東条文博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東条 文博
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 鹿児島県南さつま市
生年月日 (1944-07-12) 1944年7月12日(74歳)
身長
体重
174 cm
69 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手遊撃手二塁手
プロ入り 1963年
初出場 1965年
最終出場 1975年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

東条 文博(とうじょう ふみひろ、1944年7月12日- )は、鹿児島県日置郡出身の元プロ野球選手である。現役時代のポジションは、内野手。

来歴・人物[編集]

鹿児島実業高校では、三塁手として1961年夏の甲子園に出場。鹿児島実は甲子園初出場であった。1回戦で中京商山中巽林俊彦両投手の継投の前に完封を喫する[1]。卒業後、1963年南海ホークスへ入団。

だがここでは出場機会に恵まれず、1966年無徒史朗とともに金銭トレードでサンケイアトムズに移った。同年は二塁手、遊撃手として起用され、54試合に先発出場を果たすが、打撃面で伸び悩み、その後は出場機会が漸減する。

しかし1969年には、西園寺昭夫が故障で離脱した後を受け、レギュラー遊撃手、一番打者の地位を勝ち取る。同年は打撃が開花し、規定打席には届かなかったが打率.320、17盗塁を記録した。8月17日の広島東洋カープ戦で大羽進からサヨナラ本塁打を放っている[2]。チーム名がヤクルトアトムズに変わった1970年には、チーム17連敗を阻止するサヨナラヒットを放つなど130試合フル出場して28盗塁をマークし、盗塁王を獲得。

1975年ロッテオリオンズに移籍し、同年オフに引退した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1965 南海 14 15 11 3 4 2 0 0 6 0 0 3 1 0 2 0 1 3 0 .364 .500 .545 1.045
1966 サンケイ
アトムズ
ヤクルト
91 212 184 20 38 5 1 0 45 4 5 7 12 0 15 0 1 26 0 .207 .270 .245 .515
1967 79 161 156 19 30 7 1 0 39 6 3 2 0 1 3 0 1 19 0 .192 .213 .250 .463
1968 64 52 44 11 7 1 0 0 8 5 7 3 1 0 7 0 0 10 0 .159 .275 .182 .456
1969 96 313 275 61 88 14 3 3 117 17 13 7 11 0 22 0 5 35 0 .320 .381 .425 .806
1970 130 526 473 48 118 18 3 2 148 23 28 15 20 2 27 1 4 55 4 .249 .296 .313 .609
1971 126 446 394 35 88 14 2 1 109 15 16 10 22 1 23 0 6 33 7 .223 .277 .277 .553
1972 112 385 346 37 84 15 3 1 108 25 15 8 12 5 21 0 1 49 3 .243 .288 .312 .600
1973 125 449 407 35 91 14 2 2 115 28 9 14 13 1 28 0 0 53 6 .224 .274 .283 .556
1974 78 275 248 23 56 10 1 0 68 10 8 7 7 0 19 0 1 35 2 .226 .284 .274 .558
1975 ロッテ 68 100 90 26 20 1 2 1 28 5 4 6 4 1 5 0 0 9 3 .222 .263 .311 .574
通算:11年 983 2934 2628 318 624 101 18 10 791 138 108 82 103 11 172 1 20 327 25 .237 .289 .301 .590
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • サンケイ(サンケイスワローズ)に、1969年にアトムズに、1970年にヤクルト(ヤクルトスワローズ)に球団名を変更

タイトル[編集]

背番号[編集]

  • 68 (1963年 - 1965年)
  • 34 (1966年 - 1967年)
  • 38 (1968年 - 1974年)
  • 30 (1975年)

脚注[編集]

  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  2. ^ 東京ヤクルトスワローズ球団アーカイブサヨナラ本塁打

関連項目[編集]