大羽進

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大羽 進
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都足立区
生年月日 (1940-09-19) 1940年9月19日(79歳)
身長
体重
172 cm
68 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1959年
初出場 1959年
最終出場 1972年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

大羽 進(おおば すすむ、1940年9月19日 - )は、東京都墨田区出身の元プロ野球選手。ポジションは投手

経歴[編集]

中学時代から王貞治と対戦しており、地区大会決勝で対戦するも敗北[1]日本大学第一高校に進学。2年生時にはエースとして1957年夏の甲子園都予選決勝に進み、早稲田実業高の王と投げ合うが完封負けを喫する。しかし翌1958年春季関東大会都予選では早実高を完封、関東大会決勝まで進むが銚子商に惜敗した。夏の都予選では4回戦で敗退、甲子園には出場できなかった。王とは3度対戦したが1勝2敗であった[1][2]

高校卒業後は明治大学に進学する予定だったが、家業のメッキ工場が倒産したこともきっかけになって急遽進学をとり止め、プロ入りする事を決意し、1959年広島カープへ入団した[1][3]

ライバルの王が1年目から活躍する中で大羽は伸び悩んでいたが、1964年5月5日の巨人戦で大羽は先発として登板。この試合は王の5打席連続本塁打の成否がかかっており、広島が初めて王シフトを敷いた試合だった[1]。大羽は打席の王に対して内角球で真っ向勝負し、見事に王をファーストライナーに打ち取り、日本記録達成を阻止した[1]。同年8月20日の巨人戦では、5試合連続で本塁打を打っていた王の記録を止め、初完封勝利した[1]

1965年にフォーム改造に着手し、「フラミンゴ投法」と呼ばれたフォームで翌年には13勝を挙げ、オールスターゲームにも初出場した[1]1972年には金銭トレードで東映フライヤーズに移籍し、この年限りで引退した[1]。巨人戦では通算19勝と滅法強く、巨人キラーとしても活躍した[1]

引退後は不動産会社勤務を経て、都内で兄とともに家業の金属加工関係の会社を再建し経営、60歳まで勤務した[1][3]。その後は母校・日大一高野球部で投手の指導をしている[3]。かつてのライバル・王とは、王の母校・早実の後輩を通じて携帯の電話番号を交換したものの、ほとんど交流は無いという[3]

オーバースローからシュート、カーブ、スローカーブ、フォークボールなどを武器とした。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1959 広島 5 0 0 0 0 1 0 -- -- 1.000 29 7.0 6 0 2 0 0 8 0 0 2 0 0.00 1.14
1960 28 2 0 0 0 0 1 -- -- .000 232 60.0 44 2 22 2 0 37 0 0 17 16 2.40 1.10
1961 52 9 1 0 0 5 7 -- -- .417 507 122.0 114 16 48 8 0 68 2 0 53 49 3.61 1.33
1962 49 12 0 0 0 5 5 -- -- .500 445 100.0 119 10 26 0 0 42 1 0 54 47 4.23 1.45
1963 20 0 0 0 0 0 1 -- -- .000 144 32.1 45 3 7 1 1 13 0 0 27 23 6.27 1.61
1964 47 12 2 1 0 4 6 -- -- .400 453 112.0 92 10 37 5 2 61 1 0 37 33 2.65 1.15
1965 40 11 1 1 0 2 3 -- -- .400 349 86.1 75 7 24 2 0 41 2 0 27 24 2.51 1.15
1966 48 32 10 2 2 13 18 -- -- .419 961 237.2 222 14 50 4 3 160 3 0 95 84 3.18 1.14
1967 35 22 2 1 1 5 14 -- -- .263 581 132.1 161 16 32 2 2 62 1 0 79 65 4.43 1.46
1968 38 18 1 1 1 6 7 -- -- .462 448 110.2 98 14 21 2 2 50 0 0 44 38 3.08 1.08
1969 32 23 1 1 1 3 9 -- -- .250 492 117.1 115 10 30 4 2 48 4 0 52 40 3.08 1.24
1970 15 9 2 2 0 2 6 -- -- .250 171 40.1 38 6 15 0 3 13 0 0 22 21 4.73 1.31
1971 23 5 0 0 0 1 1 -- -- .500 114 25.2 30 5 10 0 1 13 1 0 15 15 5.19 1.56
1972 東映 14 3 0 0 0 1 1 -- -- .500 120 23.0 32 4 18 0 3 18 0 0 18 15 5.87 2.17
通算:14年 446 158 20 9 5 48 79 -- -- .378 5046 1206.2 1191 117 342 30 19 634 15 0 542 470 3.50 1.27
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

背番号[編集]

  • 40 (1959年 - 1960年)
  • 29 (1961年 - 1971年)
  • 47 (1972年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j カープ50年 夢を追って、中国新聞社、1999年11月、P67
  2. ^ 1956年秋季東京大会決勝でも日大一高は早実高の王に完封されたが、大羽は登板していない
  3. ^ a b c d 「世界の王」と中学からのライバル…大羽進さんは一本足打法にフラミンゴ投法で対抗”. デイリースポーツ (2018年7月24日). 2018年8月2日閲覧。

関連項目[編集]