この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

武山真吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

武山 真吾
中日ドラゴンズ #39
Takeyama2014-05-29.jpg
2014年5月29日、ナゴヤドームにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県名古屋市緑区
生年月日 (1984-06-22) 1984年6月22日(34歳)
身長
体重
179 cm
88 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2002年 ドラフト10巡目
初出場 2008年5月31日
年俸 1,500万円(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

武山 真吾(たけやま しんご、1984年6月22日 - )は、愛知県名古屋市緑区出身のプロ野球選手捕手)。右投右打。中日ドラゴンズ所属。

経歴

プロ入り前

中学時代は、名古屋市内では強豪の緑クラブへ入団する。中学2年生の頃から正捕手の座を勝ち取り、卓越した強肩・強打で打順5番・6番を務める。明かりのない夜にキャッチャーフライをしても、音と感覚で場所がわかり見事にキャッチする事がこのころからできていた[要出典]

2002年度ドラフト会議にて、横浜ベイスターズから10巡目指名を受けて入団。

横浜時代

横浜時代(2010年5月5日、横浜スタジアム)
西武時代(2013年7月31日、こまちスタジアム)

2005年フレッシュオールスターゲームに出場し、優秀選手賞を受賞した。

2006年、序盤から一軍に控え捕手として待機していたが出場機会はなかった。

2007年イースタン・リーグにおいて、出場機会増加を目的に三塁手へ準コンバートされ、この年は捕手・三塁手・一塁手左翼手で起用された。二軍では規定打席不足ながら打率.300を越え、チームトップの9本塁打を記録した。

2008年5月31日の対千葉ロッテマリーンズ戦(千葉マリンスタジアム)で一軍初出場を果たし、相川亮二の故障離脱を補った。チームが最下位と低迷する中、武山の活躍によってチームの起用法を若手中心に転換させた。後半は相川の再離脱も重なったことで斉藤俊雄と併用され、シーズン33試合に出場した。

2009年、5月に田代富雄が監督代行に就任すると即一軍に昇格し、新沼慎二細山田武史との併用でスタメンに抜擢されるようになった。途中加入したスティーブン・ランドルフとのバッテリーで好成績を残し、最終的には細山田に次いでマスクをかぶり自己最多の49試合に出場した。新沼や細山田の盗塁阻止率が1割台と低迷し、球団ワーストとなる阻止率.181をマークする中、自身は.273と守りでアピールした。

2010年、開幕前に移籍してきた橋本将に次ぐ2番手捕手だったが、橋本の離脱以降は前年同様に阻止率の低迷に苦しむチームに肩でアピールし、レギュラーを獲得した。チーム捕手最多の95試合に出場したが、打撃面においては打率.187と結果を残せなかった。

2011年4月12日に「8番・捕手」として初の開幕スタメン入りを果たす。一時はセントラル・リーグトップの盗塁阻止率を誇ったが、打撃面は不調だった。その後は自身の不調や投手陣が崩壊した影響で、7月26日に降格して以降は一軍出場がなかった。同年11月22日後藤武敏との交換トレード埼玉西武ライオンズへ移籍。背番号は52[2]

西武時代

2012年5月バセドー病に罹り、治療の末に回復はしたものの一軍昇格はならなかった[3]

2013年5月15日東京ヤクルトスワローズ戦(明治神宮野球場)で西武移籍後初ヒットとなる2点タイムリーを代打で放った。

2014年4月に代打で出場したが、その1試合の出場にとどまっていた。5月2日、金銭トレードで中日ドラゴンズへの移籍が発表された。背番号は49[4][5]

中日時代

2014年、打撃は低迷したが、山井大介ダニエル・カブレラなどを中心にマスクをかぶるなど谷繁元信松井雅人に次ぐ出場機会を得た。また、盗塁阻止率はチームトップの.412をマークした。

2015年、背番号を「52」に変更。開幕から松井雅と併用で使われていたが、4月18日の広島戦に代走として出場した際に本塁クロスプレーで広島の捕手會澤翼と激突して脚を負傷し、担架で運ばれて試合から退いた[6]。同月20日に右前距腓靱帯の損傷と診断され[7]、以降のシーズンを棒に振った。9月には負傷箇所の手術を受けた[8]

2016年、開幕一軍に入るもスタメン出場はなく、15試合の出場に終わった。

2017年、開幕から二軍暮らしが続いたが、6月15日の埼玉西武ライオンズ戦で一軍に昇格。17日の西武戦で移籍後初のタイムリーを放った。以降は田島慎二などを中心にバッテリーを組み抑え捕手として出場した。オフに背番号を39に変更した[9]

2018年は30試合に出場したが、打率1割未満に終わった。

人物

横浜時代の応援歌は2010年5月から若菜嘉晴秋元宏作中村武志に使用されていたものが使われていた。これは中村を慕う武山が自ら希望したことによる。なお、2018年より中村が中日時代に着けていた背番号39を着けることになった。 [10]

詳細情報

年度別打撃成績

















































O
P
S
2008 横浜 33 81 74 2 17 3 0 0 20 5 0 0 3 0 3 1 1 23 1 .230 .269 .270 .540
2009 49 130 120 7 29 5 0 0 34 5 1 1 2 0 7 1 1 35 2 .242 .289 .283 .572
2010 95 298 257 15 48 8 2 1 63 22 0 0 16 2 20 8 1 56 5 .187 .246 .245 .491
2011 46 102 88 4 11 3 0 1 17 5 0 0 6 1 4 0 3 26 4 .125 .188 .193 .381
2013 西武 19 16 15 2 1 0 0 0 1 2 0 0 0 0 0 0 1 6 0 .067 .125 .067 .192
2014 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
中日 33 72 63 4 8 0 0 1 11 5 0 0 4 1 3 0 1 15 1 .127 .176 .175 .351
'14計 34 73 63 4 8 0 0 1 11 5 0 0 4 1 3 0 1 16 1 .125 .174 .172 .346
2015 11 27 22 1 2 0 0 0 2 0 0 0 1 0 4 0 0 8 1 .091 .231 .091 .322
2016 15 5 4 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 2 0 .000 .200 .000 .200
2017 50 76 66 2 15 1 0 1 19 7 0 0 2 0 7 0 1 21 3 .227 .311 .288 .599
2018 30 54 44 1 3 2 0 0 5 6 0 0 2 3 5 1 0 17 0 .068 .154 .114 .267
NPB:10年 382 862 754 39 134 22 2 4 172 57 1 1 36 7 54 11 9 210 17 .178 .239 .228 .467
  • 2018年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績


捕手 一塁


































2008 29 126 11 1 2 2 .993 15 11 4 .267 -
2009 49 293 27 2 4 2 .994 33 24 9 .273 -
2010 90 519 55 4 7 2 .993 85 64 21 .247 -
2011 45 189 26 0 0 3 1.000 23 13 10 .435 -
2013 6 13 0 0 0 0 1.000 0 0 0 - 3 5 0 0 0 1.000
2014 32 156 13 1 1 3 .994 17 10 7 .412 1 2 0 0 1 1.000
2015 10 42 6 0 1 1 .994 10 7 3 .300 -
2016 15 21 0 0 0 0 1.000 1 1 0 .000 -
2017 50 168 16 0 0 1 1.000 15 10 5 .333 -
通算 326 1527 154 8 15 14 .995 199 140 59 .296 4 7 0 0 1 1.000
  • 2017年度シーズン終了時

記録

初記録
その他の記録
  • 1試合2度の打撃妨害:2009年8月28日、対広島東洋カープ18回戦(横浜スタジアム)、5回表・7回表にいずれも栗原健太の打席で記録

背番号

  • 61 (2003年 - 2011年)
  • 52 (2012年 - 2014年途中、2015年 - 2017年)
  • 49 (2014年途中 - 同年終了)
  • 39 (2018年 - )

登場曲

脚注

関連項目

外部リンク