吉田真史 (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
吉田 真史
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 群馬県館林市
生年月日 (1990-04-08) 1990年4月8日(28歳)
身長
体重
180 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 内野手
プロ入り 2008年 育成選手ドラフト7位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

吉田 真史(よしだ まさし、1990年4月8日 - )は、群馬県館林市出身の元プロ野球選手内野手育成選手)。

来歴[編集]

2008年夏の高校野球群馬県大会では、エース兼主将として同校のベスト8進出に貢献。恵まれた体格から繰り出される打撃と俊足を買われ、2008年のドラフト会議で、千葉ロッテマリーンズから育成選手7巡目で指名。

2009年シーズンは二軍でも2試合の出場にとどまる。2010年には、二軍で25試合に出場するも、打率.129に終わった。2011年は、二軍で36試合に出場したが打率.212と低打率にあえいだ。同年10月9日、戦力外通告を受ける[1]

2012年からは、社会人野球全足利クラブでプレーすることが決まった[2]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 133 (2009年 - 2011年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 戦力外通告のお知らせ - 千葉ロッテマリーンズ・オフィシャルサイト(2011年10月9日)
  2. ^ 全足利クラブ、今季陣容固まる 即戦力6人が新加入”. 2012年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年2月24日閲覧。 - 下野新聞(2012年2月23日)

関連項目[編集]