福田岳洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
福田 岳洋
Takehiro Hukuda, pitcher of the Yokohama BayStars, at Yokosuka Stadium..JPG
2010年11月20日 横須賀スタジアム
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府高槻市
生年月日 (1983-04-09) 1983年4月9日(34歳)
身長
体重
181 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2009年 ドラフト5位
初出場 2010年8月19日
最終出場 2013年8月7日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

福田 岳洋(ふくだ たけひろ、1983年4月9日 - )は、大阪府高槻市出身の元プロ野球選手投手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

京都府大谷高校から、一浪を経て高知大学教育学部に進学し四国地区大学リーグで活躍した。

大学卒業後は一旦は野球を断念し、スポーツ科学を専攻するため京都大学大学院に進学したが野球への思いが断ちきれず、大学院在籍中に社会人野球クラブチームであるRitsベースボールクラブに加入し、2007年全日本クラブ野球選手権に同チームの初出場に貢献した。

2008年四国・九州アイランドリーグ香川オリーブガイナーズのトライアウトに合格し入団した(大学院は休学、その後プロ入り前に中退した)。

2009年同年のドラフト会議横浜ベイスターズが5位指名で交渉権を獲得し契約金1000万円、年俸600万円(金額は推定)で契約した。新入団発表の席ではプロ入りまで紆余曲折があったことを踏まえ、「ハマのバガボンドと呼んでほしい。」とコメントした[1]

プロ入り後[編集]

2010年8月19日に一軍登録され、シーズン終了まで中継ぎや敗戦処理を中心に18試合登板し、防御率3.38(1ホールド)という成績を残した。四国・九州アイランドリーグ出身のNPB選手で、一軍登録後、抹消を受けずにシーズンを終了したのは福田が初めてである。2011年は左膝を痛め、一軍での登板機会はなかった[2]。同シーズンオフに左膝を手術[2]

2012年、7月15日に2年ぶりに一軍登録され、中継ぎとして5試合に登板したが、8月1日の広島戦、8月4日の対読売ジャイアンツ戦でいずれも自責点4とふるわず、8月10日に登録を抹消された。

2013年、2試合の登板に終わり、10月9日に球団から戦力外通告を受け[3]、12月2日付で自由契約選手公示された[4]

現役引退後[編集]

会計事務所に勤務しながら[5]、大学院でのスポーツ科学研究もおこなっている[6]

選手としての特徴・人物[編集]

最速150km/hのストレートスライダーを軸に、カーブフォークを投げ分ける。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2010 横浜
DeNA
18 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 101 24.0 17 2 16 0 1 15 2 0 10 9 3.38 1.38
2012 5 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 41 8.1 9 1 5 0 1 6 0 0 10 9 9.72 1.68
2013 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 15 3.0 6 0 0 0 0 3 0 0 3 3 9.00 2.00
通算:3年 25 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 157 35.1 32 3 21 0 2 24 2 0 23 21 5.35 1.50
  • 横浜(横浜ベイスターズ)は、2012年にDeNA(横浜DeNAベイスターズ)に球団名を変更

記録[編集]

NPB

独立リーグでの投手成績[編集]





















2008 香川 25 2 9 5 1 138.1 44 6 81 30 1.95
2009 27 1 10 5 1 144.2 24 4 113 36 2.24
通算:2年 52 3 19 10 2 283.0 68 10 194 66 2.10

背番号[編集]

  • 11 (2008年 - 2009年)
  • 49 (2010年 - 2013年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]