金光秀憲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
金光 秀憲
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県
生年月日 (1935-06-02) 1935年6月2日(83歳)
身長
体重
173 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1959年
初出場 1959年4月11日
最終出場 1969年5月20日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 大洋ホエールズ(1970 - 1974)

金光 秀憲(かねみつ ひでのり、1935年6月2日 - )は、兵庫県出身の元プロ野球選手外野手)。右投左打。

来歴・人物[編集]

浪華商業高等学校大阪府立清水谷高等学校から関西学院大学へ進学。関西六大学リーグでは1955年秋季リーグで優勝。リーグ通算73試合に出場し、263打数88安打、打率.335、2本塁打の成績を残した。

1959年に当時の大洋ホエールズに入団し、1年目から一軍に定着。翌1960年シーズン終盤には故障の黒木基康に代わり右翼手、三番打者としてリーグ優勝に貢献。日本シリーズでは第1戦で決勝本塁打、第3戦で2適時打を放つなど活躍、首位打者となる。1961年には左翼手、五番打者の定位置を獲得したが、翌年には長田幸雄が台頭し出場機会が減る。4月11日の中日ドラゴンズ戦では板東英二からサヨナラ本塁打を放っている。その後も長く外野の控えや代打の切り札として活躍。1969年に引退。翌1970年からは大洋の打撃コーチを務め、1974年に退団。

その後は横浜のスイミングクラブの支配人などを経て、静岡県函南町で温泉管理業を営む。

現在は、関西学院大学野球部OB会の会長を務める。

エピソード[編集]

1960年の大洋はエースの秋山登を開幕戦の事故で欠き、開幕から6連敗してしまうが、その連敗を止めたのが金光だった。

大毎オリオンズとの対戦となった同年の日本シリーズ初戦、0対0の7回に監督の三原脩から「初球ストレートが来る」と言われた金光は、中西勝己の「カーブ」をホームラン。これが決勝点となり大洋が先勝した。結果的に三原の予想は外れた訳だが、なぜか金光本人は打ったのがストレートと思いこんでおり、「三原さんはなぜストレートと解ったのか、恐ろしいくらい」とコメント。打ったのがカーブと聞かされると非常に驚いた。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1959 大洋 71 168 160 7 33 4 1 3 48 18 2 0 3 0 3 0 1 26 3 .206 .226 .300 .526
1960 83 188 180 14 46 12 0 5 73 20 3 0 1 1 5 0 0 22 4 .256 .276 .406 .681
1961 121 382 362 36 102 22 3 5 145 41 4 5 0 1 18 7 0 40 4 .282 .316 .401 .716
1962 58 80 77 5 16 4 0 1 23 7 1 0 0 0 2 0 1 11 0 .208 .238 .299 .536
1963 64 70 68 0 13 1 0 0 14 2 0 0 0 0 1 0 1 6 2 .191 .214 .206 .420
1964 47 49 45 0 11 3 0 0 14 10 0 0 0 0 4 0 0 5 2 .244 .306 .311 .617
1965 96 173 156 19 46 6 3 8 82 26 1 0 2 2 13 1 0 25 6 .295 .349 .526 .875
1966 73 143 128 5 36 6 1 1 47 14 0 1 0 2 9 3 3 18 5 .281 .343 .367 .710
1967 71 85 78 4 12 2 0 1 17 10 0 0 0 1 5 1 1 10 1 .154 .214 .218 .432
1968 54 56 47 3 10 1 0 3 20 6 0 0 0 0 8 0 0 9 4 .213 .327 .426 .753
1969 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
通算:11年 739 1394 1301 93 325 61 8 27 483 154 11 6 6 7 68 12 7 172 31 .250 .291 .371 .662

表彰[編集]

背番号[編集]

  • 9(1959年 - 1969年途中)
  • 50(1969年途中 - 1971年)
  • 40(1972年 - 1974年)

関連項目[編集]