高塚信幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「髙塚信幸」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
髙塚 信幸
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 和歌山県和歌山市
生年月日 1979年8月2日(36歳)
身長
体重
183 cm
88 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手捕手内野手[1][2]
プロ入り 1997年 ドラフト7位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

髙塚 信幸(たかつか のぶゆき、1979年8月2日[1] - )は、和歌山県和歌山市出身の元プロ野球選手内野手)。

来歴・人物[編集]

小学校1年生の頃から野球を始め、当初は捕手だった[1]。中学時代は和歌山シニア[1]に所属し、その頃より投手に転向する[1]

智辯和歌山高では2年からエースとして活躍。1996年春の甲子園では合計5試合[2]に登板し、時速140キロメートルを超えるストレート[2]と、カーブのみでチームを準優勝に導く。しかし、そのうち2回戦からの4試合は4日4連投(特に3試合目の準々決勝は延長13回完封[2])という過酷なものだった。決勝戦で打ち込まれ、準決勝に終わった[2]。この大会後、「本格的に[1]」肩を故障。同年の夏の甲子園に出場したものの登板はなかった。

翌年の夏の甲子園では、チームは優勝したものの、高塚自身はかつての球威をとり戻せず、1回戦の先発でKOされて以後は、代打での出場が主だった[2]。高校通算6本塁打。

高校卒業後、社会人野球に進む予定であったが[1]、母校の野球部の練習にバッティングピッチャーとして登板したところをスカウトに見込まれ[1]1997年ドラフト近鉄バファローズに7位指名される[1]。右肩痛を抱えたままの入団であったという。

1年目の1998年はリハビリに明け暮れたが、故障が癒えた2年目の1999年からはファームのローテーションピッチャーとして5勝を記録。しかし、2000年に未勝利に終わると登録を内野手に変更し、ポジションを内野手兼捕手に転向。2003年オフに戦力外通告を受け、トライアウトを受験せず、引退[1]

引退後の2004年[1]より、妻の郷里の兵庫県洲本市[1][2]で寿司職人をしている。2005年クイズ!紳助くんに出演した[要出典]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 66 (1998年 - 2003年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 高塚 信幸 - 真木将樹が運営するサイト「ドリームネクスト」より 2012年8月7日閲覧
  2. ^ a b c d e f g 高校野球:球児よ壊れるな 元智弁和歌山のエース 毎日新聞 2016年2月23日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]