安斉雄虎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
安斉 雄虎
20120401 Taketora Anzai pitcher of the Yokohama DeNA BayStars, at Yokosuka Stadium.JPG
DeNA時代(2012年4月1日)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県座間市
生年月日 (1991-10-28) 1991年10月28日(25歳)
身長
体重
190 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2009年 ドラフト3位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

安斉 雄虎(あんざい たけとら、1991年10月28日 - )は、神奈川県座間市出身の元プロ野球選手投手)。右投右打。2011年の登録名は「雄虎」。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

会社に勤務しながら草野球の選手として大洋ホエールズの入団テストを受験したほど野球の好きな実父[1]の影響で、実父がコーチを務める少年野球チームの「座間パイレーツ」へ小学1年生から参加。座間市立西中学校から、私立向上高校に進学した。

高校1年生から投手に専念したが、2年生までは無名の控え投手だった。3年生だった2009年の神奈川県春季大会4回戦で、強豪の東海大相模高校を8回1失点に抑えるとともに、2対1でチームをベスト8入りに導いたことで一躍脚光を浴びた。夏の神奈川県大会でもベスト8に入ったが、春に続いて横浜創学館高校に敗退。それでも、190センチの長身から投げ込む直球が140km/h台後半を計測したことで、「制球力・変化球こそ未完成ながら、潜在能力が非常に高く、速球派右腕に成長する可能性を秘めた大型の右腕投手」として複数のプロ野球球団から注目された[2]

2009年のドラフト会議で、大洋の後身球団・横浜ベイスターズから3巡目で指名。契約金4500万円・年俸500万円(いずれも推定金額)で契約した。

プロ入り後[編集]

2010年、一軍昇格こそならなかったものの、イースタン・リーグでは公式戦14試合の登板で4勝3敗を記録。シーズン終了後の12月6日には、2011年からの登録名を雄虎に変更することが球団から発表された。

2011年4月に利き腕の右肘を疲労骨折。この影響で、一軍・二軍とも公式戦へ登板できなかった[1]。ちなみに、安斉は後に、「2年目以降、自分のイメージで投げられなくなった」と述懐している[3]

2012年1月6日に球団から、登録名を本名の安斉雄虎に戻すことが発表。シーズンに入ってからは、イースタン・リーグの公式戦6試合に登板したが、前年の故障の影響で制球が定まらなくなった[1]

2013年、イースタン・リーグでは公式戦7試合に登板したものの、2年連続で未勝利に終わった。入団以来一軍公式戦への登板機会がないまま、10月3日に球団から戦力外を通告[4]。通告後には、2度にわたって12球団合同トライアウトへ参加した。第1回のトライアウトで4者連続奪三振と好投した[5]後に、「日本人指導者のいる韓国の独立球団」として高陽ワンダーズから入団を打診されたが、NPB球団への復帰を強く希望していることから固辞。そのまま第2回のトライアウトへ参加したものの、獲得のオファーはなかった。

2014年3月6日BCリーグ富山サンダーバーズへの入団が発表された[6]。同年10月24日、任意引退を理由に退団することが発表された[7]

現役引退後[編集]

引退後はスポーツ専門店チェーン「スポーツオーソリティ」の横浜市内店に勤務[8]

2016年学生野球資格回復研修を受講した上で、翌2017年2月7日に日本学生野球協会より学生野球資格回復の適性認定を受けたことにより、学生野球選手への指導が可能となった[9]

人物[編集]

2010年8月15日、横須賀スタジアムにて

アイドル真野恵里菜は中学時代の同級生で、DeNA時代にも交流が報じられたことがある[10]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

独立リーグでの投手成績[編集]











































W
H
I
P
2014 富山 8 0 2 0 0 .000 15.2 93 29 1 11 16 4 28 27 4 0 0 15.51 2.96
通算:1年 8 0 2 0 0 .000 15.2 93 29 1 11 16 4 28 27 4 0 0 15.51 2.96

背番号[編集]

  • 48 (2010年 - 2013年)
  • 42 (2014年)

登録名[編集]

  • 安斉 雄虎 (あんざい たけとら、2010年、2012年 - 2014年)
  • 雄虎 (たけとら、2011年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c 2013年12月30日TBS系列で放送された『プロ野球戦力外通告・クビを宣告された男達』(TBS制作)で紹介(TBS『プロ野球戦力外通告・クビを宣告された男達』2013年版を参照)
  2. ^ 向上高 安斉雄虎(あんざい たけとら)投手 プロへ ドラフト会議で横浜が3位指名”. タウンニュース伊勢原版 (2009年11月6日). 2013年10月7日閲覧。
  3. ^ 惜別球人2013【横浜】安斉 雄虎投手”. スポーツニッポン (2013年12月13日). 2013年12月31日閲覧。
  4. ^ 2014年度選手契約について”. 横浜DeNAベイスターズ (2013年10月3日). 2013年10月7日閲覧。
  5. ^ 2014年度選手契約について”. 65人参加 12球団合同トライアウト/詳細 (2013年11月10日). 2013年12月31日閲覧。
  6. ^ 新入団選手のお知らせ”. 富山サンダーバーズ (2014年3月6日). 2014年3月6日閲覧。
  7. ^ 退団選手のお知らせ”. 富山サンダーバーズ (2014年10月24日). 2014年10月24日閲覧。
  8. ^ 週刊ベースボール 2015年6月1日号 p.86-87
  9. ^ 元ヤクルト宮本慎也氏ら132人が学生野球資格回復 - 大学・社会人”. 日刊スポーツ (2017年2月8日). 2017年2月8日閲覧。
  10. ^ “横浜・雄虎、同級生アイドルに活躍誓う”. デイリースポーツ. (2011年1月13日). オリジナル2011年1月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110116160323/http://www.daily.co.jp/baseball/2011/01/13/0003734277.shtml 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]