岩田稔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
岩田 稔
阪神タイガース #21
HT-Minoru-Iwata20110310.jpg
2011年3月10日
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府守口市
生年月日 (1983-10-31) 1983年10月31日(34歳)
身長
体重
179 cm
94 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2005年 希望入団枠
初出場 2006年10月14日
年俸 5,300万円(2017年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 日本の旗日本
WBC 2009年
獲得メダル
日本の旗 日本
ワールド・ベースボール・クラシック
2009 野球

岩田 稔(いわた みのる、1983年10月31日 - )は、阪神タイガースに所属する大阪府守口市出身のプロ野球選手投手)。左投左打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

守口市立庭窪中学校から大阪桐蔭高校に進学。高校2年秋からエースとなり秋季大阪府大会で準優勝して近畿大会でも8強入りしたが、同年の冬に風邪を引いた際のウイルス感染が元で1型糖尿病を発症。3年時にもエースナンバーを背負っていたが、腰の故障により夏の大阪府大会での登板機会はなかった。高校の同期には中村剛也、1年後輩には後にプロでもチームメイトとなる西岡剛がいた。

高校卒業後に社会人野球チームでプレーを続ける予定だったが、1型糖尿病の影響で白紙に戻ったこと[2]から、関西大学に推薦入試で進学。大学進学後も故障に悩まされたため、関西学生野球リーグ戦の通算成績は6勝10敗にとどまった。

しかし、最速151km/hの速球や縦に割れるカーブを軸に、カット・ファスト・ボールチェンジアップなどの多彩な変化球を投じるスタイルを大学の先輩でもあり当時阪神タイガーススカウトだった山口高志が評価。2005年のプロ野球大学・社会人ドラフト会議で、希望枠によって阪神への入団に至った。背番号は21。入団会見では、大学・阪神の先輩投手であった村山実を目標に挙げるとともに、「(背番号が村山の11より10多い21であることから)『10倍頑張れ』ということだと思います」と語った。

プロ入り後[編集]

2006年には、高校の先輩で自身と同じ左腕投手にちなんで「今中二世」と呼ばれていたものの、故障が相次いだ。10月14日の対広島東洋カープ戦(広島市民球場)に先発投手として一軍デビューを果たしたが、3回4失点という内容で敗戦投手になった。結局、一軍公式戦ではこの先発登板だけで終わった。

2007年には、一軍公式戦4試合に登板したが、0勝1敗、防御率5.40という成績にとどまった。その一方で、中学校時代の同級生の女性と結婚したことを6月21日に発表。シーズン終了後の11月には、第一子(長男)を授かった。

2008年には、春季キャンプオープン戦を通じて好調だったことから、プロ入り後初めて開幕一軍入りを果たした。3月29日には、横浜ベイスターズとの開幕カード第2戦(京セラドーム大阪)で先発投手に抜擢されると、6回を1失点に抑えて一軍公式戦での初勝利を挙げた。さらに、4月26日の対読売ジャイアンツ(巨人)戦(阪神甲子園球場)で一軍初の完投勝利を挙げるなど、シーズンを通じて一軍の先発ローテーションに定着。下柳剛に次ぐチーム2位の投球回数(159回2/3)へ達した末に、10勝10敗、セントラル・リーグ(セ・リーグ)8位の防御率3.28を記録した。被本塁打数をリーグ最終規定投球回に達した投手で最少の5本に抑えた一方で、リーグ最多タイ記録の11死球や、リーグ4位の50四球を出すなど制球面での課題を露呈。また、左打者に対する被打率が3割を超えたほか、リーグの最終規定投球回に達した投手では最も多い7暴投(リーグ5位)を記録した。このため、秋季キャンプからは、同じ左腕投手である杉内俊哉を意識したフォームに変更。シーズン終了後には、杉内の自主トレーニングに参加した。

2009年には、レギュラーシーズンの開幕前に開かれた第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表に選出。本選では、中継ぎで2試合に登板するとともに、日本代表の大会2連覇に貢献した。しかし、大会後に左肩を痛めていたことが発覚。帰国後の検査で「左肩肩峰下滑液胞炎」と診断された[3][4]ため、一軍公式戦へのシーズン初登板は6月10日の対埼玉西武ライオンズ戦(西武ドーム)まで持ち越された。一軍復帰後は打線の援護に恵まれなかったものの、5度目の先発登板であった7月29日の対横浜戦で、一軍公式戦でのシーズン初勝利をプロ入り後初めての完封で挙げた。さらに、第二子(長女)が誕生した9月9日の対中日ドラゴンズ戦(いずれも甲子園)でも完封勝利をマーク。一軍公式戦での通算成績は7勝5敗で、リーグの最終規定投球回数に達しなかったものの、前年を下回る投球回数(110回2/3)で前年を上回る103三振を奪った。通算防御率は2.68で、前述の2完封勝利を含むプロ入り後自己最多の4完投を記録した。

2010年には、開幕前の3月に左肘を故障。手術を受けた後にリハビリへ専念したため、一軍公式戦への登板機会はなく、シーズン終了後のフェニックス・リーグ最終戦(対巨人戦)で実戦に復帰した[5]。その一方で、シーズン終了後の12月30日には、第三子(二女)が誕生した[6]

2011年には、4月14日広島東洋カープとの開幕カード第3戦(甲子園)に、先発投手として登板。一軍公式戦では2009年のレギュラーシーズン最終戦( 10月9日明治神宮野球場での対東京ヤクルトスワローズ戦)以来552日振りの登板であったが、7回3失点という内容で敗戦投手になった[7]5月5日の対巨人戦(東京ドーム)で、7回を1失点に抑えてシーズン初勝利。一軍公式戦では2009年10月4日の対中日戦(甲子園)以来578日振りの勝利であったため、試合後のヒーローインタビューでは号泣した[8]。レギュラーシーズン全体では、先発ローテーションの一角を守りながら、チームトップの防御率2.29をマーク。WHIPも0.98という好記録を残したが、打線の援護に恵まれない試合が多かった影響で、9勝13敗と負け越した。

2012年には、一軍公式戦の開幕から先発ローテーションの一角を担いながら、中盤以降に打ち込まれるなど不調。チームの低迷も相まって勝ち星が8勝にとどまった一方で、ブライアン・バリントン(広島)と並んでリーグ最多の14敗を喫した。防御率も3.52と、前年と比べて1点以上悪化した。

2013年には、一軍公式戦の開幕から先発ローテーションに入ったものの、序盤から制球に苦しむ試合が相次いだ。4月を3連敗で終えると、5月4日の対ヤクルト戦(甲子園)でシーズン初勝利を挙げたが、続く11日の同カード(神宮)では4回裏の途中で交代。この試合を境に、二軍での調整を余儀なくされた。夏場に一軍へ復帰したものの、先発で不安定な投球が続いたことから、中継ぎでの再生を模索。それでも結果を残せなかったため、シーズン終盤には二軍での再調整を命じられたことから、一軍公式戦ではわずか2勝でシーズンを終えた。このため、シーズン終了後には、初めて海外で自主トレーニングを敢行した[9]

2014年には、シーズン初の一軍マウンドであった4月20日の対ヤクルト戦(甲子園)でシーズン初勝利。4月26日の対DeNA戦(横浜スタジアム)では、一軍公式戦では自身2年半振りの完投、および自身2度目の無四球勝利を記録した。7月には、月間4勝、防御率1.25という好成績で自身初の月間MVPを受賞[10]。結局、最後まで一軍の先発ローテーションを担うとともに、リーグ2位の防御率2.54を記録した。チームがレギュラーシーズン3位で臨んだポストシーズンでは、巨人とのクライマックスシリーズ ファイナルステージ第2戦(10月16日・東京ドーム)に先発で勝利。チームが4戦全勝でステージを突破する[11]と、福岡ソフトバンクホークスとの日本シリーズでも、第4戦(10月29日)への先発で7回2失点と好投した。さらに、シーズン終了後に開かれた日米野球2014では、故障で出場を辞退した岸孝之に代わって日本代表に選出[12][13]。阪神でのチームメイトである藤浪晋太郎が先発した11月16日の第4戦(東京ドーム)で、藤浪の後を受けた救援で2イニングを投げた[14]

2015年には、レギュラーシーズンを通じて先発ローテーションに定着。8勝10敗と負け越したものの、防御率3.22を記録した。先発で登板した5月5日の対中日戦(甲子園)では、6回裏2死満塁で迎えた打席で山井大介から走者一掃の三塁打を放った末に、勝利投手になった[15]。チームのシーズン2位で迎えた巨人とのクライマックスシリーズ ファーストステージでは、10月12日の第3戦(東京ドーム)に中継ぎで6回裏から登板したが、2失点で降板。結局、チームはこの試合に敗退したため、2年連続の日本シリーズ進出を逃した。なお、7月16日には第1回WBSCプレミア12の日本代表第1次候補選手に選出された[16]が、11月開催の本戦には出場していない。

2016年には、一軍公式戦の開幕から先発ローテーションの一角を任された。3月30日の対ヤクルト戦(神宮)でシーズン初登板を果たしたが、6回途中7失点で敗戦投手になったことを皮切りに、通算4試合の先発登板で0勝3敗、防御率7.11と不振。4月28日に出場選手登録を抹消された。一軍で左の中継ぎ要員が手薄なチーム事情を背景に、9月10日に一軍へ復帰する[17]と、翌11日の同カード(神宮)7回裏に救援で登板。一軍公式戦では自身3年振りの中継ぎ登板であったが、最初に対戦した山田哲人から本塁打を浴びるなど、1回を投げて4被安打4失点と打ち込まれた[18]。その後も救援で1試合に登板したものの、9月16日に再び登録を抹消されると、そのままシーズンを終了。一軍公式戦全体でも、0勝3敗、防御率8.85と不振を極めた。このため、シーズン終了後の11月29日には、推定年俸5,300万円という条件で契約を更改。NPB野球協約に定められた年俸1億円以下の選手に対する減額率の上限(25%)に迫る減俸(前年度から推定で1,500万円減)だったため、更改後の記者会見では、「初心に返って引退覚悟で2017年シーズンに臨む」との決意を述べた[19]

2017年には、春季キャンプを主力選手中心の「沖縄組」で迎えると、一軍監督の金本知憲から第1クールのMVPに選出[20]。一軍の開幕ローテーション6番手へ入ることを目標にオープン戦へ臨んだが、右投手である秋山拓巳青柳晃洋の後塵を拝する結果に終わった[21]ため、一軍公式戦の開幕直前からは二軍での調整を強いられた。シーズン中盤にウエスタン・リーグの公式戦で好投を続けたことから、7月27日の対DeNA戦で、先発投手として一軍公式戦にシーズン初登板。5回を投げて毎回の5四球を出しながら、3被安打2失点で凌いだ末に、一軍公式戦では2015年9月20日の対ヤクルト戦(いずれも甲子園)以来676日振りの勝利を挙げた[22]。次に先発で登板した8月3日の対広島戦(マツダ)4回裏に1死を取った時点で、NPB一軍公式戦通算1000投球回に到達[23]。一軍公式戦では10試合の登板で3勝2敗、防御率4.25にとどまったものの、ストレートの球速が140km/h台の中盤にまで戻る[24]など、登板試合の随所で復調の兆しを見せた。

人物[編集]

1型糖尿病のため1日4回のインスリン注射は欠かせない[25]が、アマチュア時代に糖尿病を発症しつつもプロで活躍したビル・ガリクソンや、8歳で1型糖尿病を発症しながらエアロビックの世界チャンピオンになった大村詠一に勇気づけられたことから「自分が頑張ることで、同じように糖尿病と戦っている人たちを勇気づけていきたい」と話している。2013年には、糖尿病患者に対する慈善活動が評価されたことによって、阪神球団から若林忠志賞を授与されている[26]

  • 一軍に定着した2012年からは、自身が登板した一軍の公式戦で1勝するたびに、10万円を糖尿病研究のために寄付[27]。シーズンを終えるたびに、1シーズン分の総額に相当する寄付金を、NPO法人の日本IDDMネットワークへ贈呈している。また、糖尿病を患う少年たちを激励する目的で、彼らを阪神甲子園球場での野球観戦と交流会に招待している[28]2017年には、以上の活動に対して、報知新聞社から第19回ゴールデンスピリット賞を授与された[29]
  • 2016年の公式戦開幕日(3月25日)には、自身初の著書『やらな、しゃーない! 1型糖尿病と不屈の左腕』をKADOKAWAから発売した。1型糖尿病を発症してからの半生を綴った自叙伝で、印税を全額日本IDDMネットワークへ寄付する予定。岩田によれば、祈祷師を自称する男性が1型糖尿病の男児に対する殺人の疑いで逮捕された栃木県内の事件(2015年)に関する報道へ接したことをきっかけに、1型糖尿病の認知活動の一環として執筆に至ったという[30]

阪神へ入団してからは、こどもの日に登板した一軍公式戦で、2015年までに3連勝を記録している[15]

遠藤章造ココリコ)とは、顔が似ていることから、公私にわたって交流。2008年に『BRAVO!』(読売テレビ)で共演したことを機に、同番組のMCだった遠藤から「弟」と呼ばれている。この縁で、岩田が先発した2014年5月25日の対ロッテ戦(甲子園)では、遠藤が始球式を務めた。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2006 阪神 1 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 16 3.0 2 1 4 0 0 1 2 0 4 3 9.00 2.00
2007 4 3 0 0 0 0 1 0 0 .000 62 13.1 15 0 8 0 2 6 2 0 9 8 5.40 1.73
2008 27 27 2 0 1 10 10 0 0 .500 678 159.1 168 5 50 3 11 101 7 0 64 58 3.28 1.37
2009 16 16 4 2 0 7 5 0 0 .583 455 110.2 99 3 27 1 8 103 4 0 40 33 2.68 1.14
2011 25 25 2 2 0 9 13 0 0 .409 673 169.0 121 7 45 5 8 133 6 0 47 43 2.29 0.98
2012 25 25 0 0 0 8 14 0 0 .364 648 153.1 157 10 41 3 2 107 6 0 73 60 3.52 1.29
2013 9 8 0 0 0 2 5 0 0 .286 189 43.2 43 3 16 0 1 25 1 0 26 24 4.95 1.69
2014 22 22 1 0 1 9 8 0 0 .529 601 148.2 123 13 43 1 2 116 6 0 50 42 2.54 1.12
2015 27 27 2 1 0 8 10 0 0 .444 722 170.1 168 13 49 1 5 119 8 0 66 61 3.22 1.27
2016 6 4 0 0 0 0 3 0 0 .000 107 20.1 36 4 10 1 2 14 3 0 23 20 8.85 2.27
2017 10 10 0 0 0 3 2 0 0 .600 233 53.0 55 4 22 0 2 39 4 2 26 25 4.25 1.45
NPB:11年 172 168 11 5 2 56 72 0 0 .438 4384 1044.2 987 63 315 15 43 764 49 2 428 377 3.25 1.25
  • 2017年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]


投手












2006 1 0 0 0 0 ---
2007 4 2 2 0 0 1.000
2008 27 12 51 1 6 .984
2009 16 4 40 0 4 1.000
2011 25 10 55 3 4 .956
2012 25 10 37 3 2 .940
2013 9 4 16 0 3 1.000
2014 22 16 35 1 3 .981
2015 27 11 39 3 3 .943
2016 6 2 1 0 0 1.000
2017 10 2 10 0 0 1.000
通算 172 73 286 11 25 .970
  • 2017年度シーズン終了時

表彰[編集]

記録[編集]

投手記録
打撃記録
  • 初安打:2007年7月29日、対横浜ベイスターズ12回戦(阪神甲子園球場)、4回裏に吉見祐治から中前安打
  • 初打点:2009年8月12日、対中日ドラゴンズ16回戦(京セラドーム大阪)、4回裏に朝倉健太から右前適時打
節目の記録

背番号[編集]

  • 21 (2006年 - )
    • 19 (2009年WBC

登場曲[編集]

代表歴[編集]

関連情報[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 阪神 - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2016年11月29日閲覧。
  2. ^ 知ってほしい I型糖尿病患者の声 - 大阪日日新聞(2006年3月30日) Archived 2013年11月5日, at the Wayback Machine.
  3. ^ 岩田 左肩痛発覚…早くて5月復帰”. 2009年3月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年3月29日閲覧。 - デイリースポーツ(2009年3月28日)
  4. ^ 阪神・岩田「前半戦絶望」も…WBCで左肩違和感 Archived 2014年7月24日, at the Wayback Machine. - スポーツニッポン(2009年3月28日)
  5. ^ “阪神・岩田、術後初実戦で145キロ!復活へ手応え”. スポーツニッポン. (2010年10月27日). オリジナル2013年12月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131225130741/http://www.sponichi.co.jp/osaka/base/201010/27/base223554.html 2012年8月31日閲覧。 
  6. ^ “岩田、第3子となる次女が誕生!母子ともに健康”. スポーツニッポン. (2011年1月1日). http://www.sponichi.co.jp/osaka/base/201101/01/base225001.html 2013年4月6日閲覧。 
  7. ^ 552日ぶり登板も…岩田、復活白星はお預け - スポーツニッポン(2011年4月15日)
  8. ^ 岩田 涙の今季初勝利!「上を向いてやろうとここまで来た」 - スポーツニッポン(2011年5月5日)
  9. ^ 岩田 932日ぶり完投勝利 ダメならローテ落ちもあった - スポーツニッポン(2014年4月27日)
  10. ^ 阪神 岩田 9年目の初受賞に喜び「縁がないものと思っていた」 - スポーツニッポン(2014年8月8日)
  11. ^ 阪神 CS初突破へ連勝 主将・鳥谷2打点!岩田7回2失点 SANSPO.COM
  12. ^ 侍ジャパントップチーム、出場選手変更のお知らせ 侍ジャパン公式サイト (2014年10月24日) 2015年3月26日閲覧
  13. ^ 西武・岸、けがで日米野球の出場辞退 代わって阪神・岩田が出場 - サンケイスポーツ(2014年10月24日)
  14. ^ 2014 SUZUKI 日米野球 第4戦 打席結果・投打成績 侍ジャパン公式サイト (2014年11月16日) 2016年12月23日閲覧
  15. ^ a b 阪神岩田投打に大奮闘「こどもの日」は3連勝 - 日刊スポーツ(2015年5月5日) 2016年3月24日閲覧
  16. ^ トップチーム第一次候補選手発表!11月に行われる「WBSC世界野球プレミア12」へ向けて65名が名を連ねる[リンク切れ] 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2015年7月16日) 2015年8月4日閲覧
  17. ^ 阪神岩田が4カ月ぶり一軍へ 中継ぎ適性をチェック - 日刊スポーツ(2016年9月9日)
  18. ^ 阪神岩田1回4失点 3年ぶり中継ぎも炎上 - 日刊スポーツ(2016年9月11日)
  19. ^ 阪神岩田1500万円大減俸「初心に帰り引退覚悟で」 - 日刊スポーツ(2016年11月29日)
  20. ^ 岩田、第1クールMVP 金本監督「今季に懸ける意気込み球に出ている」 - デイリースポーツ(2017年2月6日)
  21. ^ 阪神岩田、開幕ローテ厳しい「6番手枠」の次に後退 - 日刊スポーツ(2017年3月21日)
  22. ^ 阪神岩田676日振り白星「もう終わると思ってた」 - 日刊スポーツ(2017年7月27日)
  23. ^ 阪神岩田が通算1000投球達成も自身2連勝逃す - 日刊スポーツ(2017年8月4日)
  24. ^ 阪神岩田「メッセンジャー今季絶望ショック」救う7回1失点 - 日刊スポーツ(2017年8月12日)
  25. ^ 岩田稔投手インタビュー(PDF) [リンク切れ] - 関西大学学生センター冊子
  26. ^ 阪神タイガース公式サイト> 社会貢献活動 > 若林忠志賞
  27. ^ 阪神タイガース 岩田稔投手が1型糖尿病研究基金へ - 日本IDDMネットワーク
  28. ^ 阪神タイガースの岩田稔投手と患者との交流会を開催し感謝状を贈呈しました。 日本IDDMネットワーク
  29. ^ ゴールデンスピリット賞 第19回受賞者(2017年) 阪神・岩田稔 - スポーツ報知(2017年111月8日) 同日閲覧
  30. ^ 阪神岩田自叙伝「1型糖尿病の認知活動につながる」 - 日刊スポーツ(2016年3月24日) 同日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]