宮川哲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
宮川 哲
埼玉西武ライオンズ #15
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 奈良県生駒市
生年月日 (1995-10-10) 1995年10月10日(25歳)
身長
体重
177 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2019年 ドラフト1位
初出場 2020年6月20日
年俸 2,300万円(2021年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

宮川 哲(みやがわ てつ、1995年10月10日[2] - )は、奈良県生駒市出身のプロ野球選手投手)。右投右打。埼玉西武ライオンズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

中学校時代は「生駒ボーイズ」で外野手としてプレーし、当時投手だった森友哉とも対戦している[3]

高校は山形県東海大学山形高等学校に進学。3年夏は背番号18でエース級の働きをするもベスト8に終わった。

高校卒業後は上武大学に進学し、投手に専念。関甲新学生野球連盟での通算成績は27試合登板、13勝0敗、115奪三振、防御率0.94。 ドラフト候補として注目されるが指名漏れとなった[4]

大学卒業後、社会人野球の東芝に入社。

2019年、10月17日のドラフト会議で西武から指名を受け[2]、11月12日に契約金1億円プラス出来高5000万円、年俸1600万円で仮契約を結んだ[5]

西武時代[編集]

2020年は開幕を一軍で迎え、6月20日の北海道日本ハムファイターズ戦では3番手としてデビューした。

選手としての特徴[編集]

直球の最速は 154 km/h[2][6]。変化球はパワーカーブ、スライダー、カットボール、フォークを投げる。

人物[編集]

三人兄弟でいずれも野球をしており、兄の祐輝は智辯学園和歌山高校で2年春から4季連続で甲子園大会に出場。その後は同志社大学でプレーした。弟の寛志は奈良大学附属高校で甲子園に出場。高校卒業後は日本体育大学でプレーしている。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2020 西武 49 0 0 0 0 2 1 0 13 .667 202 44.2 40 1 29 0 1 45 3 0 21 19 3.83 1.54
通算:1年 49 0 0 0 0 2 1 0 13 .667 202 44.2 40 1 29 0 1 45 3 0 21 19 3.83 1.54
  • 2020年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手












2020 西武 49 3 4 0 0 1.000
通算 49 3 4 0 0 1.000
  • 2020年度シーズン終了時

記録[編集]

投手記録

背番号[編集]

  • 15(2020年 - )

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]