大岡虎雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大岡 虎雄
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県
生年月日 (1912-03-28) 1912年3月28日
没年月日 (1975-08-23) 1975年8月23日(63歳没)
身長
体重
177 cm
79 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手
プロ入り 1949年
初出場 1949年
最終出場 1951年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

大岡 虎雄(おおおか とらお、1912年3月28日 - 1975年8月23日[1])は、福岡県出身のプロ野球選手内野手)。

来歴・人物[編集]

豊国中学(現豊国学園高)を経て、社会人野球の強豪・八幡製鐵所で四番打者として、八幡の虎の異名をとる[1]1931年日米野球で、下関長府球場での試合に出場し、ラリー・フレンチ投手(ピッツバーグ・パイレーツ)から2本の本塁打を放った[2]

1935年東京巨人軍にスカウトされたが、八幡製鐵所に残留した。

都市対抗野球大会には11回出場し、通算5本塁打を放つ。この記録は大会記録として、1976年高梨英夫大昭和製紙北海道)に更新されるまで、38年間破られなかった[3]

1949年大映スターズに助監督兼選手として入団[1]。普通の選手なら引退を考えるような年齢である37歳での入団ではあったが、1.2キロのバットで26本の本塁打を放ち111打点を稼いだ[1]。同年に記録した111打点は、新人選手の打点記録としては1位であり、新人選手が3桁の打点を記録したのも大岡のみである。また、26本塁打も新人選手の本塁打記録としては歴代5位である。

1950年松竹ロビンスに助監督兼選手として移籍。岩本義行小鶴誠とのクリーンナップトリオで水爆打線と呼ばれた強力打線を形成し、34本の本塁打・109打点の好成績でチームのセ・リーグの初代チャンピオンに貢献した[1]

1951年途中退団[1]。1975年8月23日死去[1]享年63。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1949 大映 121 519 470 68 128 26 1 26 234 111 3 2 0 -- 47 -- 2 84 -- .272 .341 .498 .839
1950 松竹 135 607 552 86 155 18 1 34 277 109 6 3 0 -- 53 -- 2 78 19 .281 .346 .502 .848
1951 19 75 66 6 16 5 0 1 24 10 0 1 0 -- 9 -- 0 14 1 .242 .333 .364 .697
通算:3年 275 1201 1088 160 299 49 2 61 535 230 9 6 0 -- 109 -- 4 176 20 .275 .343 .492 .835
  • 各年度の太字はリーグ最高

背番号[編集]

  • 4 (1949年)
  • 11 (1950年 - 1951年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、97ページ
  2. ^ 「日米野球80年史 1934ー2014」ベースボール・マガジン社
  3. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟毎日新聞社