杉村繁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
杉村 繁
東京ヤクルトスワローズ コーチ #74
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 高知県高知市
生年月日 (1957-07-31) 1957年7月31日(60歳)
身長
体重
171 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1975年 ドラフト1位
初出場 1977年4月6日
最終出場 1987年7月20日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • ヤクルトスワローズ
    東京ヤクルトスワローズ (2000 - 2007)
  • 横浜ベイスターズ (2008 - 2011)
  • 東京ヤクルトスワローズ (2013 - )

杉村 繁(すぎむら しげる、1957年7月31日 - )は、元プロ野球選手内野手)、プロ野球コーチ。高校時代のポジションは三塁手、プロ入り後はそのほかに二塁手遊撃手もこなした。2014年シーズンより東京ヤクルトスワローズ一軍打撃コーチを務める。

来歴・人物[編集]

高知高等学校では、170cm未満の小柄な体格ながらスラッガーとして活躍し「中西二世」の異名をとり、また東海大相模高校原辰徳とは「西の杉村、東の原」と並び称された[1]。甲子園には3回連続出場。1974年春の選抜に1年上のエース高橋修二(住友金属)を擁し出場。2回戦で永川英植を擁する優勝候補の横浜高と対戦。高橋と永川が互いに無失点で投げ合うが、延長12回に中越え適時打を放ちサヨナラ勝ち、一躍注目を浴びる。この大会では準々決勝に進むが和歌山工に敗退した[2]。同年夏の選手権は2回戦(初戦)で中京商原田末記に抑えられ惜敗[3]

3年生となった翌1975年春の選抜では左腕エース山岡利則(近大大昭和製紙)の好投もあって順調に勝ち進み、準決勝で報徳学園に辛勝[2]。決勝では東海大相模高と激突、5-5で迎えた延長13回表に決勝打となる三塁打を放ち選抜初優勝に導く[4]。漫画家の水島新司はこの時期の杉村をドカベンの登場人物である微笑三太郎のモデルとしている[5]。同年夏は県予選準々決勝で玉川寿(慶大日本石油)らのいた土佐高に敗れ、甲子園には届かなかった。

同年暮のドラフトヤクルトスワローズに1位指名され入団。プロでは伸び悩み、1年目は二軍暮らし。2年目の1977年、監督の広岡達朗の指令でコンパクトな打撃に改造、更に守備を鍛えられ、その甲斐もあって主に遊撃手として32試合に出場。4年目の1979年には、5月から遊撃手として水谷新太郎と併用され51試合に先発出場、自己最高の185打数45安打を記録した。その後も内野のユーティリティプレイヤーとして活躍、1982年には主に二塁手として26試合に先発するが、怪我もあって1987年に引退。

高校時代の杉村を間近で見た審判に「杉村はどれ程の(凄い)選手になるのか」と言わしめる程だったが、プロ12年間でわずか4本塁打に終わった。

引退後は球団広報などのフロント業務を長く務め、1988年に鳴り物入りで入団した長嶋一茂番を務めたこともある。2000年若松勉監督のもと打撃コーチ補佐として抜擢・起用され、その後、打撃・走塁コーチに昇格。2007年まで一軍打撃コーチとして青木宣親などを指導し、チームの打力強化に努めた。

2008年からは横浜ベイスターズの一・二軍巡回打撃コーチ(正式な肩書きは湘南シーレックス育成総合コーチ)に就任し内川聖一首位打者タイトル獲得に貢献する[1]など横浜でも実績を残した。2009年からは駒田徳広(2009年からコーチで同年退団)と共に一軍打撃コーチを務めたが前年のチーム打率.266を大きく下回るチーム打率.239(リーグ最下位)と低迷した。2009年4月16日の広島戦(3回戦)で、監督の大矢明彦が遅延行為により退場となったため監督代行を務めた。2010年からは一軍打撃チーフコーチを務めたが、昨年同様2年連続チーム打率12球団最低を記録するなど打撃が低迷した。2011年は巡回打撃コーチを務めた。2012年夕刊フジ野球評論家を務めた[6]2013年からはヤクルトの二軍打撃コーチを務める[7]2013年10月23日2014年シーズンより一軍打撃コーチに就任することが発表された[8]。 打撃コーチとして、山田哲人の育成などに結果を残した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1977 ヤクルト 32 19 18 1 3 1 0 0 4 1 0 0 0 0 1 0 0 8 0 .167 .211 .222 .433
1978 3 7 6 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1979 77 209 185 10 45 5 1 0 52 9 0 1 13 0 11 1 0 32 9 .243 .286 .281 .567
1980 29 59 53 5 13 3 0 1 19 4 0 0 2 0 2 0 2 5 3 .245 .298 .358 .656
1981 40 87 81 4 19 5 0 0 24 7 0 1 1 1 3 2 1 12 1 .235 .267 .296 .563
1982 87 124 109 8 25 3 1 1 33 5 1 2 10 0 4 1 1 12 2 .229 .263 .303 .566
1983 65 57 53 6 10 2 0 1 15 6 0 0 2 1 1 0 0 10 0 .189 .200 .283 .483
1984 60 91 81 8 22 3 0 1 28 11 0 0 2 0 7 1 1 21 4 .272 .337 .346 .683
1985 38 43 37 4 8 0 0 0 8 2 0 0 1 0 5 0 0 4 1 .216 .310 .216 .526
1986 8 6 6 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .000 .000 .000 .000
1987 10 16 15 0 2 0 0 0 2 1 0 0 0 1 0 0 0 3 0 .133 .133 .133 .266
通算:11年 449 718 644 46 147 22 2 4 185 46 1 4 32 3 34 5 5 111 20 .228 .271 .287 .558

記録[編集]

背番号[編集]

  • 2 (1976年 - 1978年)
  • 41 (1979年 - 1987年)
  • 73 (2000年 - 2007年)
  • 96 (2008年 - 2009年)
  • 84 (2010年 - 2011年)
  • 74 (2013年 - )

脚注[編集]

  1. ^ a b 石塚 隆 (2010年8月13日). “【プロ野球】コーチの真髄(3)〜横浜・杉村繁「ふたりの大打者を育てた挫折組のあふれる愛情」”. shueisha INC.. 2011年12月13日閲覧。
  2. ^ a b 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  3. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  4. ^ 『週刊ベースボール』 ベースボール・マガジン社2003年2月17日、153頁。
  5. ^ 2軍で教える楽しさ ヤクルト・由規の弟、貴規は逸材だ!”. ZAKZAK (2013年3月29日). 2013年7月20日閲覧。
  6. ^ 【スギのみぞ知る】ヤクルト・青木、1枚の年賀状に込められた心意気
  7. ^ 2013年のコーチングスタッフについて Archived 2013年11月10日, at the Wayback Machine.
  8. ^ 2014年コーチングスタッフについて

関連項目[編集]