笠井崇正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
笠井 崇正
横浜DeNAベイスターズ #94
171129 Takamasa Kasai.jpg
育成選手時代
(2017年11月29日、台中インターコンチネンタル野球場にて)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 北海道旭川市
生年月日 (1994-08-07) 1994年8月7日(24歳)
身長
体重
179 cm
93 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り BCL / 2015年 ドラフト2位[1]
NPB / 2016年 育成選手ドラフト1位
初出場 NPB / 2018年10月1日
年俸 440万円(2019年)[2]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

笠井 崇正(かさい たかまさ、1994年8月7日 - )は、横浜DeNAベイスターズに所属する北海道旭川市出身のプロ野球選手投手)。右投右打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

旭川市立共栄小学校3年時から軟式野球を始めると、東陽中学校時代には軟式野球部に所属していた。

旭川西高校への進学後に硬式野球部へ入ると、2年時の春からベンチ入り。夏の選手権大会では、旭川支部の予選を勝ち抜いた末に、チーム44年振りの北北海道大会出場を果たした[3]。3年時の春には、チーム史上初めて全道大会へ出場すると、野球部創部後の対外試合では初めての完封勝利(9回5安打11奪三振)を1回戦で達成した[4]。後に2回戦まで進出したが、在学中には春夏共に、阪神甲子園球場での全国大会へ出場できなかった。

旭川西高校から一般入試で早稲田大学スポーツ科学部に進学すると、硬式野球部へ入部したが、わずか2日で退部。退部後も学内の硬式野球サークル「Y.R.B.C.(Yazawa Regulation Baseball Club)」[5]に所属しながら、アルバイトながら小学生向けの野球教室でコーチを務めるなど、趣味の範囲で野球を続けた[6]。また、大学の研究の一環として投球フォームを研究した結果、大学3年時の2015年に登板した旭川西高校のOB戦で141km/hをマーク。1・2年時に講義を担当した谷沢健一客員教授(元・中日ドラゴンズ内野手)の勧め[7]で2015年11月にベースボール・チャレンジ・リーグ(BCリーグ)のトライアウトを受験したところ、ストレートで最速146km/hを計測した[8]。翌12月のBCリーグドラフト会議で、信濃グランセローズから2巡目で指名。早稲田大学に在籍したまま入団した。背番号は「20」。日本国内の独立リーグに加盟する球団へ現役の大学生が選手として入団した[注 1]事例は、この時の笠井が初めてであった。

BCリーグ・信濃時代[編集]

2016年、リーグ戦の前期から登板。前・後期を通じて、中継ぎや抑えで35試合に登板すると、3勝1敗1セーブ、防御率2.43という成績を残した。後期リーグ戦では、9月11日の対福井ミラクルエレファンツ戦(中野市営野球場)へ登板中に、自己最速の151km/hを計測した[8]

2016年のNPB育成ドラフト会議で、横浜DeNAベイスターズから1巡目で指名。支度金300万円、年俸360万円(金額は推定)という条件で、育成選手として入団した[9]。入団当初の背番号は「105」。2017年3月に、早稲田大学を卒業した。

DeNA時代[編集]

2017年、春季キャンプのスタートを二軍で迎えながらも、キャンプ期間中に一軍の紅白戦や練習試合へ登板。通算3試合で、5イニングを投げて、9奪三振無失点という好結果を残した[10]。この結果に対して、一軍監督のアレックス・ラミレスは「ビッグインパクトを残してくれた」との表現で笠井を高く評価した[11]。「リリーフとして戦力になるためには、連投をこなせるだけの体力が必要」という高田繁ゼネラルマネジャーの判断で、シーズン中の支配下選手登録は見送られた[12]が、イースタン・リーグ公式戦には25試合の登板で3勝3敗2セーブ、防御率3.72をマーク。シーズン終了後にNPBイースタン選抜の一員[13]として派遣された台湾アジアウインターベースボールリーグでは、救援で登板した10試合をすべて無失点で凌いだ[14]

2018年、春季キャンプ前の1月12日に、育成契約から支配下選手契約へ移行することが発表された。移行後の背番号は「94[15][16]。春季キャンプのスタートを一軍で迎えた[14]が、シーズン中は二軍で過ごし、24試合のリリーフ登板で、防御率3.91を記録。シーズン終盤の9月末に一軍に昇格すると、10月1日にプロ初登板を果たした。

選手としての特徴・人物[編集]

最速で153km/hを計測したストレート[14]と、スライダーが武器のオーバースローチェンジアップカーブも投げられる。

DeNAへの入団1年目には、リリースポイントが安定しないことや、トップを立てるタイミングが遅いことを二軍の首脳陣から指摘されていた。このため、前述したアジアウィンターベースボールリーグからは、テークバックがほとんどない投球フォームに改造。塁上の走者に向けて捕手が送球するような変則フォームで、リリースポイントの安定や球速の向上につなげた[14]

かつて日本ハムファイターズで外野手から球団社長補佐まで務めた信濃グランセローズ会長の三沢今朝治は、「半年のトレーニングで150km/hを投げられる身体能力の高さ」「未だ成長途上であること」「自ら考えたことを行動に移して、その行動で結果を残すこと」を笠井の強みに挙げている[8]。笠井自身は、その信濃へ入団してからも、早稲田大学スポーツ科学部の学生としてクイックモーションに関する卒業論文を執筆[14]。DeNA1年目のチームメイトで、クイックモーションに定評のある久保康友を参考にしながら、自身の研究結果をプレーに反映させている[17]

錦織圭に似た顔立ちで、笠井自身もそのことを認めている[18]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2018 DeNA 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 12 3.0 0 0 4 1 0 3 0 0 0 0 0.00 1.33
NPB:1年 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 12 3.0 0 0 4 1 0 3 0 0 0 0 0.00 1.33
  • 2018年度シーズン終了時

記録[編集]

NPB初記録
投手記録
打撃記録

背番号[編集]

  • 20 (2016年)
  • 105 (2017年)
  • 94 (2018年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 日本学生野球協会に加盟する大学の硬式野球部へ入学当初から所属していないか、入学後に所属していた野球部を通じて協会へ退部届を提出していれば、現役の大学生が大学に籍を置いたまま選手として日本国内の独立リーグ球団へ所属することが制度上認められている。ただし、NPBドラフト会議での指名対象選手になるためには、会議の前にプロ志望届を協会へ提出することも求められる。

出典[編集]

  1. ^ 建通エンジニアリングpresents2015ドラフト会議 指名選手一覧 (PDF)”. BCリーグ (2015年11月28日). 2017年11月1日閲覧。
  2. ^ DeNA - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2018年11月11日閲覧。
  3. ^ 地区代表31校決まる 旭川はすべて公立 高校野球”. 朝日新聞 (2011年7月4日). 2017年6月21日閲覧。
  4. ^ 旭川西高東京同窓会.jp. “おめでとう!!63期 笠井 崇正 (かさい・たかまさ) 投手”. 2017年6月21日閲覧。
  5. ^ Y.R.B.C.(早大硬式野球サークル) [@yrbc2012] (2015年11月28日). "当サークルの笠井崇正投手(スポ科3年)が..." (ツイート). Retrieved 2018年1月17日 – via Twitter.
  6. ^ 一度は諦めたNPBへの再挑戦 ~信濃グランセローズ・笠井崇正~”. THE BORDERLESS (2016年6月30日). 2017年6月21日閲覧。
  7. ^ 大学と独立リーグの二刀流 DeNA・笠井 元中日の谷沢さんの一言から全ては始まった”. BASEBALL KING (2018年1月12日). 2016年12月12日閲覧。
  8. ^ a b c VOL.7 笠井 崇正(信濃グランセローズ)投手#20 | BCリーグドラフト 2016 for NPBドラフト会議”. ルートインBCリーグ. 2017年6月21日閲覧。
  9. ^ 早大野球部を2日で退部 信州で育った道産子 DeNA育成1位・笠井崇正投手”. 産経新聞 (2016年12月30日). 2017年9月13日閲覧。
  10. ^ DeNA育成D1・笠井、勢い止まらん3戦5回9K!”. サンケイスポーツ (2017年2月22日). 2017年6月21日閲覧。
  11. ^ DeNA育成笠井2回完全!浅野コーチ手紙に応えた”. 日刊スポーツ (2017年2月15日). 2017年6月21日閲覧。
  12. ^ DeNA育成ドラフト1位笠井、なぜ早大野球部を2日で退部したのか…OB記者に語った胸の内”. スポーツ報知 (2017年2月27日). 2017年6月21日閲覧。
  13. ^ a b 2017アジアウインターベースボールリーグ(AWB)NPBメンバー一覧”. NPB.jp (2017年11月17日). 2017年11月19日閲覧。
  14. ^ a b c d e DeNA2年目 笠井、中継ぎの鬼になる 変則“捕手投げ”で進化”. スポーツニッポン (2018年2月4日). 2018年2月4日閲覧。
  15. ^ 笠井崇正選手 支配下選手として契約が決定”. 横浜DeNAベイスターズ (2018年1月12日). 2018年1月12日閲覧。
  16. ^ 2018年度 支配下選手登録(横浜DeNAベイスターズ) | 2018年度公示 | NPB.jp 日本野球機構”. 日本野球機構 (2018年1月31日). 2018年1月31日閲覧。
  17. ^ DeNA笠井は異色 早大2日で退部もBCからプロ”. 日刊スポーツ (2017年1月15日). 2017年6月21日閲覧。
  18. ^ 背番号105にラミ監督衝撃 育成ドラ1笠井なで斬り4連続K”. スポーツニッポン (2017年2月16日). 2017年6月21日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]