小川将俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小川 将俊
中日ドラゴンズ 二軍バッテリーコーチ #73
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 埼玉県さいたま市
生年月日 (1979-01-18) 1979年1月18日(38歳)
身長
体重
187 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2003年 ドラフト8巡目
初出場 2004年7月20日
最終出場 2009年10月3日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 中日ドラゴンズ (2015 - )

小川 将俊(おがわ まさとし、1979年1月18日 - )は、埼玉県さいたま市出身の元プロ野球選手捕手)。2017年現在は中日ドラゴンズで二軍バッテリーコーチを務めている。

来歴・人物[編集]

プロ入り前[編集]

浦和学院高等学校では、高校3年時に春夏の甲子園に出場。三浦貴とバッテリーを組んだ。その後、東洋大学へ進学しても同じ三浦とバッテリーを組んだ。大学4年時には正捕手として11季ぶりのリーグ優勝に貢献。卒業後は日本通運硬式野球部へ進む。

その後、2003年のドラフト中日ドラゴンズから8位指名を受けて入団。指名に至った経緯として、就任直後の落合博満監督からの「即戦力捕手獲得」という強い要望で獲得が決まったと言われている。

プロ入り後[編集]

2004年8月15日の対ヤクルトスワローズ戦で初の先発マスクを経験し、また2安打も放っている。

しかし、2005年から2007年にかけて一軍出場機会がなく、またファームでも2007年に加入した田中大輔と被ることが多く、立場が厳しいものとなった。

2008年は3番手だった清水将海が怪我で出遅れたこともあって開幕一軍メンバー入りを果たすが、主に代走として登場することが多かった。結果プロ入り最多の13試合に出場するも打率.182と良い結果を残すことはできなかった。

2009年も、ほとんどをファームで過ごすが、二番手であった小山桂司に代わってクライマックスシリーズでベンチ入りを果たす。しかし、オフの11月2日戦力外通告を受け、中日のブルペン捕手打撃投手兼任)に転身した。

2014年10月4日に中日の二軍バッテリーコーチへの就任が発表された[1]

2016年3月28日、開幕3試合にして、一軍捕手コーチだった小山良男と入れ替わる形で一軍バッテリーコーチに配置転換されることになった[2]

2017年は再び二軍バッテリーコーチに戻る。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2004 中日 5 6 6 0 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .333 .333 .333 .667
2008 13 11 11 0 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .182 .182 .182 .364
2009 5 3 3 1 1 0 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .333 .333 .333 .667
通算:3年 23 20 20 1 5 0 0 0 5 1 0 0 0 0 0 0 0 6 0 .250 .250 .250 .500

年度別守備成績[編集]


捕手
試合 刺殺 補殺 失策 併殺 捕逸 守備率 企図数 許盗塁 盗塁刺 阻止率
2004 5 16 0 0 0 1.000 0 0 0 -
2008 8 31 3 0 0 0 1.000 4 4 0 .000
通算 13 47 3 0 0 0 1.000 4 0 0 .000

記録[編集]

背番号[編集]

  • 59 (2004年 - 2009年)
  • 107 (2010年 - 2013年)
  • 98 (2014年)
  • 73 (2015年 - )

脚注[編集]

関連項目[編集]