金久保優斗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
金久保優斗
東京ヤクルトスワローズ #48
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県八千代市
生年月日 (1999-11-04) 1999年11月4日(20歳)
身長
体重
183 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手
プロ入り 2017年 ドラフト5位
年俸 500万円 (2019年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

金久保 優斗(かなくぼ ゆうと、1999年11月4日 - )は、東京ヤクルトスワローズに所属する千葉県八千代市出身のプロ野球選手[1]。右投左打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

八千代台小学校では1年生から北東タイガースで野球を始める。八千代市立八千代台西中学校時代は佐倉リトルシニアに所属。3年夏にエースとして全国大会とジャイアンツカップ優勝した[2]

東海大学付属市原望洋高校進学後、1年秋から佐倉リトルシニアでも1学年先輩の島孝明の控え投手としてベンチ入り、2年夏は千葉県大会で主力投手として活躍した。2回戦の芝浦工大柏高校戦では5回参考ながらノーヒットノーランを記録した[3]。準々決勝で木更津総合高校の早川隆久との投げ合いで7回途中1失点と好投したが、0―1で敗れた[4]。2年の秋から4番でエースとして活躍。秋の千葉県大会を制し、関東大会でも準優勝を果たし、第89回選抜高等学校野球大会出場に大きく貢献。初戦の滋賀学園高校戦では13回まで2失点に抑えたが、14イニング目に4失点を喫し、14回218球を投げ抜くも敗れた[5]。3年の夏は千葉県大会で準決勝で2年連続、木更津総合高校と対戦し敗れ、甲子園には届かなかった[6]

2018年ドラフト会議で、東京ヤクルトスワローズが5巡目で指名、契約金2,700万円、年俸500万円(金額は推定)で入団。背番号48

プロ入り後[編集]

2018年
5月20日にイースタン・リーグでの東北楽天ゴールデンイーグルス戦で登板したが、その直後に右肘を痛め、手術[7]。二軍でも1試合の登板にとどまった。

選手としての特徴[編集]

  • 最速147キロの右腕。高校通算本塁打は7本で打撃も評価が高い。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 48 (2018年 - )

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]