梶谷隆幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
梶谷 隆幸
横浜DeNAベイスターズ #3
20130407 Takayuki Kajitani, infielder of the Yokohama DeNA BayStars, at Meiji Jingu Stadium.JPG
2013年4月7日、明治神宮野球場にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 島根県松江市
生年月日 1988年8月28日(25歳)
身長
体重
180 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 遊撃手二塁手三塁手外野手
プロ入り 2006年 高校生ドラフト3巡目
初出場 2009年4月9日
年俸 2,300万円(2014年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

梶谷 隆幸(かじたに たかゆき、1988年8月28日 - )は、横浜DeNAベイスターズに所属するプロ野球選手外野手内野手)。

経歴[編集]

島根県益田市生まれ。幼少の頃に松江市に転居。松江市立持田小学校4年時に「持田ボンバーズ」で捕手として軟式野球を始める。松江市立第二中学校内野手転向。部活引退後はクラブチームの乃木ライオンズシニアで腕を磨く。

開星高校では1年夏からレギュラーとして活躍。3年夏には甲子園に出場している。練習試合を含めた高校通算成績は145試合打率.395、10本塁打、116打点、93盗塁

2006年高校生ドラフト会議横浜ベイスターズから3巡目で指名を受け入団。12月11日に行われた入団会見ではY字バランスを披露した。

プロ入り後[編集]

2007年は二軍で52試合に出場したが、打率は.136だった。2008年は二軍で主に遊撃手のレギュラーとして起用され84試合に出場、打率.250、19打点、14盗塁の成績を残した。

2009年は足を上げないノーステップ打法に挑戦。開幕スタメンだった仁志敏久の不調により、4月26日に一軍戦に初出場。そこから数試合、二塁手としてスタメン起用されるなど、藤田一也北川隼行と併用されながら22試合に出場。打率は.128だったが、初本塁打も記録した。

2010年は一軍出場5試合(4打数0安打)と主に二軍での出場になったが、湘南シーレックスの球団新記録となる33盗塁でイースタン・リーグの盗塁王を獲得。

2011年は故障に泣かされ一軍出場はなく、二軍でも盗塁数が激減するなど成績を落とした。そこで同年オフには、肉体改造に取り組んだ(後述)。この肉体改造の成果が、翌年以降の飛躍につながった。

2012年は、ベイスターズ球団の親会社がDeNAに代わり、機動力野球を掲げるチーム構想の下で、この年監督に就任した中畑清は、オープン戦で梶谷を積極的に起用した。オープン戦では17試合に出場し、打率.347はセ・パ12球団の規定打席到達者の中でも6位、13盗塁は12球団トップの成績である[1] 。オープン戦での好調が評価され、開幕戦では1番遊撃手でのスタメン出場を果たした。中畑は、梶谷を抜擢した理由として、「2月のキャンプで初めてチームを見た時に、真っ先に目に飛び込んできたのが梶谷だった。脚力、身体のバネ、パワー、守備範囲、なんというか超人的というような身体能力の高さを持っている雰囲気があった。こいつの可能性にかけてみたい、そう思わせる魅力があった。さらに実際にオープン戦で起用してみると結果も出した。タイトルが狙える、そう期待して開幕の先発にも抜擢した」と述べていた [2]

しかし、開幕してからの公式戦では、各球団からマークされたこともあり、深刻な打撃不振に陥った。登録抹消を経験しながらも、辛抱強くスタメンで起用され続けたが打率が一向に上昇せず、80試合に出場したが、打率は.179と不本意なものに終わった。秋のフェニックス・リーグでは中畑監督が「基本を身につけてほしい」と熱血指導を行った[3]

2013年には、4月9日広島戦で、3回表2死満塁の場面で、広島東洋カープ大竹の遊ゴロを処理した石川雄洋が二塁送球による封殺を狙ったが、二塁手の梶谷がベースカバーに入らず一塁方向へ走っていたため、石川が慌てて一塁に送球するも内野安打となり2者が生還する、というボーンヘッドを犯したため二軍へ懲罰降格される[4][5]など、前半戦は凡ミスが目立った。しかし、8月3日にケガによる二軍再降格から一軍に復帰すると、復帰初戦の中日戦で4安打を記録したのを皮切りに打撃の調子が良くなり、8月15日巨人戦と9月26日阪神戦では2打席連続ホームランを放つなど、高い打率を残すだけでなく長打も量産した。最終的に8月は88打席35安打の打率.398、出塁率.459、OPS 1.255の好成績を残し、同じく同月好調であった村田修一の新記録に惜しくも届かなかったものの、王貞治山本浩二江藤智に並ぶセ・リーグ歴代2位となる月間31得点を記録した。打撃面では規定打席には満たなかったものの、公式戦77試合の出場で、チーム2位となる16本塁打、7盗塁と大きく飛躍。また、シーズン終了後の11月には、小久保裕紀新監督率いる野球日本代表のメンバーに選出。自身初の代表選出ながら、同月8日 - 10日に台湾で開かれた台湾代表との強化試合では、指名打者や遊撃手として全3試合にスタメンで起用され7打数3安打2打点と活躍した。

2014年より、前年の活躍を受け、背番号が3に変更となった[6]。また、身体能力を活かすと共に、より打撃に専念できるように、外野手へコンバートされた。

プレースタイル[編集]

打撃練習を行う梶谷
(2009年4月30日、阪神甲子園球場)

50m走5秒7の俊足が武器[7]。とっさにバットを出しカット出来るほどの反射神経も持っている。

開星高校には野球推薦ではなく、学業の特待生として入学した。当時は同高校野球部監督だった野々村直通によると、「中学の頃から野球部員としてスカウトはしていたが、5教科の成績がすべて(5段階評価で)4.0以上あった。だから開星にはスポーツではなく、勉強の特待生として入学し、授業料は免除されていた」。一方で、野球の守備については、「高校の時から、なんでもないイージーゴロを一塁に大暴投したり、そういうミスはあった」とも語っている。性格については、「私がバッティングについて『こういうふうにやれよ』と言っても、練習を見たらしていなかったりするが、プロではいろんな人の意見を聞いて自滅することも多いため、むしろよかったのでは」と語っている[8]

肉体改造[編集]

2011年シーズン以前の梶谷はプロ野球選手としては細身の体格で、スピードはあるもののパワー不足が目立つ選手であった。しかし、2011年オフに金本知憲野村謙二郎を初めとする多くの野球選手の肉体改造を成功させた実績を持つトレーニングジム「アスリート」のメンバーに加入。加入時には体重は74kg、除脂肪体重は67.4kg、体脂肪率9.0%であったが、オフが明けた2012年春の段階で体重80kg、除脂肪体重は73.6kgに増量し、体脂肪率は8%に減少した。この肉体の変化は「アスリート」史上でも驚異的なものであった。またスクワットは190kg・ベンチプレスは110kgを記録。これは体重当たりの筋力に換算すると、2.35倍・1.35倍と同ジム史上最高のレベルであった。これに対し「アスリート」の代表である平岡洋二は「150人に迫るプロ野球選手の指導歴の中でもトップクラスの肉体。3割・30本塁打・30盗塁のトリプルスリーさえ達成可能な、無限の可能性を秘めた肉体である」と語っている[9]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2009 横浜
DeNA
22 44 39 4 5 1 0 1 9 2 1 0 4 0 1 0 0 10 0 .128 .150 .231 .381
2010 5 4 4 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 3 0 .000 .000 .000 .000
2012 80 252 223 17 40 5 3 2 57 11 5 8 7 0 21 0 1 61 4 .179 .253 .256 .509
2013 77 287 254 59 88 17 4 16 161 44 7 4 4 0 27 1 2 60 6 .346 .413 .634 1.047
通算:4年 184 587 520 80 133 23 7 19 227 57 13 13 15 0 49 1 3 134 10 .256 .323 .437 .760
  • 2013年度シーズン終了時
  • 横浜(横浜ベイスターズ)は、2012年にDeNA(横浜DeNAベイスターズ)へ球団名変更

年度別守備成績[編集]


二塁 三塁 遊撃
試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率
2009 14 13 41 2 6 .964 - -
2012 - 1 1 1 0 0 1.000 75 90 183 10 28 .965
2013 3 4 4 0 1 1.000 7 4 8 0 0 1.000 62 91 167 10 36 .963
通算 17 17 45 2 7 .969 8 5 9 0 0 1.000 137 181 350 20 64 .965
  • 2013年度シーズン終了時

記録[編集]

その他の記録
  • 月間得点:31(2013年8月) ※球団記録、セリーグ2位タイ、史上4人目

背番号[編集]

  • 63 (2007年 - 2013年)
  • 3 (2014年 - )

登場曲[編集]

  • LGYankees feat. 吉見一星「マジありがとう」

高校時代の戦績[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]