梶谷隆幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
梶谷 隆幸
横浜DeNAベイスターズ #3
20130407 Takayuki Kajitani, infielder of the Yokohama DeNA BayStars, at Meiji Jingu Stadium.JPG
2013年4月7日、明治神宮野球場にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 島根県松江市
生年月日 1988年8月28日(26歳)
身長
体重
180 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手遊撃手
プロ入り 2006年 高校生ドラフト3巡目
初出場 2009年4月9日
年俸 4,600万円(2015年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

梶谷 隆幸(かじたに たかゆき、1988年8月28日 - )は、横浜DeNAベイスターズに所属するプロ野球選手外野手内野手)。島根県出身。

経歴[編集]

益田市に生まれ、幼少の頃に松江市に転居。松江市立持田小学校4年時に「持田ボンバーズ」で捕手として軟式野球を始める。松江市立第二中学校内野手転向。部活引退後はクラブチームの乃木ライオンズシニアで腕を磨いた。

開星高校では1年夏からレギュラーとして活躍、3年夏には甲子園に出場している。練習試合を含めた高校通算成績は145試合打率.395、10本塁打、116打点、93盗塁[要出典]2006年高校生ドラフト会議横浜ベイスターズから3巡目で指名を受け入団。12月11日に行われた入団会見ではY字バランスを披露した。

プロ入り後[編集]

2007年

二軍で52試合に出場し、打率.136に終わる。

2008年

二軍で主に遊撃手のレギュラーとして起用され84試合に出場、打率.250、19打点、14盗塁の成績を残した。

2009年

4月26日、プロ初出場を果たし22試合に出場。初本塁打を記録。

2010年

一軍出場わずか5試合(4打数0安打)と、二軍での出場が主になったが、湘南シーレックスの球団新記録となる33盗塁を記録して、イースタン・リーグの盗塁王を獲得した。

2011年

故障などにより一軍出場はなく、二軍でも盗塁数が激減するなど成績を落とした。オフに金本知憲野村謙二郎らが通っていたトレーニング・ジム「アスリート」で肉体改造を行う。開始前には体重は74kg、除脂肪体重は67.4kg、体脂肪率9.0%であったが、オフが明けた2012年春の段階で体重80kg、除脂肪体重は73.6kgに増量し、体脂肪率は8%に減少した。

2012年

球団の親会社がDeNAに代わったこの年から監督に就任した中畑清の掲げる機動力野球の方針により、梶谷はオープン戦から積極的に起用された。同年のオープン戦では17試合に出場し、打率.347(セ・パ12球団の規定打席到達者中6位)、12球団トップの13盗塁という好成績を残し[1] 、1番ショートで開幕スタメン出場を果たした[2]。しかし公式戦ではオープン戦での活躍から各球団に警戒されたこともあってか、深刻な打撃不振に陥った。二軍落ちを経験しながらも辛抱強くスタメンで起用され続けたが打率は一向に上昇せず、80試合に出場し打率は.179と不本意な成績に終わった。秋のフェニックスリーグでは中畑監督から熱血指導を受けた[3]

2013年

前半戦は凡ミスが目立った。特に4月9日の対広島東洋カープ戦では、3回表二死満塁の場面で、大竹寛の遊ゴロを処理した石川雄洋遊撃手)が二塁送球による封殺を狙ったが、二塁手の梶谷がベースカバーに入らず一塁方向へ走っていたため、石川が慌てて一塁に送球するも内野安打となり2者が生還する、というボーンヘッドを犯し、二軍へ懲罰降格されている[4][5]。8月3日にケガから復帰して一軍登録をされると、その試合(中日戦)で4安打の固め打ち。さらに15日の巨人戦でも2本塁打を含む3安打と大爆発。8月だけで、81打数33安打、打率.407、8本塁打、22打点という前年と見違える成績を残し、後半戦のベイスターズ打線を支えた。終盤多少のペースダウンはあったものの、最終的に公式戦77試合に出場し、規定未到達ながら打率.346、チーム2位となる16本塁打、7盗塁を記録した。
オフの11月には台湾で行われた「2013 BASEBALL CHALLENGE 日本 VS チャイニーズ・タイペイ」の日本代表に選出された[6]指名打者や遊撃手として全3試合にスタメンで起用され、7打数3安打2打点の成績を残した。

2014年

この年から外野手に転向し、背番号が3に変更された[7]。昨年の活躍もあり主軸打者としての期待は大きく、開幕から主に3番ライトとして起用される。5月中旬までは昨年には劣るものの期待通りの活躍を見せていたが、5月下旬から失速し、6月月間打率は.151、本塁打無し、月間8安打と大きく成績を落としてしまった。しかし7月には打率.368をマークし、同月11日のヤクルト戦では2本塁打を含む5安打と調子を取り戻した。ユリエスキ・グリエルの加入もあり、シーズン後半は1番打者を任せられることが増えた。また荒波翔の故障離脱や金城龍彦の不振により、ライトだけではなくセンターでの起用も増えた。調子の好不調が激しい1年であったが、最終的に自己最多の142試合に出場し、39盗塁で盗塁王のタイトルを獲得した。また初めて規定打席に到達したが、打率.263は前年を下回り、リーグワースト3位の135三振と課題も残るシーズンとなった。

プレースタイル・人物[編集]

打撃練習を行う梶谷
(2009年4月30日、阪神甲子園球場)

50m走5秒7の俊足が武器[8]

身体能力が高く、トレーニング・ジム「アスリート」の代表である平岡洋二は「150人に迫るプロ野球選手の指導歴の中でもトップクラスの肉体。3割・30本塁打・30盗塁のトリプルスリーさえ達成可能な、無限の可能性を秘めた肉体である」と語っている[9]。特に、筋力がその身体能力の裏付けとなっており、スクワットは190kg・ベンチプレスは110kgを記録している。これは体重当たりの筋力に換算すると、2.35倍・1.35倍となり、平岡洋二によれば、これまで指導してきたプロ野球選手の中でもトップクラスである[9]

身体能力が高い一方で、守備面においてイージーミスやボーンヘッドを犯すことがあり[4][5][10]、プロにおいて懲罰降格を受けたことがある[4][5]

また梶谷の性格について開星高校野球部監督の野々村直通は、「私がバッティングについて『こういうふうにやれよ』と言っても、練習を見たらしていなかったりするが、プロではいろんな人の意見を聞いて自滅することも多いため、むしろよかったのでは」と語っている[10]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2009 横浜
DeNA
22 44 39 4 5 1 0 1 9 2 1 0 4 0 1 0 0 10 0 .128 .150 .231 .381
2010 5 4 4 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 3 0 .000 .000 .000 .000
2012 80 252 223 17 40 5 3 2 57 11 5 8 7 0 21 0 1 61 4 .179 .253 .256 .509
2013 77 287 254 59 88 17 4 16 161 44 7 4 4 0 27 1 2 60 6 .346 .413 .634 1.047
2014 142 609 525 76 138 26 9 16 230 72 39 8 3 4 70 5 7 135 12 .263 .355 .438 .793
通算:5年 326 1196 1045 156 271 49 16 35 457 129 52 21 18 4 119 6 10 269 22 .259 .334 .437 .771
  • 2014年度シーズン終了時
  • 横浜(横浜ベイスターズ)は、2012年にDeNA(横浜DeNAベイスターズ)へ球団名変更

年度別守備成績[編集]


二塁 三塁 遊撃 外野
試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率
2009 14 13 41 2 6 .964 - - -
2012 - 1 1 1 0 0 1.000 75 90 183 10 28 .965 -
2013 3 4 4 0 1 1.000 7 4 8 0 0 1.000 62 91 167 10 36 .963 -
2014 - - - 136 303 8 6 2 .981
通算 17 17 45 2 7 .969 8 5 9 0 0 1.000 137 181 350 20 64 .965 136 303 8 6 2 .981
  • 2014年度シーズン終了時

タイトル[編集]

記録[編集]

その他の記録
  • 月間得点:31(2013年8月) ※球団記録、セ・リーグ2位タイ、史上4人目
  • 二試合連続先頭打者本塁打:2014年9月10日対東京ヤクルトスワローズ20回戦(横浜スタジアム)~2014年9月11日対東京ヤクルトスワローズ21回戦(横浜スタジアム) ※球団記録タイ、史上31人目

背番号[編集]

  • 63 (2007年 - 2013年)
  • 3 (2014年 - )

登場曲[編集]

  • LGYankees feat. 吉見一星「マジありがとう」

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2012年度 オープン戦 個人打撃成績(規定打席以上)日本野球機構オフィシャルサイト
  2. ^ 中畑監督は、梶谷を抜擢した理由として、「2月のキャンプで初めてチームを見た時に、真っ先に目に飛び込んできたのが梶谷だった。脚力、身体のバネ、パワー、守備範囲、なんというか超人的というような身体能力の高さを持っている雰囲気があった。こいつの可能性にかけてみたい、そう思わせる魅力があった。さらに実際にオープン戦で起用してみると結果も出した。タイトルが狙える、そう期待して開幕の先発にも抜擢した」と述べている(「DeNA梶谷 覚醒呼んだ『弱さ認める強さ』ギリギリの心を支えた中畑監督の信念」スポーツナビ、2013年10月7日、文:村瀬秀信)
  3. ^ 「基本を身に付けてほしいだけ」/中畑監督 nikkansports.com
  4. ^ a b c “DeNA梶谷 凡ミスで“懲罰”降格 ベースカバー怠る”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2013年4月10日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/04/10/kiji/K20130410005578240.html 2013年4月21日閲覧。 
  5. ^ a b c 【DeNA】キヨシ厳命 梶谷に2軍行き nikkansports.com 2013年4月9日)
  6. ^ 2013 BASEBALL CHALLENGE 日本 VS チャイニーズ・タイペイ トップチーム 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト 2015年3月30日閲覧
  7. ^ “梶谷が球団の顔に!背番号「63」→「3」に”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2013年11月8日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/11/08/kiji/K20131108006969490.html 2013年11月11日閲覧。 
  8. ^ ハマの怪盗カジタニ ニックネームで売り出す”. スポニチ Sponichi Annex (2012年3月24日). 2012年4月5日閲覧。
  9. ^ a b 平岡代表の日記「梶谷 隆幸」 (2013年8月24日)2013年8月24日閲覧。
  10. ^ a b “中畑監督も認めた「新・絶好調男」 DeNA梶谷隆幸の身体と頭脳”. 日刊ゲンダイ. (2013年8月27日). http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/144223 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]