百瀬大騎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
百瀬 大騎
横浜DeNAベイスターズ #64
20160305 Hiroki Momose infielder of the Yokohama DeNA BayStars, at Yokosuka Stadium.jpeg
2016年3月5日、横須賀スタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 長野県松本市
生年月日 (1997-03-11) 1997年3月11日(23歳)
身長
体重
175 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 内野手
プロ入り 2014年 ドラフト6位
初出場 2019年7月31日
年俸 590万円(2020年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

百瀬 大騎(ももせ ひろき、1997年3月11日 - )は、長野県松本市出身のプロ野球選手内野手)。横浜DeNAベイスターズ所属。あだ名はもも、ももちゃん、ひろきん等。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学生の時に剣道を松本市内で始める。そして野球に興味を持ち、小学校4年生の時に、軟式の「蟻西ファイターズ」に入団し、投手や遊撃手としてプレーした。中学生時代も軟式野球部に所属し、主に捕手としてプレーした。

松本第一高等学校では2年生の夏にベンチ入り、秋には正遊撃手としてレギュラーに定着した。50M走5.9秒、遠投100M。高校通算5本塁打中、4本がランニングホームランである。

2014年プロ野球ドラフト会議横浜DeNAベイスターズから6巡目指名を受け、11月10日に契約金2300万円、年俸500万円(金額は推定)で仮契約した[2]。背番号は「64」。

DeNA時代[編集]

入団以降、二軍でも打撃面で結果を残せず、2018年シーズンまで一軍公式戦の出場はなし。2018年のオフには台湾で行われたアジア・ウィンター・リーグにウエスタン選抜として派遣された。

2019年、例年通り課題である打撃に苦しんでいたが、7月に入りファーム月間打率.390と好成績を残す[3]7月30日にプロ入り初の一軍昇格を果たすと[4]、翌31日にはプロ初打席を経験した(結果は見逃し三振)。

2020年春季キャンプも例年通り二軍でスタートしたがラミレス監督が視察した2月12日の中日との練習試合でライトスタンドへ特大ホームランを放ったのをラミレス監督が高く評価し一軍にいた細川成也と入れ替わる形で一軍に昇格、 [5]、オープン戦12試合に出場した。また3月15日の日本ハムファイターズ戦では8番・二塁手でスタメン出場すると、センターへのクリーンヒットや、6回に二死満塁のチャンスで回って来た打席では二塁へのゴロも一塁へヘッドスライディングし一時アウトになったものの、判定が覆り二塁前適時打となった[6]。 最終的に17打数4安打の打率.235 1打点の成績を残し[7]一軍にフル帯同した。 以降も二軍の練習試合に出場しつつ新型コロナウィルスの影響で行われた一軍の練習試合にも参加した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2019 DeNA 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
NPB:1年 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
  • 2019年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 64 (2015年 - )

登場曲[編集]

  • 「モンスター」 秦基博 (2015年)
  • 「halation」 秦基博 (2016年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]