加藤領健

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
加藤 領健
福岡ソフトバンクホークス コーチ #96
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県名古屋市緑区
生年月日 (1982-05-31) 1982年5月31日(36歳)
身長
体重
174 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2004年 ドラフト6巡目
初出場 2005年7月16日
最終出場 2006年4月22日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 福岡ソフトバンクホークス (2018 - )

加藤 領健(かとう りょうた、1982年5月31日 - )は、愛知県出身の元プロ野球選手捕手)。2007年までの登録名は「領健」。2018年より福岡ソフトバンクホークス三軍バッテリーコーチ

来歴・人物[編集]

プロ入り前[編集]

中学校時代には、全国大会で優勝。

PL学園高校では3年夏に主将として第82回全国高等学校野球選手権大会に出場。

青山学院大学でも1年次から正捕手に定着し、4年次には主将を務めた。さらに同年(2004年)には、第33回日米大学野球選手権大会の日本チームのメンバーに選出され、第1・第2・第4戦でスタメンマスクを被った。東都大学リーグ通算93試合出場、300打数60安打、打率.200、3本塁打、35打点。ベストナイン2回。

2004年のドラフト会議で6巡目指名を受け、福岡ソフトバンクホークスに入団。明るい性格で、入団発表時には「田口(昌徳)さんのようなムードメーカーになりたい」と語っていた。

プロ入り後[編集]

ルーキーイヤーの2005年は二軍で経験を積み、正捕手・城島健司の故障もあって一軍に昇格。プレーオフにも1イニングではあるが出場し、マスクを被った。

城島が退団した2006年はチャンスだったが、ほとんど出場の機会はなかった。

2007年は春季キャンプからA組(一軍)に抜擢。正捕手候補として期待されるが、オープン戦途中で蜂窩織炎を左足に発症。結果を出せないまま戦線離脱してしまった。
同年12月3日、登録名を「領健」から、本名の「加藤領健」に変更した。

2008年11月4日戦力外通告を受け、現役を引退。

引退後[編集]

ブルペン捕手として契約し、2008年秋季キャンプから務めている。

2018年から3軍バッテリーコーチに就任[1]

詳細項目[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2005 ソフトバンク 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
2006 6 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
通算:2年 7 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000

年度別守備成績[編集]


捕手
試合 刺殺 補殺 失策 併殺 捕逸 守備率 企図数 許盗塁 盗塁刺 阻止率
2005 1 1 0 0 0 0 1.000 0 0 0 -
2005 6 6 0 0 0 0 1.000 1 1 0 .000
通算 7 7 0 0 0 0 1.000 1 1 0 .000

記録[編集]

背番号[編集]

  • 29 (2005年 - 2008年)
  • 108 (2009年 - 2017年)
  • 96 (2018年 - )

登録名[編集]

  • 領健 (りょうた、2005年 - 2007年)
  • 加藤 領健 (かとう りょうた、2008年)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 2017/11/09(木) プレスリリース 2018年コーチングスタッフについて”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト (2017年11月9日). 2017年12月2日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]