小野寺力 (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小野寺 力
東京ヤクルトスワローズ 二軍投手コーチ #72
SL-Chikara-Onodera.jpg
選手時代(2009年8月27日)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 埼玉県熊谷市
生年月日 (1980-11-26) 1980年11月26日(36歳)
身長
体重
188 cm
96 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2002年 ドラフト4巡目
初出場 2003年9月27日
最終出場 2012年5月28日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 埼玉西武ライオンズ (2016)
  • 東京ヤクルトスワローズ (2017 - )

小野寺 力(おのでら ちから、1980年11月26日 - )は、埼玉県熊谷市出身の元プロ野球選手投手)・コーチ。マネジメント契約先はスポーツビズ

実兄は元プロ野球選手の進藤実。趣味はスノーボードダーツ。好物はお好み焼き

ニックネームは、チカラ、リッキー、小野田。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

熊谷市立新堀小学校・熊谷市立玉井中学校を経て埼玉県立鴻巣高等学校に進む。186cmの高身長で球速は平均130km/hを超え、3年夏の西埼玉大会では地区最高の素質を持つ投手と評されていた[1]。同大会では準々決勝で鳥谷敬を擁する聖望学園と対戦し、延長11回を完投するも3対4で敗れている[1]

高校卒業後は兄・進藤実と同じ常磐大学に進学。久保田智之と共に主戦投手として活躍し、4年生になると春・秋の関甲新学生野球連盟で防御率リーグ1位の成績を残し[2]2002年ドラフト会議西武ライオンズから4巡目指名を受け入団。契約金・年俸はそれぞれ7,000万円、1,500万円(いずれも推定)だった[3]

プロ入り後[編集]

西武時代[編集]

2003年はシーズンのほとんどを二軍で過ごし、9月27日に一軍初登板を果たす。

2004年は持ち味の速球を武器に27試合に登板して防御率3.38を記録し、チームの日本一に貢献した。

2005年は中継ぎとして30試合に登板し、四球は減ったが防御率が悪化し、安定感に課題を残す。この時期、長身から投げ下ろす最速154km/h[4]直球フォークボールを軸に力で押すピッチングで、時折スライダーも投げるとされている。

2006年はFA移籍した豊田清に代わる抑えとして起用され、7月までは防御率1点台を維持し、7月には初の月間MVPを受賞した。同年はチーム最多の59試合に登板して防御率2.82、7勝29セーブを記録、被本塁打も2本に抑えた。同い年の赤田将吾に続いてチーム2人目となる個人サイト「chikara-o.net」を設立、ファンへのメッセージや心境などをブログ形式で掲載しており、絵文字を多用してコメントに寄せられた相談に答えることもある。

2007年は前年に引き続き開幕から抑えとして起用されるが、後半戦からアレックス・グラマンが抑えに定着したことで、左の三井浩二と共に中継ぎを任される。終盤は新人以来の先発としても登板している。

2008年はグラマンにつなぐ中継ぎとして起用され、50試合に登板して自己最多の9ホールド、14ホールドポイントを記録して防御率3.56と前年より改善されたが、四球が多く奪三振数も減少し、信頼を回復するまでには至らなかった。読売ジャイアンツとの日本シリーズでは3試合に登板し1失点であった。

2009年はグラマンの故障により、再び抑えを任せられる。7月は最終登板以外で自責点0を記録するなど活躍した。先発投手が不足し、中継ぎ陣も不安定で、なかなかセーブ機会に恵まれなかったが、セーブ成功率は84%と、馬原孝浩ブライアン・シコースキーを上回る。終盤に調子を落としたため降格となり、チームは抑え不在のまま4位に終わる。

2010年は不調のため、開幕2軍スタートとなった。長田秀一郎岡本篤志藤田太陽・シコースキーと救援投手が揃ったため、先発投手が早めに降板した場合などは6回に登板することが多かったが、先の4投手が不調に陥った際には中継ぎ・抑えもこなした。同年は41試合に登板し、防御率3.67と安定感は今ひとつだった。千葉ロッテマリーンズとのクライマックスシリーズファーストステージでは2試合全て登板したが、第1戦は9回途中にシコースキーが打ち込まれた段階で登板するも、ロッテ打線を止めることができずに4点差を追いつかれてしまった。その後チームは延長11回に勝ち越され敗れてしまった。第2戦は延長10回から登板するも11回に勝ち越し打を打たれ、これが決勝点で敗戦投手となり、CS敗退となってしまった。

2011年には、開幕から一軍公式戦への登板機会がないまま、5月24日に鬼崎裕司との交換トレード東京ヤクルトスワローズへ移籍した[5]

ヤクルト時代[編集]

2011年5月29日に、古巣である西武とのセ・パ交流戦西武ドーム)で移籍後初登板。しかし、安定感を欠き6試合しか登板できなかった。

2012年には、怪我などの影響から、一軍公式戦への登板が4試合にとどまった。10月2日に球団から戦力外通告を受けた[6]ことを機に、現役を引退した。

現役引退後[編集]

2013年からは西武にチームスタッフとして復帰。同年から2015年までは二軍の用具担当を任されていた[7]。 2016年からは西武時代のチームメイトだった松下建太が引退し二軍用具担当に就任したのを受け二軍マネジャーに異動。[8]さらに同年シーズン中に二軍投手コーチだった森慎二が一軍に配置転換されることを受け、5月6日から二軍投手コーチ兼育成コーチに就任することとなった[9]。10月1日に退団の申し入れをし了承された[10]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2003 西武 2 1 0 0 0 0 0 0 -- ---- 21 3.1 7 1 4 0 0 1 1 0 4 4 10.80 3.30
2004 27 0 0 0 0 2 1 0 -- .667 139 32.0 26 3 19 1 0 24 2 0 13 12 3.38 1.41
2005 30 0 0 0 0 1 2 0 1 .333 184 42.0 50 5 11 0 1 30 0 0 21 20 4.29 1.45
2006 59 0 0 0 0 7 3 29 2 .700 247 60.2 51 2 18 1 3 52 4 0 19 19 2.82 1.14
2007 44 4 0 0 0 4 5 13 3 .444 295 64.1 85 7 23 2 1 48 4 0 39 37 5.18 1.68
2008 50 0 0 0 0 5 5 1 9 .500 243 55.2 54 3 22 0 4 38 3 0 26 22 3.56 1.37
2009 47 0 0 0 0 3 5 16 7 .375 230 54.1 49 5 24 1 1 45 5 0 24 24 3.98 1.34
2010 41 0 0 0 0 1 3 0 8 .250 168 41.2 42 3 6 0 2 28 2 0 20 17 3.67 1.15
2011 ヤクルト 6 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 31 5.1 10 0 5 0 0 2 0 1 5 5 8.44 2.83
2012 4 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 20 4.2 6 1 0 0 0 4 0 0 4 4 7.71 1.30
通算:10年 310 5 0 0 0 23 24 59 31 .489 1578 364.0 380 30 132 5 12 272 21 1 175 164 4.05 1.41

表彰[編集]

記録[編集]

  • 初登板:2003年9月27日、対大阪近鉄バファローズ28回戦(西武ドーム)、6回表に2番手で救援登板、1/3回無失点
  • 初先発:2003年10月4日、対千葉ロッテマリーンズ27回戦(千葉マリンスタジアム)、3回4失点
  • 初奪三振:同上、2回裏に福浦和也から
  • 初勝利:2004年3月28日、対千葉ロッテマリーンズ2回戦(西武ドーム)、10回表に4番手で救援登板・完了、1回無失点
  • 初ホールド:2005年9月11日、対千葉ロッテマリーンズ18回戦(インボイスSEIBUドーム)、7回表に3番手で救援登板、1回無失点
  • 初セーブ:2006年4月1日、対千葉ロッテマリーンズ2回戦(千葉マリンスタジアム)、9回裏に4番手で救援登板・完了、1回無失点

背番号[編集]

  • 14 (2003年 - 2011年5月23日)
  • 29 (2011年5月24日 - 2012年)
  • 81 (2016年5月6日 - 2016年終了後)
  • 72 (2017年 - )

脚注[編集]

  1. ^ a b 朝日新聞、1998年7月27日付朝刊、埼玉地方面
  2. ^ 読売新聞、2003年2月23日付朝刊、P.19
  3. ^ 読売新聞、2002年11月28日付朝刊、P.20
  4. ^ 朝日新聞、2005年1月26日付朝刊、P.17
  5. ^ NPB球団間のトレード(2011年度:シーズン途中・2月中旬以降)
  6. ^ 来季の契約について”. 東京ヤクルトスワローズ公式サイト (2012年10月2日). 2012年10月2日閲覧。
  7. ^ 2013年度新スタッフについて - 埼玉西武ライオンズ公式サイト 2012年11月1日配信
  8. ^ 西武・平野、松下が現役引退、球団職員に”. サンケイスポーツ (2015年11月4日). 2015年11月5日閲覧。
  9. ^ 森慎二 一軍投手コーチおよび小野寺力 ファーム投手コーチ兼育成コーチ就任のお知らせ西武球団公式サイト2016年5月6日配信
  10. ^ 埼玉西武ライオンズコーチ来季契約について、西武球団公式サイト2016年10月1日配信

関連項目[編集]

外部リンク[編集]