麻生実男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
麻生 実男
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県福山市
生年月日 1937年12月17日
没年月日 (1991-11-22) 1991年11月22日(53歳没)
身長
体重
168 cm
81 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1959年
初出場 1959年4月11日
最終出場 1966年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

麻生 実男(あそう じつお、1937年12月17日 - 1991年11月22日)は、広島県福山市出身(出生地は旧満州)で、主に1960年代前半に活躍したプロ野球選手内野手)である。右投げ右打ち。

1960年の大洋ホエールズV1戦士の一人で、勝負どころで快打を連発し、大洋のセ・リーグ初優勝に貢献した[1][2][3]

経歴[編集]

1937年(昭和12年)12月17日、旧満州に生まれ、1944年に福山市に移る。盈進商業高等学校(現・盈進高等学校)では、1954年に秋季中国大会まで進むが、1回戦で倉吉東高に敗れる。卒業後は倉敷レイヨンに入社。1957年都市対抗にチーム初出場。1回戦では川島紡績を延長16回の末に降し、日本生命との2回戦では伊藤芳明から2点本塁打を放つなど5打点の活躍で勝ち上がる。準々決勝に進むが、熊谷組森永勝治に先制打を許し、リリーフ・大沢貞義の好投に0-5と抑えられ敗退[4]

1959年に、当時の大洋ホエールズに入団。新人ながら開幕から遊撃手、一番打者として起用される。ミートが上手く岩本堯とともにチャンスメーカーとして活躍するが、守備に難があり27失策。このため1960年に監督に就任した三原脩から「お前の守りで金は取れないがバットなら金になる」と得意の打撃を活かすよう助言される[1][5]。「三原魔術」・「超二流選手」を体現する一人。打ち出した“分業システム”で開幕当初は攻撃重視の遊撃手として先発で起用された。守備重視の場合は岩岡保宏浜中祥和が遊撃手に入った。6月に近鉄バファローから鈴木武が移籍してからは、主に代打の切り札として起用され大洋初優勝に貢献した。シーズン通算打率が.254に対して代打率.308とレギュラー起用時よりも打率が跳ね上がり「元祖・代打専門選手」と呼ばれた[1]。しかし同年の大毎オリオンズとの日本シリーズでは4連勝したこともあり、第2戦で1打席に代打で起用されたのみにとどまる。その後も代打では無類の勝負強さを発揮し、1962年には代打専門としては史上初めてオールスターゲームに出場している[3]。当時中日ドラゴンズ監督だった杉下茂は、「ショートで出ている時と目つきが違っていた。代打で麻生が出ると独特のオーラがあり、投手は震え上がった」と語っている。

タイ・カッブ型グリップを2つ重ねた独特のグリップエンドのバットを使用[1]。ケージに立てかけていたこのバットに三原が目を留め、代打専門を思いついたといわれる[3]美津和タイガー野球博物館に実物が保存されている。

1966年サンケイアトムズに移籍し、同年引退。

郷里・福山に戻り健康飲料会社を経営したが失敗。その後は岡山に移り、西大寺保険セールスマンとして勤める傍ら、リトルリーグの指導を続けた。

1991年11月22日、心不全のため死去。享年53。

人物[編集]

麻生はショートを守っていたが、バッティングはいいが守備はヘタ。肩も弱く三原監督が守らせたらバッティングも悪くなると代打専門に変えた。三原マジックとして語られる以下のような逸話がある。1点リードされて8回裏、三原は守備の上手くない麻生を代打に送り、そのまま9回表の守備に付かせた。エラーする可能性があったが、三原は9回裏に同点としてツーアウト満塁になるとちょうど麻生に回ってくると計算していた。するとその通りの展開に。麻生がサヨナラヒットを放ちチームは劇的勝利した[2]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1959 大洋 103 391 364 36 84 16 3 4 118 23 4 6 4 2 18 0 2 48 7 .231 .271 .324 .595
1960 92 146 138 8 35 7 1 1 47 17 0 0 0 2 6 2 0 23 4 .254 .285 .341 .625
1961 71 83 79 3 16 4 0 1 23 9 1 0 0 2 2 1 0 18 4 .203 .222 .291 .513
1962 87 89 85 5 16 6 0 3 31 12 0 0 0 0 4 2 0 17 7 .188 .225 .365 .589
1963 48 50 46 1 7 0 0 1 10 3 0 0 0 1 3 0 0 5 3 .152 .204 .217 .421
1964 33 32 32 0 5 1 0 0 6 1 0 0 0 0 0 0 0 8 1 .156 .156 .188 .344
1965 58 68 66 6 15 3 1 0 20 6 2 0 0 1 1 1 0 8 1 .227 .239 .303 .542
1966 サンケイ 31 36 36 2 5 0 0 1 8 8 0 0 0 0 0 0 0 5 1 .139 .139 .222 .361
通算:8年 523 895 846 61 183 37 5 11 263 79 7 6 4 8 34 6 2 132 28 .216 .248 .311 .559

大洋が初優勝した1960年は特に巨人戦で打ち、代打率.577を記録。サヨナラ犠飛も記録している

記録[編集]

背番号[編集]

  • 12 (1959年 - 1965年)
  • 10 (1966年)

出典[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]