鬼崎智史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鬼崎 智史
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 佐賀県佐賀市
生年月日 (1980-11-09) 1980年11月9日(39歳)
身長
体重
180 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

鬼崎 智史(おにざき ともちか、1980年11月9日 - )は、佐賀県佐賀市出身の元社会人野球の選手(外野手)。かずさマジックに所属していた。実弟は鬼崎裕司

人物・来歴[編集]

佐賀商高卒業後、九州共立大学へ進学。このときのチームメイトに新垣渚がおり、いわゆる松坂世代である。九州共立大では4番を打ち、大学選手権の出場経験を持つ。

大学卒業後、新日鐵君津から広域複合企業チームとして衣替えしたかずさマジックに入団、かずさ1期生となる。同期入部には和田貴範らがいる。
入部1年目から俊足・強肩・巧打でレギュラーに定着、たちまち外野の一角を担うこととなる。第74回都市対抗野球大会2003年)の1回戦、対西濃運輸戦で、中ノ瀬幸泰投手から先頭打者ホームランを放ち、華々しい全国デビューを飾る。

その後、主にクリーンアップを任されるが、攻撃的布陣を組むときは1番を務めることもある。外野手としての守備力は平均的。2004年以降、かずさマジックは都市対抗野球大会の出場を逃しているが、鬼崎は主にその打撃力を買われ、2004年にはJFE東日本2006年にはホンダの補強選手として本大会に出場している。

第16回IBAFインターコンチネンタルカップ日本代表に選出される。鬼崎にとって初の日本代表であるとともに、チームが「かずさマジック」になってから初の代表選手輩出であった。しかし、台湾入りしてから鬼崎は極度の打撃不振に陥り、9試合(全試合)に出場し1本塁打を放つものの、打率.121で、1番打者としての役割を担うことができなかった。

2011年の都市対抗野球予選敗退をもって現役を引退。現在は所属企業(新日鉄住金化学)で社業に就いている。

日本代表キャリア[編集]

関連項目[編集]