進藤実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
進藤 実
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 埼玉県熊谷市
生年月日 (1974-12-10) 1974年12月10日(44歳)
身長
体重
181 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1998年 ドラフト7位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

進藤 実(しんどう みのる、1974年12月10日 - )は、埼玉県熊谷市出身の元プロ野球選手投手)。右投右打。

実弟はヤクルトスワローズコーチの小野寺力

経歴[編集]

埼玉県熊谷市立新堀小学校、玉井中学校から、埼玉県立鴻巣高等学校へ進学。

その後、常磐大学NTT東北を経て、1998年のドラフト会議読売ジャイアンツ(以下:巨人)から7位指名を受けプロ入り。

プロ入り後は右肩の故障に悩まされ、後に西武ライオンズに入団し守護神へと成長した弟とは対照的に、一軍出場のないままプロ生活僅か3年で戦力外通告を受けた。

2003年野村克也が監督として率いていた社会人野球シダックスに転じたが、故障の影響もあってほとんど登板機会がないまま1シーズン限りで退団し、現役を引退した。

引退後はシダックスの営業を経て、芸能プロダクションアービングマネージャーとなる。

2016年学生野球資格回復研修を受講した上で、翌2017年2月7日に日本学生野球協会より学生野球資格回復の適性認定を受けたことにより、学生野球選手への指導が可能となる[1]

選手としての特徴・人物[編集]

弟の力によく似た端整な顔立ちであったが、ピッチングスタイルは力とは対照的にサイドスローからの変化球を武器にする軟投派投手であった。

俳優の照英とは高校時代の同級生である。

一卵性双生児の兄がおり、高校時代に教室を入れ替わって授業を受けたが気付かれなかった。大学時代には文通もしていたという。

弟の力と苗字が違うのは、共に一人っ子である両親の姓を残す目的で養子縁組をしたため。実と双子の兄が母方の進藤姓を、力が父方の小野寺姓を名乗っている。

弟・力も含め兄弟仲がとても良く、力のブログには『兄貴二人と食事に行ってきました』などという記事が度々見られる。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 36 (1999年)
  • 64 (2000年 - 2001年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 元ヤクルト宮本慎也氏ら132人が学生野球資格回復 - 大学・社会人”. 日刊スポーツ (2017年2月8日). 2017年2月8日閲覧。

関連項目[編集]