山本哲哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山本 哲哉
東京ヤクルトスワローズ #20
20130407 Tetsuya Yamamoto, pitcher of the Tokyo Yakult Swallows, at Meiji Jingu Stadium.JPG
2013年4月7日、明治神宮野球場にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 和歌山県日高郡由良町
生年月日 (1985-09-04) 1985年9月4日(32歳)
身長
体重
178 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2009年 ドラフト2位
初出場 2011年8月20日
年俸 2,500万円(2017年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

山本 哲哉(やまもと てつや、 1985年9月4日 - )は、東京ヤクルトスワローズに所属するプロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

プロ入り前[編集]

小学1年から白崎少年で野球を始め、中学時代は和歌山ライオンズでプレイ。南部高校では岡本洋介の控えだった。

近畿大学では3年春から登板。3年秋、京都大学戦で初先発、5安打無四球で完封初勝利。以後、大隣憲司につぐ先発2番手として活躍。4年秋はリリーフ、抑えにまわり、チーム優勝に貢献した。リーグ通算20試合登板、5勝1敗、防御率1.25。同期に小瀬浩之がいる。

その後、三菱重工神戸に入社。1年目からエースとなり、第79回第80回と2年連続してチームを都市対抗野球出場に導く。特に第80回大会では最高球速148キロを記録した。

同年10月29日のドラフト会議で東京ヤクルトスワローズから2位指名を受け、11月27日に契約金7500万円、年俸1200万円で仮契約した。(金額は推定)

プロ入り後[編集]

2010年はオープン戦最初の登板で好投したものの、その試合後にひじ痛を訴え、検査の結果靱帯を損傷していることが判明。トミー・ジョン手術を受けたため、一・二軍とも公式戦出場なしに終わった。

2011年は怪我明けの影響から思うようなピッチングができなかった。

2012年はシーズン中盤にバーネットが離脱して以降は、セットアッパーに定着し、勝ちパターンでの起用が多くなる。2012年度の成績は50試合に登板して防御率1.21と好成績を記録した。

2013年もセットアッパーとして開幕を迎えたが、バーネットの不調もありシーズン序盤から抑えに周り11セーブをマーク。中盤からは新人の石山泰稚との配置転換により再びセットアッパーとなり、自己最多の64試合に登板、25ホールドをマークした。

2014年は投手陣が全体的に低調だったこともあって、開幕後7試合中6試合に登板するなどシーズン序盤から登板を重ねていった。7月に3試合連続で失点を喫し一度登録抹消となった[2]ものの、3年連続50試合登板をクリアした。一方でホールド数、防御率の面では数字を落とした。

2015年は一軍で17試合の登板にとどまる。その後9月に2度目の右肘内側側副靱帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受け、全治1年を要する見込み[3]

2016年は前年の手術の影響で一軍登板がなかった。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2011 ヤクルト 9 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 38 8.2 10 0 3 0 0 5 0 0 4 4 4.15 1.51
2012 50 0 0 0 0 2 2 0 17 .500 183 44.2 41 1 15 0 3 38 1 0 6 6 1.21 1.26
2013 64 0 0 0 0 1 3 11 25 .250 250 59.2 57 8 17 1 2 38 3 0 24 19 2.87 1.24
2014 52 0 0 0 0 3 4 3 10 .429 207 45.2 54 4 18 0 2 22 0 0 21 18 3.55 1.58
2015 17 0 0 0 0 0 0 0 2 ---- 72 17.1 20 1 2 0 1 11 0 0 6 6 3.12 1.27
通算:5年 192 0 0 0 0 6 10 14 54 .375 750 176.0 182 14 55 1 8 114 4 0 61 53 2.71 1.35
  • 2016年度シーズン終了時

記録[編集]

投手記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 20 (2010年 - )

登場曲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ヤクルト - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2016年12月6日閲覧。
  2. ^ 山本哲、3試合連続失点で2軍降格…ヤクルトは借金今季最多12スポーツニッポン 2014年7月12日付記事
  3. ^ ヤクルト・山本が10日に右肘手術受ける 全治1年の見込み - サンスポ(2015年9月11日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]