平田真吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
平田 真吾
横浜DeNAベイスターズ #34
20140727 Singo Hirata pitcher of the Yokohama DeNA BayStars,at Meiji Jingu Stadium.JPG
2014年7月27日 明治神宮野球場にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 山口県下関市
生年月日 (1989-08-29) 1989年8月29日(33歳)
身長
体重
182 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2013年 ドラフト2位
初出場 2014年3月28日
年俸 2300万円(2022年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
派遣歴

平田 真吾(ひらた しんご、1989年8月29日 - )は、山口県下関市出身のプロ野球選手投手)。右投右打。横浜DeNAベイスターズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

山口県立豊北高等学校時代は目立った結果を残せず、北九州市立大学に進学後も3年秋のリーグ戦まではわずか1試合しか登板できずにいた。しかし、4年秋のリーグ戦では5勝0敗、防御率1.15を記録し敢闘賞。2012年、Honda熊本硬式野球部へ入部。

2年目に日本選手権初戦で0-1で惜敗するも完投した[2]2013年のプロ野球ドラフト会議横浜DeNAベイスターズから2巡目指名を受け、契約した[3]。背番号は「34」。

DeNA時代[編集]

2014年3月23日、西武ドームにて

2014年は春季キャンプ・オープン戦にて首脳陣から評価を得て、ルーキーイヤーの開幕を一軍で迎えることになった。3月28日の東京ヤクルトスワローズ戦(明治神宮野球場)でプロ入り初登板を果たし、1回を無失点に抑えた。しかし、2試合目の登板となった4月2日の読売ジャイアンツ戦(横浜スタジアム)では1死満塁のピンチを招き降板。後続の山口俊も打ち込まれ、この回1イニング10失点を喫する要因となった(負け投手は山口)[4]。即座に一軍登録を抹消されるものの、7月に一軍復帰した後は7試合の登板で11回2/3を投げ、防御率0.77と持ち直した。

2015年6月6日の埼玉西武ライオンズ2回戦で9回に登板し、プロ野球史上17人目となる1イニング4奪三振を記録した。この年は6月にシーズン初昇格すると、6月・7月と続けて防御率0点台と好投を続けたが、8月2日の広島東洋カープ戦、8月4日の中日ドラゴンズ戦と、続けて打ち込まれて敗戦投手になってしまい、最終的には28試合の登板で、防御率3.38に終わった。

2016年は二軍で30試合に登板して2勝0敗11セーブ、35回を投げて防御率1.03と成績を残した。しかし一軍では登板した全ての試合で失点するなど精彩を欠き、4試合で防御率21.60という成績に終わった。

2017年はオープン戦では8試合8回1/3を投げ防御率1.04の成績を残し、ルーキーイヤー以来となる開幕一軍は逃すも、4月1日に一軍登録。9月まで防御率2点台と好調を維持し、ロングリリーフを中心に自己最多の33試合に登板した。チーム19年振りの進出となった福岡ソフトバンクホークスとの日本シリーズでも第1戦(福岡ヤフオク!ドーム)で登板し、三者凡退に抑えた。

2018年は4月11日の巨人戦(東京ドーム)でプロ入り初の先発投手として起用され、5回無失点と好投した(勝ち負けつかず)[5]。その後は敗戦処理などで起用されたが、防御率は6点台と前年よりも悪化した。

2019年も前年同様に敗戦処理として8試合に登板。8試合中5試合で失点し、防御率も9点台と振るわなかった。オフに阪口皓亮大貫晋一笠井崇正とともにオーストラリアン・ベースボールリーグキャンベラ・キャバルリーへ派遣された[6]

2020年は4年ぶりに開幕一軍入りを果たし、シーズン終了まで一軍に帯同。中継ぎ陣の一角として好投を続けた。また、今永昇太平良拳太郎ら先発陣に故障者が続出していた経緯もあり、10月7日の巨人戦(東京ドーム)でプロ2試合目の先発登板を果たすと、5回2失点7奪三振と好投し通算130試合目の登板でプロ初勝利を挙げた。130試合でのプロ初勝利は、2000年の大阪近鉄バファローズ柴田佳主也が記録した168試合目、2017年に中日の祖父江大輔が記録した142試合目に続く歴代3番目の遅さである[7]。最終的には一度も二軍に落ちることなくシーズンを終え、キャリアハイとなる43試合の登板で1勝1敗、11ホールド、防御率2.84の成績を残した。12月9日の契約更改では940万円増の年俸2200万円(推定)でサインした[8]

2021年は2年連続で開幕一軍入りを果たすも、安定感に欠ける投球が続き、5月以降は登板機会自体が減少した。9月29日のヤクルト戦(神宮)でプロ初セーブを挙げる[9]など、最後は7試合連続無失点でシーズンを終えたものの、38試合の登板で防御率4.10と前年よりも成績がやや悪化した。11月4日には横浜市内の病院で右肘のクリーニング手術を行ったことが球団から発表された[10]

2022年は手術の影響で春季キャンプから二軍スタートとなり調整を続けていたが[11]、3月25日に新型コロナウイルスの陽性が判明し開幕から出遅れる[12]。その後、4月19日の二軍の巨人戦で実戦復帰し、4月23日に一軍登録され中継ぎでの登板を続ける[13]

選手としての特徴[編集]

最速151km/hを誇るストレートと切れのあるスライダーフォークボール[14]カーブツーシームを投げる。また、カットボールを2019年オフのオーストラリア・リーグ遠征の際に習得した[15]

人物[編集]

ドラフト指名後の2013年に大学時代、野球部マネージャーの知人だった女性と結婚[16]。入寮時には新妻を地元に残しての上京となった[17]

プロ初勝利を挙げた2020年10月7日の試合中には、Twitter上で「#平田真吾初勝利チャレンジ」なるハッシュタグがトレンド入りし、最高2位にランクインしている。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2014 DeNA 9 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 50 13.0 9 1 5 0 1 7 2 0 5 5 3.46 1.08
2015 28 0 0 0 0 0 2 0 4 .000 140 32.0 29 2 14 0 1 27 4 0 12 12 3.38 1.34
2016 4 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 21 3.1 7 2 3 0 1 2 0 0 9 8 21.60 3.00
2017 33 0 0 0 0 0 1 0 1 .000 157 36.1 32 5 17 0 4 29 2 1 19 19 4.71 1.35
2018 17 1 0 0 0 0 0 0 0 ---- 116 25.2 35 3 6 0 0 27 0 0 19 19 6.66 1.60
2019 8 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 48 9.2 15 2 4 0 2 11 0 0 11 10 9.31 1.97
2020 43 1 0 0 0 1 1 0 11 .500 195 44.1 38 2 25 3 2 46 3 0 16 14 2.84 1.42
2021 38 0 0 0 0 2 0 1 3 1.000 185 41.2 41 6 21 1 2 34 1 0 21 19 4.10 1.62
通算:8年 180 2 0 0 0 3 4 1 20 .429 912 206.0 206 23 95 4 13 183 12 1 112 106 4.63 1.46
  • 2021年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手












2014 DeNA 9 1 1 0 0 1.000
2015 28 2 8 0 0 1.000
2016 4 0 1 0 0 1.000
2017 33 1 6 0 1 1.000
2018 17 0 7 0 1 1.000
2019 8 0 0 0 0 ----
2020 43 3 5 0 0 1.000
2021 38 4 4 0 1 1.000
通算 180 11 32 0 3 1.000
  • 2021年度シーズン終了時

記録[編集]

初記録
投手記録
打撃記録
  • 初打席:2014年7月21日、対中日ドラゴンズ11回戦(横浜スタジアム)、2回裏に岩田慎司から三振
その他の記録

背番号[編集]

  • 34 (2014年 - )

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ DeNA - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2021年12月2日閲覧。
  2. ^ 2014スポニチプロ野球選手名鑑
  3. ^ DeNA、ドラフト2位平田と契約金7500万円で合意(SANSPO.COM) 2013年11月14日。
  4. ^ 中畑監督 8回に新人・平田…悔やむ継投ミス「隙与えた」 スポニチ Sponichi Annex 2014年4月3日掲載
  5. ^ DeNA筒香 6回先制3号2ラン プロ初先発平田は5回無失点の好投 スポニチ Sponichi Annex 2018年4月11日掲載
  6. ^ “DeNAが提携先の豪州Lキャンベラに阪口、大貫ら4選手派遣 昨季は今永らが渡豪”. Full-Count. (2019年10月15日). https://full-count.jp/2019/10/15/post573791/ 2020年1月28日閲覧。 
  7. ^ #平田真吾初勝利チャレンジ 130試合目で成功 - プロ野球 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2020年10月7日閲覧。
  8. ^ DeNA平田、940万円増の2200万円でサイン「収穫の多かった1年」” (日本語). サンスポ. 2022年2月20日閲覧。
  9. ^ 【DeNA】38登板&プロ初セーブの平田真吾が微増でサイン「ピリッとせずに迷惑をかけた」” (日本語). スポーツ報知 (2021年12月2日). 2022年2月20日閲覧。
  10. ^ 平田真吾選手の手術について | 横浜DeNAベイスターズ”. 横浜DeNAベイスターズ オフィシャルホームページ. 2022年2月20日閲覧。
  11. ^ 【DeNA】平田真吾、右肘手術から順調回復 2軍視察に訪れた三浦大輔監督の前でブルペン投球”. スポーツ報知 (2022年2月18日). 2022年5月29日閲覧。
  12. ^ 【DeNA】平田真吾がコロナ陽性 倦怠感の症状も現在は回復”. 日刊スポーツ (2022年3月25日). 2022年5月29日閲覧。
  13. ^ 【DeNA】2軍で実戦復帰した三上朋也と平田真吾が1軍に合流”. 日刊スポーツ (2022年4月23日). 2022年5月29日閲覧。
  14. ^ DeNAドラ2 抑え候補に?恐怖のあっち向いてホイ投法”. スポニチ Sponichi Annex (2014年2月3日). 2014年11月22日閲覧。
  15. ^ ベイスターズ阪口皓亮×大貫晋一×平田真吾対談「僕たちがオーストラリア行きを志願した理由」”. ベースボールチャンネル (2020年4月15日). 2020年12月1日閲覧。
  16. ^ DeNAドラ2平田が結婚「頑張りたい」”. スポニチ Sponichi Annex (2013年12月28日). 2015年10月22日閲覧。
  17. ^ 【DeNA】平田が新妻を地元に残し入寮”. スポニチ Sponichi Annex (2014年1月7日). 2015年10月22日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]