増田珠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
増田 珠
福岡ソフトバンクホークス #33
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 長崎県長崎市
生年月日 (1999-05-21) 1999年5月21日(23歳)
身長
体重
179 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手 外野手
プロ入り 2017年 ドラフト3位
初出場 2019年9月28日
年俸 860万円(2023年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

増田 珠(ますだ しゅう、1999年5月21日 - )は、長崎県長崎市出身[2]プロ野球選手内野手)。右投右打。福岡ソフトバンクホークス所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

長崎市立稲佐小学校1年生から「稲佐青空」でソフトボールを始め、長崎市立淵中学校時代は「長崎シニア」で投手外野手としてプレーし全国大会出場を果たし[3]WBSC U-15ワールドカップU-15野球日本代表に選出され、4番を務める[3]。当時から目標はプロ野球選手になる事で、中学卒業後はプロを目指すため長崎から遠く離れた神奈川県横浜高校に進学する事を決意する[4]

横浜高校では1年生の夏から1番センターとしてレギュラーを掴み[2]、1年夏の神奈川県大会は小笠原慎之介吉田凌擁する東海大相模高校に敗れた。甲子園初出場は2年生の夏、1学年先輩のエース藤平尚真石川達也、同学年の福永奨、1学年後輩の万波中正らとともに第98回全国高等学校野球選手権に出場[5]。2回戦で寺島成輝擁する履正社高校に敗れた[6]が、8打数4安打と結果を残した。3番・中堅手として[7]、3年生の夏には、神奈川県大会において、大会新記録タイとなる4戦連発を含む5本塁打を記録し、第99回全国高等学校野球選手権に出場する[2]。4番・中堅手で出場した1回戦では安打と盗塁を記録するも、後に同期入団することとなる田浦文丸擁する秀岳館高校に4-6で敗れる[8]。甲子園通算3試合、打率.455(11打数5安打)、1盗塁。大会後9月に開催された2017 WBSC U-18ワールドカップにおいて、田浦らとともにU-18野球日本代表に選出された[3]。打率.158(19打数3安打)だった。

2017年10月26日に行われたプロ野球ドラフト会議にて、福岡ソフトバンクホークスからドラフト三巡目指名され[3]、11月25日に入団交渉を行い、契約金5000万円、年俸600万円(金額は推定)で契約合意に達し[2]、12月7日、福岡市内のホテルで入団発表会見が行われた[9]背番号33

ソフトバンク時代[編集]

2018年は、内野手として三軍からスタートを切ったが、三軍において62試合に出場し、打率.322、3本塁打、24打点、8盗塁の成績を残し[10]、9月23日に行われたウエスタン・リーグ公式戦、対オリックス・バファローズ戦において、公式戦初のスターティングメンバーに抜擢され初安打を記録する[11]。シーズンオフの11月25日から台湾で開催された2018アジアウインターベースボールリーグにおいて、NPBウエスタン選抜に選出された[12]

2019年は、ウエスタン・リーグで111試合に出場し、規定打席にも到達。打率.278、7本塁打、53打点を記録する[13]。9月28日のオリックス・バファローズ戦では一軍初出場も果たした[14]。2試合の出場で無安打だった。シーズンオフには右手の骨移植術を受け、全治6か月と診断された[15]

2020年、上記の右手首の手術の影響から一軍公式戦の出場はなく、二軍公式戦の出場も8試合にとどまる[16]。三軍戦において23試合に出場し、打率.270、1本塁打、6打点の成績を残す[17]

2021年も一軍出場はなかった。

2022年、7月17日に一軍に昇格し、スタメンで起用されると、4回表の第2打席でエニー・ロメロからプロ初安打・初本塁打となるソロ本塁打を放った[18]

選手としての特徴[編集]

  • 高校通算33本塁打の長打力と強いリストを生かして広角に打ち分けるバッティングが持ち味[3]
  • 目標とする選手は松田宣浩[19]
  • 藤平尚真を兄のように慕っており、対戦したい選手にもあげている[20][21]

人物[編集]

ドラフト時の担当スカウトの荒金久雄からは「あの元気はダイヤモンドの中で生きる。内川聖一や松田宣浩の姿を見て学んで、ファンにも愛される選手になってほしい」と評される性格[22]

シンガーソングライター福山雅治は小、中学校の先輩に当たり、福山がパーソナリティーを務める福山雅治 福のラジオにおいて、「I am a Hero」の歌詞になぞらえエールを送られた[23]。増田はこの曲を自身の登場曲に使用している。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2019 ソフトバンク 2 4 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
2022 15 45 39 4 10 3 1 1 18 6 0 1 2 1 3 0 0 6 0 .256 .302 .462 .764
通算:2年 17 49 43 4 10 3 1 1 18 6 0 1 2 1 3 0 0 7 0 .233 .277 .419 .695
  • 2022年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



一塁 二塁 三塁 外野
















































2019 ソフトバンク - 2 1 0 0 0 1.000 2 0 0 0 0 ---- -
2022 2 13 0 0 1 1.000 - - 10 20 0 0 0 1.000
通算 2 13 0 0 1 1.000 2 1 0 0 0 1.000 2 0 0 0 0 ---- 10 20 0 0 0 1.000
  • 2022年度シーズン終了時

記録[編集]

初記録

背番号[編集]

  • 33(2018年 - )

登場曲[編集]

[25]

代表歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ “ソフトバンク - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). https://www.nikkansports.com/baseball/professional/koukai/team/koukai-hawks.html 2022年11月26日閲覧。 
  2. ^ a b c d ソフトバンク・ドラ3増田「チームの顔に」入団合意”. 日刊スポーツ (2017年11月26日). 2018年9月30日閲覧。
  3. ^ a b c d e ソフトB3位増田(横浜高) 長崎市出身”. 西日本スポーツ (2017年10月27日). 2018年9月30日閲覧。
  4. ^ ソフトB増田珠、母と歩む野球人生 親子二人三脚で挑んだ「プロ」という目標”. スポーツナビ (2019年7月9日). 2022年11月14日閲覧。
  5. ^ 5名のプロが誕生!2016年夏甲子園出場の横浜ナインのその後”. 高校野球ドットコム (2022年1月8日). 2022年11月14日閲覧。
  6. ^ 横浜 対 履正社
  7. ^ 第98回全国高校野球選手権大会 履正社―横浜(2回戦)”. 朝日新聞デジタル バーチャル高校野球 (2016年8月14日). 2018年9月30日閲覧。
  8. ^ 第99回全国高校野球選手権大会 秀岳館―横浜(1回戦)”. 朝日新聞デジタル バーチャル高校野球 (2017年8月11日). 2018年9月30日閲覧。
  9. ^ 2017/12/07(木) 選手 新入団会見レポ。1位吉住投手「夢は最多勝」”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト (2017年12月7日). 2018年9月30日閲覧。
  10. ^ 3軍選手成績 非公式戦個人成績 打撃成績 2018/9/27(木)現在”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト (2018年9月27日). 2018年9月30日閲覧。
  11. ^ ソフトバンク増田2軍戦初安打 初スタメン9番三塁”. 日刊スポーツ (2018年9月23日). 2018年9月30日閲覧。
  12. ^ a b “2018アジアウインターベースボールリーグ(AWB) NPBメンバー一覧”. 日本野球機構. (2018年12月10日). https://npb.jp/winterleague/2018/roster.html 2020年12月20日閲覧。 
  13. ^ 2019年度 福岡ソフトバンクホークス 個人打撃成績(ウエスタン・リーグ)”. 日本野球機構. 2020年12月12日閲覧。
  14. ^ “ソフトバンク増田はホロ苦デビュー”. 西日本スポーツ (西日本新聞社). (2019年9月29日). https://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/n/546993/ 2020年12月20日閲覧。 
  15. ^ ソフトバンク増田が右手の骨移植術 復帰6カ月”. 日刊スポーツ (2019年11月28日). 2020年3月2日閲覧。
  16. ^ “ソフトバンク退団の内川の自主トレに増田が参加 契約更改は現状維持でサイン”. 西日本スポーツ (西日本新聞社). (2020年12月4日). https://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/n/670553/ 2020年12月20日閲覧。 
  17. ^ 3軍選手成績 非公式戦個人成績 打撃成績 2020/10/20(火)現在”. 福岡ソフトバンクホークス オフィシャルサイト. 2020年11月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月20日閲覧。
  18. ^ 5年目の増田珠プロ初安打が初本塁打 「熱男」まねた「増男」披露” (日本語). 西日本スポーツ. 2022年7月17日閲覧。
  19. ^ SBドラ3増田、「ポスト松田」に名乗り 工藤監督のハートをゲット 熱男の次は増男~!”. 西日本スポーツ (2017年12月8日). 2018年9月30日閲覧。
  20. ^ 横浜夏切符!藤平粘投“弟分”増田2発援護/神奈川 日刊スポーツ 2016年8月1日配信
  21. ^ ソフトBドラ3増田の珍目標 先輩・藤平目がけてライナー!? 西日本スポーツ 2019年8月27日配信
  22. ^ SBドラ3増田“6ツール”目指す ミート、パワー、守備、肩、走塁…6つ目は?”. 西日本スポーツ (2017年11月1日). 2018年9月30日閲覧。
  23. ^ ソフトBドラ3増田ビックリ!福山雅治がラジオで超熱エール 実家同士が「走れば30秒」のご近所さん”. 西日本スポーツ (2018年1月16日). 2018年9月30日閲覧。
  24. ^ “5年目の増田珠プロ初安打が初本塁打 「熱男」まねた「増男」披露”. 西日本スポーツ. (2022年7月17日). https://www.nishinippon.co.jp/nsp/sp/item/n/958128/ 2022年7月17日閲覧。 
  25. ^ チーム情報 球場使用曲一覧”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト. 2020年12月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]