マイク・ブロードウェイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マイク・ブロードウェイ
Mike Broadway
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ケンタッキー州マクラッケン郡パデューカ
生年月日 (1987-03-30) 1987年3月30日(32歳)
身長
体重
6' 5" =約195.6 cm
215 lb =約97.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2005年 MLBドラフト4巡目(全体137位)でアトランタ・ブレーブスから指名
初出場 MLB / 2015年6月13日
NPB / 2016年8月17日
最終出場 MLB / 2016年4月29日
NPB / 2016年8月30日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

マイケル・アレン・ブロードウェイMichael Allen Broadway, 1987年3月30日 - )は、アメリカ合衆国ケンタッキー州マクラッケン郡パデューカ出身の元プロ野球選手投手)。右投右打。

愛称は大柄な身体と90mph後半の速球を投げることからボーン・クラッシャーBone Crusher)」[1]

経歴[編集]

プロ入りとマイナー時代[編集]

2005年MLBドラフト4巡目(全体137位)でアトランタ・ブレーブスから指名され、プロ入り。ブレーブス、サンディエゴ・パドレスワシントン・ナショナルズ傘下のマイナーチームでプレー。アレックス・ラミレスの現役選手時代には、ベネズエラウィンターリーグで同じチームに所属していた[2]

ジャイアンツ時代[編集]

2014年のシーズン前にサンフランシスコ・ジャイアンツと契約。

2015年6月12日メジャーリーグへ初昇格。アリゾナ・ダイヤモンドバックス戦で公式戦デビューを果たすと、1イニングを無失点に抑えた。7月3日にジャイアンツ傘下のAAA級サクラメント・リバーキャッツへ降格。メジャーリーグ公式戦では、通算21試合の登板で、0勝2敗・防御率5.19という成績にとどまった。

2016年には、ジョージ・コントスの故障に伴って、4月19日にメジャーリーグへ再昇格。公式戦4試合に登板したが、通算5回3分の1イニングで防御率11.81を記録するなど振るわず、AAA級サクラメントへ再び降格した。7月4日付で自由契約

DeNA時代[編集]

2016年7月14日に、ラミレスが一軍監督を務めるNPB横浜DeNAベイスターズと契約したことが、球団から発表された[3]中継ぎ投手としての起用を念頭に置いた契約[4]で、背番号は97[5]

契約後の8月17日には、対東京ヤクルトスワローズ戦(明治神宮野球場)の7回裏から、救援投手として一軍デビュー。最初に対戦したウラディミール・バレンティンへの初球でソロ本塁打を浴びると、その後も自身の失策などもあり、1イニングを自責点1ながら5失点を喫した。セントラル・リーグの公式戦に初めて登板した投手が、最初に対戦した打者への初球で本塁打を浴びた事例は、このシーズン序盤の3月31日カイル・デイビーズ(ヤクルト)が記録したことに次いで史上3例目[6]。一軍公式戦には、通算5試合の登板で防御率4.50を記録した。チームは史上初のクライマックスシリーズ進出を決めたが、自身は8月31日に出場選手登録を抹消されると、一軍へ復帰できないままポストシーズンを前にアメリカへ帰国[7]。同シリーズ終了後の10月17日には、選手契約を更新しないことが球団から発表された[8]

DeNA退団後[編集]

2016年12月13日にナショナルズとマイナー契約を結び、翌年のスプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[9][10]

2017年は開幕から傘下のAAA級シラキュース・チーフスでプレーしていたが、5月31日に自由契約となった[11]6月22日タンパベイ・レイズとマイナー契約を結び、傘下のAA級モンゴメリー・ビスケッツへ配属された[12]。オフの11月6日FAとなった[13]12月15日カンザスシティ・ロイヤルズとマイナー契約を結んだ[14]

2018年6月12日に解雇となり、6月30日にタンパベイ・レイズとマイナー契約を結んだ。

2019年は独立リーグ・アトランティックリーグサマセット・ペイトリオッツと契約。7月19日に現役引退を表明した。

投球スタイル[編集]

身長196cmの長身から投じる最速158km/hの速球[2]に、スライダーを織り交ぜる力投型の大型右腕[15]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2015 SF 21 0 0 0 0 0 2 0 2 .000 77 17.1 20 1 7 1 1 13 1 0 10 10 5.19 1.56
2016 4 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 25 5.1 9 2 1 0 0 4 0 0 7 7 11.81 1.88
DeNA 5 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 29 6.0 7 3 2 0 0 3 0 0 7 3 4.50 1.50
MLB:2年 25 0 0 0 0 0 2 0 2 .000 102 22.2 29 3 8 1 1 17 1 0 17 17 6.75 1.63
NPB:1年 5 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 29 6.0 7 3 2 0 0 3 0 0 7 3 4.50 1.50
  • 2017年度シーズン終了時
NPB

背番号[編集]

  • 57(2015年 - 2016年途中)
  • 97(2016年途中 - 同年終了)

脚注[編集]

  1. ^ 「サンフランシスコ・ジャイアンツ」『2016MLB選手名鑑全30球団コンプリートガイド』 日本スポーツ企画出版社 128頁
  2. ^ a b “DeNA加入ブロードウェイ来日、ラミレス監督期待”. 日刊スポーツ. (2016年7月13日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1677998.html 2016年7月13日閲覧。 
  3. ^ マイク・ブロードウェイ選手 獲得のお知らせ” (日本語). 横浜DeNAベイスターズ (2015年7月14日). 2015年7月14日閲覧。
  4. ^ “DeNA中継ぎ右腕マイク・ブロードウェイ獲得へ”. 日刊スポーツ. (2016年7月9日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1675972.html 2016年8月25日閲覧。 
  5. ^ マイク・ブロードウェイ選手 入団記者会見” (日本語). 横浜DeNAベイスターズ (2016年7月22日). 2016年7月22日閲覧。
  6. ^ a b “DeNAブロードウェイ5失点 来日初球に被弾”. 日刊スポーツ. (2016年8月18日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1696535.html 2016年8月25日閲覧。 
  7. ^ DeNA・ブロードウェイが帰国 来季契約に関しては未定” (日本語). サンケイスポーツ (2016年9月30日). 2016年10月1日閲覧。
  8. ^ 2017年度 選手契約について” (日本語). 横浜DeNAベイスターズ (2016年10月17日). 2016年10月17日閲覧。
  9. ^ Collier, Jamal (2016年12月13日). “Burriss among 4 to get spring invite from Nats”. MLB.com. http://m.nationals.mlb.com/news/article/211082078/nationals-sign-4-with-spring-training-invites/ 2017年2月1日閲覧。 
  10. ^ 元DeNA・ブロードウェイ ナショナルズとマイナー契約” (日本語). デイリースポーツ (2016年12月13日). 2016年12月13日閲覧。
  11. ^ http://www.baseballamerica.com/minors/minor-league-transactions-160/
  12. ^ Bill Chastain (2017年6月22日). “Martinez a free agent; Rays sign Broadway” (英語). MLB.com. 2017年6月23日閲覧。
  13. ^ MLB公式プロフィール参照。2018年1月2日閲覧。
  14. ^ Jeffrey Flanagan (2017年12月15日). “Royals ink Asche, Broadway on Minors deals” (英語). MLB.com. https://www.mlb.com/news/royals-sign-cody-asche-mike-broadway/c-263615090 2018年1月2日閲覧。 
  15. ^ “DeNA中継ぎ右腕マイク・ブロードウェイ獲得へ”. 日刊スポーツ. (2016年7月9日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1675972.html 2016年7月13日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]