井野卓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
井野 卓
YS-Suguru-Ino20190608.jpg
ヤクルト時代
(2019年6月8日)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 群馬県前橋市
生年月日 (1983-11-23) 1983年11月23日(38歳)
身長
体重
178 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2005年 大学生・社会人ドラフト7巡目
初出場 2007年6月30日
最終出場 2020年10月7日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

井野 卓(いの すぐる、1983年11月23日 - )は、群馬県前橋市出身の元プロ野球選手捕手)。右投右打。

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学1年生の時から野球を始め、ポジションはよく入れ替わったが中学3年生の時から捕手一本となる。前橋工業高校3年生の時は2001年夏の群馬大会で優勝し、甲子園に出場。卒業後、東北福祉大学に進学する。仙台六大学リーグで通算64試合166打数56安打・打率.337。2004年には日米大学野球日本代表に選出された。

強肩とチームをまとめる統率力が認められ、2005年度ドラフト会議にて東北楽天ゴールデンイーグルスから7巡目指名を受けて入団。東北福祉大学の同期である松崎伸吾も楽天から1巡目指名を受けて入団し、チームメイトとなった[1]

楽天時代[編集]

楽天時代(2011年3月9日)

2006年は二軍戦で39試合に出場し、97打数19安打、打率.196。

2007年は6月24日に一軍に初昇格を果たし、6月30日の対西武ライオンズ戦で一軍初出場した。

2008年7月2日の千葉ロッテマリーンズ戦では片山博視の初勝利・初完封をアシストする。

2009年は一軍未出場に終わった。

2010年8月6日には一軍で初の適時打・猛打賞を記録した。

2011年は初の開幕一軍入りを果たすが、2試合の出場に留まり二軍降格となった。

2012年11月13日、金刃憲人仲澤広基との交換トレード横川史学とともに読売ジャイアンツへと移籍[2]

巨人時代[編集]

巨人時代(2013年2月6日)

2013年は10試合に出場する。

2014年は出場なしに終わり、シーズンオフの10月25日に球団から戦力外通告を受けた[3]。12月24日、東京ヤクルトスワローズへの入団が発表された[4]

ヤクルト時代[編集]

2016年6月29日の広島東洋カープ戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)で1013日ぶりの一軍出場を果たした。

2017年6月16日の北海道日本ハムファイターズ戦(明治神宮野球場)では、中村の代役の西田明央の負傷により出場し、2245日ぶりの安打を打ちチームの逆転勝利に貢献した[5]

2018年は開幕一軍に入り控え捕手として一軍に帯同。自己最多の47試合に出場した。8月16日の巨人戦では原樹理をプロ初完封に導いた。

2019年は7試合の出場に留まった。

2020年、8月6日の広島戦では、プロ15年目にして初の三塁打を薮田和樹から打った[6]。11月2日に現役引退を表明した[7]

現役引退後[編集]

2021年よりスコアラーに就任した[8]

選手としての特徴・人物[編集]

的確なリードと正確な捕球が持ち味の捕手[9]。現役時代は主に控え捕手として活躍した[10]

ヤクルト時代は原樹理との相性が良く、頻繁にバッテリーを組んでいた[11][12]

謙虚でひたむきな人物であり、ベテラン選手になっても偉ぶらなかった[13]

ヤクルト時代は井野自身がかつてアニメ番組SLAM DUNK」を見ていたことから、登場曲に同番組のエンディングテーマ・MANISHの『煌めく瞬間に捕われて』を選んでいる。なお、井野の引退後は頻繁にバッテリーを組んだ原樹理が継承している[14]

ヤクルト時代の2019年はプロ14年目にして初めて個人応援歌が作成された(応援団の公式YouTubeチャンネルにて)[15]。井野はこの応援歌が出来たことを知り、自らメロディーと歌詞を調べて喜んだという[16]。2020年の引退表明では「ヤクルトファンの皆さまに自分の応援歌を作って頂けた事はとても嬉しく、大事な思い出です」と語っている[7]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2007 楽天 4 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .000 .000 .000 .000
2008 23 28 23 2 2 0 0 0 2 2 0 0 4 0 1 0 0 5 2 .087 .125 .087 .212
2010 14 38 34 2 7 0 0 0 7 2 0 0 4 0 0 0 0 9 1 .206 .206 .206 .412
2011 2 6 6 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .167 .167 .167 .333
2013 巨人 10 8 6 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 0 0 2 1 .000 .143 .000 .143
2016 ヤクルト 2 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 .000 .000 .000 .000
2017 7 13 12 3 2 0 0 0 2 1 0 0 1 0 0 0 0 2 0 .167 .167 .167 .333
2018 47 97 90 5 13 3 0 0 16 4 0 0 2 0 5 0 0 26 2 .144 .189 .178 .367
2019 7 11 10 1 2 1 0 0 3 0 0 0 1 0 0 0 0 4 1 .200 .200 .300 .500
2020 32 22 19 1 2 0 1 0 4 4 0 0 2 0 1 0 0 6 1 .105 .150 .211 .361
NPB:10年 148 227 204 15 29 4 1 0 35 13 0 0 15 0 8 0 0 59 9 .142 .175 .172 .346

年度別守備成績[編集]



捕手






















2007 楽天 4 5 0 1 0 0 .833 1 1 0 .000
2008 23 91 7 2 2 0 .980 12 9 3 .250
2010 14 89 3 2 0 2 .979 13 12 1 .077
2011 2 19 1 0 0 0 1.000 7 7 0 .000
2013 巨人 9 28 2 0 0 0 1.000 0 0 0 .-
2016 ヤクルト 2 6 0 0 0 0 1.000 0 0 0 .-
2017 7 35 1 0 0 0 1.000 5 5 0 .000
2018 45 216 10 1 1 2 .996 12 10 2 .167
2019 7 42 2 0 0 0 1.000 10 10 0 .000
2020 32 81 6 1 1 0 .989 11 11 0 .000
通算 145 612 32 7 4 4 .989 71 65 6 .085

記録[編集]

背番号[編集]

  • 39(2006年 - 2012年)
  • 38(2013年 - 2014年)
  • 63(2015年 - 2020年)

登場曲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 【仙六列伝】井野卓、大学日本一に導いた強肩捕手!3年目の燕で7年ぶり打点/東北スポーツ(2/3ページ)”. サンケイスポーツ (2017年11月15日). 2021年9月10日閲覧。
  2. ^ 巨人金刃・仲沢⇔楽天横川・井野トレード”. 日刊スポーツ (2012年11月12日). 2021年9月10日閲覧。
  3. ^ 石井選手ら4選手に戦力外通告”. Yomiuri Giants Official Web Site (2014年10月25日). 2021年9月10日閲覧。
  4. ^ 井野選手が入団会見! 「しっかり守りで貢献したい」”. 東京ヤクルトスワローズ公式サイト (2014年12月24日). 2015年2月3日閲覧。
  5. ^ トレード、戦力外も…33歳の苦労人、6年ぶり安打”. 朝日新聞DIGITAL (2016年6月16日). 2021年9月10日閲覧。
  6. ^ ヤクルト4連敗でストップ!5点差追いつかれるも突き放す 井野プロ15年目での初三塁打から一挙3点”. スポニチアネックス (2020年8月6日). 2021年9月10日閲覧。
  7. ^ a b ヤクルト井野卓が引退発表「応援歌が大切な思い出」” (日本語). 日刊スポーツ (2020年11月2日). 2020年11月16日閲覧。
  8. ^ プロ野球12球団 戦力外、退団、引退選手など一覧”. 日刊スポーツ (2020年11月2日). 2021年1月6日閲覧。
  9. ^ 井野卓捕手・すべてを捧げ、恩返しを誓う | 野球コラム” (日本語). 週刊ベースボールONLINE (2015年3月6日). 2021年5月26日閲覧。
  10. ^ ヤクルト井野が現役引退へ 控え捕手として貢献” (日本語). 山陽新聞デジタル|さんデジ (2020年11月2日). 2021年5月26日閲覧。
  11. ^ 隆博, 今浪 (2018年10月17日). “プロ13年目でキャリアハイ ヤクルト・井野卓という「キセキ」のような選手”. 文春オンライン. p. 1. 2021年5月26日閲覧。
  12. ^ 「ヤクルトMVPは井野卓」前コーチが語る控え捕手の大切さ page2” (日本語). ココカラネクスト (2018年11月4日). 2021年5月26日閲覧。
  13. ^ 隆博, 今浪 (2018年10月17日). “プロ13年目でキャリアハイ ヤクルト・井野卓という「キセキ」のような選手”. 文春オンライン. p. 2. 2021年5月26日閲覧。
  14. ^ 康彦, 菊田. “この曲を聞けばあの選手を思い出す…スワローズを支える移籍組が神宮を彩った「登場曲BEST10」”. 文春オンライン. 2021年9月19日閲覧。
  15. ^ (日本語) 井野卓選手のテーマ【東京ヤクルトスワローズ】, https://www.youtube.com/watch?v=D5E_j1gWch0 2021年5月26日閲覧。 全国ツバメ軍団 公式YouTube
  16. ^ 【球界ここだけの話(2182)】新たな道に進む前ヤクルト・井野氏が語る3球団での貴重な思い出と秘話”. サンケイスポーツ (2020年12月22日). 2021年5月26日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]