木村優太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
木村 優太 (木村 雄太)
Kimura yuta.jpg
2013年7月18日、こまちスタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 秋田県鹿角市
生年月日 (1985-05-21) 1985年5月21日(31歳)
身長
体重
190 cm
93 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2008年 ドラフト1位
初出場 2011年8月24日
年俸 930万円(2016年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

木村 優太(きむら ゆうた、本名:木村 雄太(読み同じ)、1985年5月21日 - )は、秋田県鹿角市出身のプロ野球選手投手)。NPBでは、千葉ロッテマリーンズに在籍していた2013年から、木村 優太という登録名を用いている。

来歴・人物[編集]

プロ入り前[編集]

小学4年生の時に野球を始めると、鹿角市立花輪第二中学校時代は投手と一塁手を経験。

秋田経済法科大学付属高等学校(現在の明桜高等学校)では3年生になって背番号「1」を与えられたが、県大会はベスト8止まりで、甲子園出場はできなかった。しかし、長身を生かした角度のある速球が注目を集め、“和製ランディ”の異名も付いた。

2003年のドラフトでは、早くから広島東洋カープに1巡目指名を確約されていたが、社会人野球の東京ガスに入部。2005年まで成績を残せなかったが、第76回都市対抗野球大会NTT東日本の補強選手に選ばれた。

翌2006年には日本代表にも選ばれた。同年のドラフトでは横浜・楽天・ロッテの3球団が獲得を目指したが、木村は在京パ球団への入団を希望[1]。しかし、当日横浜がウェーバー順で先に大学・社会人枠の3巡目で強行指名した。直後に横浜は大矢明彦監督ら総勢10名で木村に挨拶に出向いたが、「来たからってどうのこうのはない」と面会を拒否し、「来年になったら(希望入団枠クラスの)選手がいないのも知ってる」と残留を示唆した[2]。結局契約には至らず、2007年1月に横浜は交渉を打ち切り、木村の獲得断念を発表した。

同年3月、西武ライオンズが、高校時代から「栄養費」として現金270万円を渡していたことが発覚した(裏金#日本プロ野球参照)。日本野球連盟は、木村を3月18日から1年間の謹慎と対外試合出場禁止、東京ガスにも5月下旬の都市対抗予選前までの公式戦出場禁止とした。しかし、木村が十分に反省しているなどの理由から、2008年3月1日以降の試合出場が許され、謹慎も解かれた。

2008年第79回都市対抗野球大会ではJR東日本の補強選手に選ばれ、1回戦で勝利投手となった。なお、この試合ではマウンドを降りてそのまま一塁手のポジションに入ったが、再びマウンドに戻ることはなく次の投手が1人を討ち取ったあと守備固めの選手と交代している。同年秋のドラフト千葉ロッテマリーンズから1位指名を受け入団。

ロッテ時代[編集]

投球フォーム

2011年8月24日、対福岡ソフトバンクホークス戦で一軍初登板を果たし、1イニングながら強打者の内川聖一アレックス・カブレラから三振を奪うなど能力の高さを見せつけた。 最終的には13試合に登板し、防御率3.38の成績を残した。

2013年シーズンより、登録名を木村 優太(読みは本名と同じ)に変更[3]したが、これは2012年のオフに見てもらった占い師からの助言による[4]

2015年4月8日、対オリックス・バファローズ2回戦(京セラドーム大阪)に先発登板し、5回を4安打1失点に抑え、プロ入り7年目にして初勝利を挙げた[4]

同年12月5日、秋田県大館市で開催されたシンポジウム「夢の向こうにin秋田」(日本野球機構日本プロ野球選手会日本高野連主催)に、同じ県内出身・ゆかりの東北楽天後藤光尊選手、ヤクルト石山泰稚投手、DeNA砂田毅樹投手を含めた8人の選手とともに参加し、県内32校272人の高校生に野球指導を行った[5][6]

2016年には、一軍公式戦6試合の登板で、0勝1敗、防御率4.22をマーク。しかし、10月1日に球団から戦力外通告を受けた[7]。12月2日、自由契約公示された[8]

ロッテ退団後[編集]

NPB他球団での現役続行を希望していることから、2016年11月12日には、阪神甲子園球場で開催の12球団合同トライアウトに参加。シートバッティング形式で打者3人と対戦したが、二塁打1本を含む2安打を許した[9]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2011 ロッテ 13 0 0 0 0 0 1 0 1 .000 61 16.0 12 0 3 0 0 10 0 0 6 6 3.38 0.94
2012 4 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 31 6.2 7 1 3 0 1 7 0 0 3 3 4.05 1.61
2014 19 2 0 0 0 0 1 0 0 .000 177 37.0 48 4 19 0 2 24 0 0 23 22 5.35 1.81
2015 5 4 0 0 0 1 3 0 0 .250 82 17.1 23 2 8 0 1 7 2 0 16 15 7.79 1.79
通算:4年 41 6 0 0 0 1 5 0 1 .167 351 77.0 90 7 33 0 4 48 2 0 58 56 5.38 1.60
  • 2015年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 34 (2009年 - 2016年)

登録名[編集]

  • 木村 雄太(きむら ゆうた、2009年 - 2012年)
  • 木村 優太(上同、2013年 - )

日本代表キャリア[編集]

登場曲[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 東京ガス木村ロッテを希望,日刊スポーツ.2006年11月7日
  2. ^ 横浜強行指名の木村 大矢監督面会拒否,スポニチ,2006年11月22日
  3. ^ 木村投手 登録名変更のお知らせ”. 千葉ロッテマリーンズオフィシャルサイト (2012年1月17日). 2013年1月17日閲覧。
  4. ^ a b 入団拒否、栄養費、改名…ロッテ木村「長かった」7年目の初勝利 スポニチ 2015年4月9日
  5. ^ (秋田)高校球児にプロが技伝授 「夢の向こうに」シンポ”. 朝日新聞社 (2015年12月6日). 2016年3月14日閲覧。
  6. ^ 「夢の向こうに」に楽天後藤ら9人「少しでも力に」”. 日刊スポーツ新聞社 (2015年12月5日). 2016年3月14日閲覧。
  7. ^ 来季契約について”. 千葉ロッテマリーンズ公式サイト (2016年10月1日). 2016年10月1日閲覧。
  8. ^ 自由契約選手|2016年度公示”. NPB.jp 日本野球機構 (2016年12月2日). 2016年12月3日閲覧。
  9. ^ “65人が参加/12球団合同トライアウト詳細”. 日刊スポーツ. (2016年11月12日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1736002.htmlv 2016年11月13日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]