下窪陽介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
下窪 陽介
YB-Yosuke-Shimokubo.jpg
2009年8月25日 横須賀スタジアム
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 鹿児島県揖宿郡頴娃町(現:南九州市
生年月日 (1979-01-21) 1979年1月21日(39歳)
身長
体重
175 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 2006年 大学生・社会人ドラフト5巡目
初出場 2007年3月31日
最終出場 2010年5月22日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

下窪 陽介(しもくぼ ようすけ、1979年1月21日 - )は、鹿児島県揖宿郡頴娃町(現:南九州市)出身の元プロ野球選手外野手)。

来歴・人物[編集]

プロ入り前[編集]

1996年第68回選抜高等学校野球大会鹿児島実業高等学校のエース投手として出場。林川大希とバッテリーを組み、決勝で高塚信幸中谷仁喜多隆志を擁する智弁和歌山高校を6-3で下し初優勝。春夏通じて鹿児島県勢初の全国制覇を達成した。下窪の球は「球威があり、高校レベルの打者ではなかなか長打を打てなかった」と評されるほどであった。また第78回全国高等学校野球選手権大会はベスト8で愛媛県立松山商業高等学校と対戦、大会屈指の強打者・今井康剛に本塁打を許して敗れた。

日本大学に進学後は肩を故障し、3年時に監督の鈴木博識から勧められて外野手へ転向した。東都大学1部リーグ通算51試合出場、123打数22安打、打率.179、2本塁打、8打点。

2001年には日本通運に入社。プロ入りまで6年連続で都市対抗野球大会に出場し、2006年第77回大会では首位打者を獲得した(.412)。同年には社会人ベストナイン外野手部門にも選出されたほか、第16回IBAFインターコンチネンタルカップ日本代表に選ばれた。同年の大学生・社会人ドラフト5巡目で横浜ベイスターズに入団。

プロ入り後[編集]

2007年、キャンプ・オープン戦で結果を出し、開幕一軍に入った。開幕2戦目の対巨人戦でプロ初出場。翌日の3戦目ではプロ初スタメンを果たした。しかしその後の1ヶ月は調子が上がらず、一度登録を抹消された。二軍では打率.397と好調を維持したため再度一軍に昇格すると、対ソフトバンク戦でプロ初打点となる決勝適時打を放つなど結果を残した。とりわけ、対左投手には打率.321とかなりの強さを見せた。

2008年大西宏明の加入や自身の不調もあり出場機会が減少、成績も低迷した。2009年内藤雄太下園辰哉など他の若手選手の台頭により、出場試合数が前年よりさらに少ない7試合に留まり、成績も無安打に終わるなど振るわなかった。

2010年2月8日、2年前から交際していた女性と2009年5月7日に結婚していたことが明らかになった[1]

2010年も一軍で3試合出場したのみで、10月1日戦力外通告を受ける。11月10日12球団合同トライアウト1回目に参加したが、獲得する球団はなく引退。

引退後[編集]

元チームメイトの野口寿浩が運営する野球教室でコーチを務めた後、鹿児島県に帰郷して父親が代表を務める製茶会社に就職。栽培作業に従事する他、PR・販売担当として全国を巡回している[2]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2007 横浜 72 129 112 10 31 6 0 0 37 9 1 0 7 0 6 0 4 22 2 .277 .330 .336 .666
2008 14 16 15 1 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 1 0 0 4 0 .133 .188 .133 .321
2009 7 11 11 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0 .000 .000 .000 .000
2010 3 6 5 0 1 0 0 0 1 1 0 0 0 0 1 0 0 1 0 .200 .333 .200 .533
通算:4年 96 162 143 11 34 6 0 0 40 10 1 0 7 0 8 0 4 31 2 .238 .297 .278 .575

年度別守備成績[編集]

年度 外野
試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率
2007 51 47 0 0 0 1.000
2008 4 3 0 0 0 1.000
2009 2 3 0 0 0 1.000
2010 2 4 0 0 0 1.000
通算 59 57 0 0 0 1.000

記録[編集]

背番号[編集]

  • 9 (2007年 - 2010年)

脚注[編集]

  1. ^ 結婚してた横浜・下窪「まずは1軍定着」へ必死”. スポニチ (2010年2月8日). 2010年2月8日閲覧。
  2. ^ 知覧茶のおいしさ伝える元横浜下窪陽介さん/コラム”. 日刊スポーツ (2018年3月1日). 2018年3月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]