齋藤俊介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
齋藤 俊介
横浜DeNAベイスターズ #24
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県佐倉市
生年月日 (1994-01-07) 1994年1月7日(25歳)
身長
体重
176 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2017年 ドラフト4位
年俸 950万円(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

齋藤 俊介(さいとう しゅんすけ、1994年1月7日 - )は、横浜DeNAベイスターズに所属する千葉県佐倉市出身のプロ野球選手投手)。右投右打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

千代田小学校時代から軟式野球を始めると、臼井南中学校時代には佐倉ボーイズに所属。成田高等学校2年時の夏に、全国高等学校野球選手権千葉大会でのチーム20年振りの優勝を経て、第92回全国高等学校野球選手権大会にも控え投手としてベンチ入りを果たした。チームは58年振りに準決勝へ進出したが、自身の登板機会はなかった。3年時にエースとして夏の選手権千葉大会に臨んだが、千葉県立館山総合高等学校との4回戦で延長15回サヨナラ負けを喫した[2]

立教大学では、1年時の東京六大学春季リーグ戦から中継ぎで登板[3]。1年の秋季リーグ戦から先発へ転向すると、東京大学とのリーグ最終戦で初勝利を挙げた。2年の春季のリーグ戦では、6試合に先発。3勝2敗、防御率1.13という成績で、最優秀防御率のタイトルを獲得した[4]。同年秋の対法大戦では初完投初完封勝利を収めた[5]。その後に右肩痛を発症したため、3年の秋季リーグから2季連続で未勝利に終わったが、4年の秋季リーグ戦ではストレートで最速146km/hを計測する[6]ほど復調。ただし、プロ志望届日本学生野球協会へ提出するまでには至らず、卒業後にJX-ENEOSへ入社した。

JX-ENEOSでは、1年目の2016年から公式戦に出場。三菱日立パワーシステムズ(MHPS)の補強選手として出場した第87回都市対抗野球大会では、日本生命との初戦で、ストレートが自己最速の149km/hを計測した。秋の第42回社会人野球日本選手権大会では、JX-ENEOSの投手として、NTT西日本との初戦で先発に起用。敗戦投手になったが、8回途中まで1失点と好投した。2年目の2017年には、第88回都市対抗野球大会で、前年の大会に続いてMHPSの補強選手として出場。救援で2試合に登板した。

2017年のNPBドラフト会議で、横浜DeNAベイスターズから4巡目で指名。契約金5,000万円、年俸950万円(金額は推定)という条件で入団した[7]。背番号は24

プロ入り後[編集]

2018年には、春季キャンプのスタートを一軍で迎えた直後から、右肘に炎症を発症[8]。後に右肩も痛めたため、シーズン中の7月2日にクリーニング手術を受けた[9]。手術後もリハビリに専念したことから、一・二軍とも実戦登板の機会がなかったが、シーズン後の11月からはキャッチボールを再開した[10]

2019年には、春季キャンプを二軍で過ごしたが、2月25日中日ドラゴンズとの練習試合でプロ入り後初めての実戦登板に漕ぎ着けた[10]

プレースタイル・人物[編集]

最速149km/h、常時140km/hのストレートと、縦のスライダーが武器。他にスプリット、カーブ、チェンジアップを投げる。

新人研修の場で「活躍して女子アナに振り向いてもらえるようにしたい」と宣言したり[11]、ファンフェスティバルでひょっこりはんのマネをしたりするなど[12]、お茶目な一面をもつ。

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 24 (2018年 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ DeNA - 契約更改 - プロ野球. 日刊スポーツ. 2019年1月12日閲覧。
  2. ^ 激闘15回、成田散る 千葉大会16強出そろう”. 朝日新聞社 (2011年7月19日). 2019年1月4日閲覧。
  3. ^ 野球部~齋藤俊介 インタビュー~”. 立教スポーツ編集部. 2019年1月4日閲覧。
  4. ^ 最優秀防御率|野球部紹介”. 立教大学野球部. 2019年1月4日閲覧。
  5. ^ 立大 斎藤 法大料理 94球9K自身初完封”. スポーツニッポン (2013年9月23日). 2019年1月4日閲覧。
  6. ^ 立大・斎藤俊が8回0封、連敗止める”. デイリースポーツ (2015年10月12日). 2019年1月4日閲覧。
  7. ^ DeNA4位斎藤が汗だく仮契約「持ち味は汗です」”. 日刊スポーツ (2017年11月10日). 2019年1月4日閲覧。
  8. ^ DeNA4位斎藤、右肘炎症で二軍へ 福地が一軍に”. 日刊スポーツ (2018年2月2日). 2019年1月4日閲覧。
  9. ^ 齋藤俊介選手の手術について | 横浜DeNAベイスターズ” (2018年7月2日). 2019年1月4日閲覧。
  10. ^ a b DeNA2年目・斎藤“プロ初登板”をラミレス監督称賛「いいものを見られた」”. スポーツニッポン (2019年2月25日). 2019年2月25日閲覧。
  11. ^ DeNA・D4斎藤が珍宣言!?「活躍して女子アナに振り向いてもらう」”. サンケイスポーツ (2018年1月20日). 2019年1月4日閲覧。
  12. ^ 【DeNA】1年目・斎藤投手がノリノリ「ひょっこりはん」”. スポーツ報知 (2018年11月23日). 2019年1月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]