 3 1 5 0 15 0 0 30 4 .178 .236 .208 .444
1957 46 79 66 10 15 3 1 0 20 8 2 0 2 2 9 0 0 15 1 .227 .320 .303 .623
1958 30 34 34 2 8 0 0 1 11 3 2 0 0 0 0 0 0 4 0 .235 .235 .324 .559
1959 10 6 5 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 0 0 0 0 .000 .167 .000 .167
通算:7年 326 578 513 51 107 8 2 4 131 45 11 7 9 3 52 0 1 73 12 .209 .283 .255 .538
  • 毎日(毎日オリオンズ)は、1958年に大毎(毎日大映オリオンズ)に球団名を変更

背番号[編集]

  • 4 (1953年 - 1959年)
  • 61 (1960年)
  • 72 (1970年 - 1973年、1974年 - 1975年)

関連情報[編集]

出演番組[編集]

著書[編集]

  • 日本プロ野球 不滅の名勝負(1977年5月、恒文社
  • 野球上達実践のコツ(1978年1月、秋田書店
  • 激闘の日本シリーズ30年史(1979年11月、恒文社)
  • 小さな大打者 若松勉(1981年3月、恒文社)
  • ぼくらの野球教室(1981年5月、新日本出版社
  • 日本プロ野球 栄光のオールスターゲーム(1981年8月、恒文社)
  • 少年野球教室:君も名選手になれる(1985年4月、成美堂出版

関連項目[編集]