一場靖弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
一場 靖弘
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 群馬県吾妻郡吾妻町(現:東吾妻町
生年月日 1982年7月5日(31歳)
身長
体重
183 cm
88 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2004年 自由獲得枠
初出場 2005年4月12日
年俸 1,200万円(2012年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

一場 靖弘(いちば やすひろ、1982年7月5日 - )は、群馬県出身の元プロ野球選手投手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

桐生第一高等学校では2年時に第81回全国高等学校野球選手権大会に2番手投手として出場。正田樹をエースとして群馬県勢初の優勝に貢献した。甲子園のマウンドでは145km/hを計測した。3年時には背番号1を付け、再び第82回全国高等学校野球選手権大会への出場を果たしたが、初戦敗退。

その後は明治大学に進学し才能が開花。東京六大学野球連盟を代表する投手に成長する。4年春に歴代2位(戦後最多)となるシーズン107奪三振を達成。これは1925年秋に湯浅禎夫が記録した109奪三振以来、79年ぶりの3桁奪三振記録である。また、同シーズンには六大学史上最速の154km/hを計測し、8勝3敗の成績を上げる活躍を見せて、1993年春以来12季ぶりとなる完全優勝に貢献、ベストナインに選ばれた。第53回全日本大学野球選手権大会では完全試合を達成[2]。大学通算52試合登板26勝15敗、防御率2.00。通算379奪三振は歴代5位の記録。

後述の問題もあって大きく騒がれた2004年のドラフト会議では、新規参入した東北楽天ゴールデンイーグルスに自由獲得枠で入団。背番号は大学時代と同じ11。入団記者会見の席上で将来のメジャー挑戦を宣言。入団の記者会見にもかかわらず退団を前提とした発言であったため物議を醸した。

楽天時代[編集]

2005年は球団が創設された年だったため、選手層の薄いチーム事情もあり、新人ながら一軍で先発ローテーション入りを果たす。しかし、同年5月19日時点で0勝7敗・防御率7.15と散々な成績となり降格。再昇格後となった8月27日の対西武ライオンズ戦(西武ドーム)では、西口文也が9回を完璧に抑える中で一場も9回無失点に抑える力投を見せ、勝敗は付かなかったものの完全試合献上を阻止。9月3日の対オリックス・バファローズ戦(フルキャストスタジアム宮城)では9回2失点(完投)でようやくプロ初勝利を挙げ、球団シーズン100敗を阻止した。

2006年岩隈久志セドリック・バワーズの出遅れによって開幕投手を務める。好投したものの打線の援護なく黒星を喫したが、2度目の登板でチームのシーズン初勝利、3度目の登板となった同年4月7日の対千葉ロッテマリーンズ戦(千葉マリンスタジアム)ではチームの連敗を止め、自身もプロ初の完封勝利を挙げた。前半戦で5勝を挙げる活躍したが、交流戦以降は2勝8敗と大きく負け越した。最終的には最多敗戦数(14敗)、最多被本塁打(22本)など不名誉な「8冠」を手にしたが、一方で先発不足に喘いだ楽天にとって唯一、シーズンを通して先発ローテーションを守リ[3]、チーム勝ち頭となる7勝を挙げた。

2007年はオープン戦から不調が続き、開幕を二軍で迎える。4月に昇格したが、4月7日の対千葉ロッテマリーンズ戦(フルキャストスタジアム宮城)で3回途中降板、4月15日の対北海道日本ハムファイターズ戦(札幌ドーム)には中継ぎとして登板したが、5回を18被安打・14失点と散々な結果となり、さらに右肘の炎症を起こして降格。7月27日の対オリックス・バファローズ戦(京セラドーム大阪)では3回から中継ぎとして復帰。8月16日にシーズン初勝利を挙げると、これ以降は防御率2点台の好投を続け、最終的に後半戦だけで6勝を挙げ、球団初の最下位脱出に貢献した。

2008年は前年に受けた視力回復手術(レーシック)の影響で右目の角膜炎を起こし、1月中旬に入院。右目視力は0.04まで低下し、一時は失明の危機もあったが、驚異の回復力で開幕に間に合わせ、先発ローテーション入りを果たした。しかし、同年4月8日の対北海道日本ハムファイターズ戦(札幌ドーム)で、味方打線が7点加点した後の3回裏にひっくり返され、降格となった(7点差からの逆転負けは楽天史上初の不名誉記録)。その後は秋に再昇格したものの、先発した試合は結果を残せず、未勝利[3]

2009年の春季キャンプから佐藤義則と共に下半身主導となる投球フォームへの矯正に取り組んだ。しかし、オープン戦で結果が残せず、同年3月23日に宮出隆自[4]とのトレードで東京ヤクルトスワローズへ移籍。背番号は43

ヤクルト時代[編集]

2009年4月11日の対横浜ベイスターズ戦(横浜スタジアム)に先発として初登板、5回無失点で移籍後初勝利を挙げた[5]。しかし、その後は結果を残せずに降格すると、相次ぐ不振を打破すべく、7月に腕をやや下げるスリー・クォーターへのフォーム変更を試みた[5]。8月20日の対阪神タイガース戦(明治神宮野球場)に先発するが、3回9失点で敗戦投手となり、3度目の降格となった。この年は1勝5敗・防御率7.88と期待を大きく裏切る結果となった。

2010年はシーズン通して一軍に昇格できず、プロ入り初の一軍登板無しに終わった。

2011年は開幕から出遅れ、オールスター後も一軍昇格できずにいたが、9月22日に2年ぶりに昇格した[6]

2012年は一軍昇格すら出来ず、10月2日に球団から戦力外通告を受けた[7][3]。その後、11月9日に行われた12球団合同トライアウトに参加したが[8] 、オファーはこなかった。その後も12月23日に韓国プロ野球(KBO)高陽ワンダーズの入団テストを受けたが、合格できなかった。

その後[編集]

2014年1月8日、楽天時代の同僚・紀藤真琴が取締役兼紀藤塾塾長を務める茨城県水戸市に拠点を置く通信機器販売会社、パーソナル電電に勤務することになった[9]

プレースタイル[編集]

オーバースローから最速154km/hのストレートが最大の武器。スライダースローカーブカットボールフォークチェンジアップと多彩な球種を持つ。

制球が悪く四球や暴投が多い。ボールの先行からストライクを取りに行った甘い球を痛打されやすいことを課題としている。

人物[編集]

桐生第一高校の小林正人(一場の2年先輩)、正田樹(1年先輩)、そして一場と、3年連続で同校のエースがプロ入りしている。楽天に同期入団した大廣翔治とは桐生一高時代のチームメイト、西谷尚徳とは明治大学時代のチームメイトである。

大学では商学部に在籍。裏金騒動で2004年8月14日に退部した後、12月に安田芽衣子とのできちゃった結婚を発表[10]し、2005年7月1日に第一子となる長女が誕生。2006年11月21日、第二子となる長男が誕生している。楽天入団時、背番号を当初はエースナンバーの18を提示されるも、明大時代から愛着のある11を希望した[11]

トレード成立の背景には、荒木大輔曰く「チーム(ヤクルトスワローズ)には先発投手が不足」しており、当時監督だった高田繁の大学の後輩で「思い出の神宮球場で(一場の)学生時代の輝きを取り戻させたい」との思いから、楽天監督の野村克也へ直訴したことによる。楽天球団のフロントは一場が球団創設時のドラフト1位のため、トレードに消極的だったが、野村克也が「本人のために環境を変えた方がいい」とフロントを説得してトレードを成立させた。ちなみに交換相手の宮出は2010年シーズン終了後の11月に自由契約でヤクルトに復帰している。

プロ入りをめぐる混乱[編集]

2004年のドラフトに際し、大学屈指の右腕として注目を浴びた一場の争奪戦は激化する。本人が在京球団への入団を希望したこともあり、一時は読売ジャイアンツへの入団が内定していたが、同球団が一場に裏金を授受していたことが発覚し、入団は白紙となる。この事件の責任を取って渡邉恒雄がジャイアンツのオーナー職を辞任、一場も明治大学野球部を退部し[12]、当面謹慎を余儀なくされた。

その後、横浜ベイスターズ阪神タイガースも金銭の授受が発覚したため[12]、横浜・砂原幸雄、阪神・久万俊二郎の両オーナーも辞任した。この事件により、長らく暗黙の了解で慣習的に行われてきた有力選手への金銭授受を見直す動きが起こり、翌年以降の野球改革を作るきっかけとなった。また広島東洋カープも交通費として2000円の授受があったことが発覚した。

一時は日本プロ野球入団を諦め、メジャーリーグ中華職業棒球大聯盟への入団も検討していたが、2005年に創立した東北楽天ゴールデンイーグルスが即戦力の投手を求めていたため、自由獲得枠での入団が決まった[3]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2005 楽天 23 12 2 0 0 2 9 1 0 .182 473 102.0 119 15 53 0 4 72 8 0 67 63 5.56 1.69
2006 30 30 5 2 1 7 14 0 0 .333 848 193.2 205 22 71 3 7 151 13 0 103 94 4.37 1.43
2007 12 9 0 0 0 6 2 0 0 .750 264 58.2 73 5 21 0 1 40 7 1 39 35 5.37 1.60
2008 12 8 0 0 0 0 3 0 0 .000 165 31.1 49 3 21 0 1 27 5 0 38 34 9.77 2.23
2009 ヤクルト 9 7 0 0 0 1 5 0 0 .167 174 37.2 48 10 16 0 4 27 2 0 36 33 7.88 1.70
2011 5 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 23 5.1 4 0 4 0 0 5 0 0 3 3 5.06 1.51
通算:6年 91 66 7 2 1 16 33 1 0 .410 1947 428.2 498 55 186 3 17 322 35 1 286 262 5.50 1.60
  • 2012年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

投手記録
打撃記録

背番号[編集]

  • 11 (2005年 - 2008年)
  • 43 (2009年 - 2012年)

登場曲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ニッカンスポーツ、2011年12月8日
  2. ^ 一場投手が退部届を提出 巨人からの金銭受け取りで”. 共同通信 (2004年8月14日). 2013年12月28日閲覧。
  3. ^ a b c d <トライアウト直前・独占告白>一場靖弘「自分はまだまだ終われないんです」 1/4 Number web「野球クロスロード」
  4. ^ 2011年からチームメイトとなる。
  5. ^ a b <トライアウト直前・独占告白>一場靖弘「自分はまだまだ終われないんです」 2/4 Number web「野球クロスロード」
  6. ^ <トライアウト直前・独占告白>一場靖弘「自分はまだまだ終われないんです」 3/4 Number web「野球クロスロード」
  7. ^ 来季の契約について”. 東京ヤクルトスワローズ公式サイト (2012年10月2日). 2012年10月2日閲覧。
  8. ^ <トライアウト直前・独占告白>一場靖弘「自分はまだまだ終われないんです」 4/4 Number web「野球クロスロード」
  9. ^ 新入社員のご紹介 - パー電ブログ(2014年1月8日)
  10. ^ 楽天・一場が結婚、来夏にはパパに”. スポーツニッポン (2004年12月24日). 2013年12月28日閲覧。
  11. ^ 18は同期入団の渡邉恒樹が着用した。一場が指名された年のドラフト会議は楽天球団にとって初のドラフト会議で、同期入団の選手は前述の渡邉:18のように全員が若い番号を与えられた。
  12. ^ a b 「食事、タクシー代は怖いもの」明大・一場投手が謝罪会見”. 朝日新聞. 2013年12月28日閲覧。

関連項目[編集]