桑原義行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
桑原 義行
Yoshiyuki Kuwahara in 2010.08.15.JPG
2010年8月15日、横須賀スタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都北区
生年月日 (1982-06-15) 1982年6月15日(37歳)
身長
体重
180 cm
86 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 2004年 ドラフト8巡目
初出場 2005年5月15日
最終出場 2011年4月13日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

桑原 義行(くわはら よしゆき、1982年6月15日 - )は、東京都北区出身の元プロ野球選手外野手)。

経歴[編集]

日大豊山高校時代、3年時の夏に第82回全国高等学校野球選手権大会に出場。

高校卒業後は、日本大学へ進学。東都大学リーグ通算60試合出場、210打数64安打、打率.305、0本塁打、18打点。2003年春季のリーグ戦で首位打者になる。ベストナイン3度受賞。4年生の時に全日本大学野球選手権大会で準優勝、日米大学野球日本代表に選ばれる。

2004年度ドラフト会議にて横浜ベイスターズから8巡目指名を受けて入団。二軍で好成績を残していたが、9月1日に左膝前十字靭帯断裂の手術を受けた。

プロ入り後[編集]

2006年、シーズン終盤に骨折で登録抹消となった小池正晃との入れ替えで初昇格の機会が巡って来ると、10月1日の対ヤクルト戦でプロ初安打。

2007年は二軍では打率.283、6本塁打、26打点とまずますの成績を残すが、一軍昇格はならなかった。2008年も2年連続で一軍出場なしに終わった。

2009年は7月29日に一軍登録されるが、その後はヒットを打てず8月序盤に降格となる。8月20日に一軍復帰後、8月26日の対阪神タイガース戦で、プロ入り1号となる代打本塁打を放つ。

2010年は一軍出場は5試合に留まり、ヒットも1本と一軍の試合に出場した年の中では最低の成績となってしまった。

2011年は1試合の出場に終わり、同年11月9日に戦力外通告を受けた[1]。同日、自身のブログで現役引退を表明した[2]。12月2日、自由契約公示された後に、横浜DeNAの球団職員となり[3]、ベイスターズジュニアチームのコーチを務めた。現在は二軍マネージャー。

人物[編集]

愛称は「ジェニー」。高校・大学ではキャプテンを務めた。高校時代は日大豊山高校甲子園初出場し、本戦でも本塁打を放っている。大学時代は4番を務めたこともある。

2010年まで同僚であった吉原道臣は日大豊山高・日大の1年先輩。那須野巧は日大の同期(横浜にも同期入団)。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2006 横浜 9 23 21 3 8 2 0 0 10 0 1 0 1 0 1 0 0 1 0 .381 .409 .476 .885
2009 20 20 18 3 5 1 0 1 9 3 0 0 0 0 2 0 0 5 1 .278 .350 .500 .850
2010 5 5 5 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0 .200 .200 .200 .400
2011 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
通算:4年 35 49 45 6 14 3 0 1 20 3 1 0 1 0 3 0 0 11 1 .311 .354 .444 .798
  • 2011年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 40 (2005年 - 2011年)

脚注[編集]

  1. ^ 2012年の選手契約について”. 株式会社横浜ベイスターズ (2011年11月9日). 2011年11月9日閲覧。
  2. ^ 2011/11/09”. 桑原義行オフィシャルブログ (2011年11月9日). 2011年11月10日閲覧。
  3. ^ 惜別球人 【横浜】桑原 義行外野手”. スポニチ Sponichi Annex (2011年12月13日). 2011年12月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]