青木実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
青木 実
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県横浜市
生年月日 (1954-06-20) 1954年6月20日(62歳)
身長
体重
176 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1974年 ドラフト5位
初出場 1976年4月3日
最終出場 1985年7月18日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

青木 実(あおき みのる、1954年6月20日 - )は、神奈川県横浜市金沢区出身[1]の元プロ野球選手外野手)。

来歴・人物[編集]

横浜高校から日産自動車に進む。エース長谷川勉を擁し1974年都市対抗に出場するが、1回戦で新日鐵堺山口高志松下電器から補強)に0-1で完封負けを喫する。同年のドラフトで5位の指名を受け、翌1975年暮れにヤクルトスワローズへ入団。

入団時の監督だった広岡達朗に足のスペシャリストとして抜擢され一軍に定着するが[2]、ほとんどが代走・守備固めで、ゲーム終盤にチャーリー・マニエルに代わって登場することが多かった[1]。しかし1981年には外野手のレギュラーであった若松勉ジョン・スコットがシーズン開始から間もなく立て続けに故障。5月末から一番打者、中堅手として69試合に先発出場(通算打席の半分近く、通算安打の半分以上をこのシーズンに記録)を果たす。同年は34盗塁で松本匡史を抑え盗塁王に輝いた。

しかし、打撃が弱かったためレギュラーに定着できず、以後のシーズンは成績が尻すぼみとなり、1985年のシーズン終了後現役を引退した。引退後はスポーツ用品販売会社に就職した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1976 ヤクルト 27 41 37 4 7 1 1 0 10 2 0 0 1 0 3 0 0 12 1 .189 .250 .270 .520
1977 15 0 0 6 0 0 0 0 0 0 1 2 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1978 91 28 26 17 5 0 0 0 5 0 15 3 1 0 1 0 0 5 0 .192 .222 .192 .414
1979 68 42 36 8 5 0 0 0 5 1 3 2 3 0 3 0 0 14 1 .139 .205 .139 .344
1980 62 27 25 13 4 0 0 0 4 0 6 5 1 0 1 0 0 9 1 .160 .192 .160 .352
1981 104 306 282 44 75 11 4 1 97 16 34 12 7 2 12 0 3 53 3 .266 .301 .344 .645
1982 86 140 129 21 31 5 1 1 41 7 7 2 1 1 9 1 0 19 2 .240 .287 .318 .605
1983 71 36 31 17 5 0 0 0 5 0 11 2 3 0 2 0 0 4 1 .161 .212 .161 .373
1984 26 12 8 4 0 0 0 0 0 0 2 4 2 0 2 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
1985 8 3 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
通算:10年 558 635 577 137 132 17 6 2 167 26 79 32 19 3 33 1 3 119 9 .229 .274 .289 .563
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 50 (1976年 - 1985年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『週刊ベースボール』 2001年12月17日号、126頁。
  2. ^ 【10月5日】1981年(昭56) 代走・青木実 ライバルの前で盗塁王ほぼ確定

関連項目[編集]