金山次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
金山 次郎
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県北九州市
生年月日 1922年7月19日
没年月日 (1984-03-30) 1984年3月30日(61歳没)
身長
体重
169 cm
62 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手遊撃手三塁手
プロ入り 1943年
初出場 1943年
最終出場 1957年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 広島カープ (1957 - 1961)

金山 次郎(かなやま じろう、1922年7月19日 - 1984年3月30日)は、福岡県出身のプロ野球選手

経歴[編集]

豊国商業(現豊国学園高)から1943年名古屋軍へ入団。

1944年に3本で本塁打王を獲得。

1948年に球団代表の赤嶺昌志が辞任に追い込まれると、後を追って藤本英雄小鶴誠加藤正二古川清蔵三村勲野口正明岩本章井上嘉弘藤原鉄之助らと共に退団し、永田雅一が結成した大映球団に所属し大映球団が東急フライヤーズに合流する形で急映フライヤーズに移籍した。

1949年金星スターズが永田雅一によって買収され大映スターズとなり、そのチームに小鶴誠らと共に移籍。

1950年、2リーグが分裂で赤嶺昌志のセ・リーグ総務の就任に伴いセントラル・リーグ松竹ロビンスに小鶴誠、三村勲と共に移籍。この年、三村勲との1・2番コンビ、小鶴誠・岩本義行大岡虎雄のクリーンナップトリオで水爆打線と呼ばれた強力打線を形成し、セ・リーグの初代チャンピオンとなった。また自らは74盗塁で初の盗塁王を獲得、この74盗塁は1948年度河西俊雄南海)の66盗塁を上回る新記録だったが、同じ年に木塚忠助(南海)が78盗塁を記録したため、セ・リーグ記録にとどまった。しかし1983年松本匡史(巨人)に76盗塁で破られるまでのセ・リーグ記録であり、現在でもセ・リーグ歴代第2位の記録である。また、単打142本は千葉茂の記録を更新する当時の日本プロ野球記録だった[1]

1952年、63盗塁で2度目の盗塁王を獲得。

1953年石本秀一に要請され、小鶴誠・三村勲・片山博と共に広島カープに移籍。ここでも一番打者、二塁手として活躍し、58盗塁で3度目の盗塁王を獲得、広島カープの走る野球の原点となり、人情味あふれる人柄もあわせて「金山が広島を変えた」と言われた。

1955年8月、史上初となる400盗塁を達成。1957年に内野守備コーチ兼任となる。同年シーズン限りで現役引退し、引き続き1958年から1961年まで広島の内野守備走塁コーチを務めた。

1962年中国放送の野球解説者となり、1975年のカープ初優勝を果たした試合での解説は、ファンの語り草となっている。 歓喜と熱意で迎えてくれた広島を愛し続けた。1980年からは日刊スポーツ野球評論家も務めた。

1984年3月30日、心不全のため逝去。享年61。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1943 名古屋
産業
中部日本
中日
67 257 231 11 44 5 1 0 51 13 4 4 13 -- 13 -- 0 28 -- .190 .234 .221 .454
1944 35 149 131 17 32 3 1 3 46 11 10 3 1 -- 17 -- 0 9 -- .244 .331 .351 .682
1946 82 307 270 40 76 9 3 2 97 14 18 9 10 -- 26 -- 1 31 -- .281 .347 .359 .706
1947 118 497 448 58 109 12 8 2 143 29 34 14 10 -- 35 -- 4 37 -- .243 .304 .319 .623
1948 急映 119 502 468 51 110 10 2 2 130 22 35 15 7 -- 27 -- 0 35 -- .235 .277 .278 .555
1949 大映 49 107 100 9 21 4 1 0 27 5 3 0 3 -- 4 -- 0 8 -- .210 .240 .270 .510
1950 松竹 137 646 594 104 185 26 10 7 252 67 74 13 7 -- 43 -- 2 61 5 .311 .360 .424 .784
1951 109 522 473 83 127 18 3 4 163 36 42 14 11 -- 38 -- 0 39 3 .268 .323 .345 .668
1952 117 510 483 48 115 18 5 3 152 22 63 20 2 -- 23 -- 2 43 5 .238 .276 .315 .590
1953 広島 117 521 462 72 109 19 2 5 147 27 58 16 5 -- 49 -- 5 47 7 .236 .316 .318 .634
1954 104 452 405 48 91 19 0 7 131 31 33 11 10 1 30 -- 5 47 3 .225 .286 .323 .610
1955 119 527 494 50 119 15 3 8 164 29 41 13 9 1 21 0 2 45 3 .241 .275 .332 .607
1956 108 436 402 24 82 8 2 0 94 15 18 17 7 5 20 0 2 47 4 .204 .245 .234 .479
1957 85 341 304 33 61 9 1 2 78 17 23 2 11 1 25 0 0 48 0 .201 .261 .257 .518
通算:14年 1366 5774 5265 648 1281 175 42 45 1675 338 456 151 106 8 371 0 23 525 30 .243 .296 .318 .614
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 名古屋(名古屋軍)は、1944年に産業に、1946年に中部日本に、1947年に中日(中日ドラゴンズ)に球団名を変更

タイトル[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 29 (1943年、1946年 - 1947年、1950年 - 1952年)
  • 17 (1944年)
  • 7 (1948年)
  • 8 (1949年)
  • 6 (1953年)
  • 1 (1954年 - 1958年)
  • 64 (1959年 - 1961年)

関連情報[編集]

出演番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日外アソシエイツ刊 森岡浩編「プロ野球人名事典」333ページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]